ウェルスナビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウェルスナビ株式会社
WealthNavi Inc.
WealthNavi Logo2.png
種類 非公開株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0002
東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル12F
設立 2015年4月28日
法人番号 3010001167611 ウィキデータを編集
事業内容 金融商品取引業
代表者 柴山和久
資本金 1億円(2019年12月期時点)[1]
純利益 ▲7億7637万5000円(2017年12月31日時点)[1]
総資産 44億3640万7000円(2017年12月31日時点)[1]
会計監査人 あずさ監査法人
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

ウェルスナビ株式会社ロボアドバイザー英語版による個人資産運用サービスを提供する日本のフィンテック企業。財務省出身の柴山和久が創業した。

沿革[編集]

  • 2015年04月 - ウェルスナビ株式会社を設立[2]
  • 2015年10月 - グリーベンチャーズインフィニティ・ベンチャー・パートナーズSMBCベンチャーキャピタルみずほキャピタル三菱UFJキャピタルDBJキャピタルを引受先とする総額約6億円の第三者割当増資を実施[3]
  • 2016年7月 - WealthNaviをリリース[4]
  • 2016年9月 - RISING EXPO2016でグランプリを受賞した[5]
  • 2016年10月 - SBIホールディングスSBIインベストメント、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、DBJキャピタル、インフィニティ・ベンチャー・パートナーズを引受先とする総額約15億円の第三者割当増資を実施[6]
  • 2017年1月 - 「WealthNavi for SBI 証券」の提供を開始
  • 2017年2月 - 「WealthNavi for 住信 SBI ネット銀行」の提供を開始
  • 2017年5月 - おつりで資産運用アプリ「マメタス」の提供を開始
  • 2017年9月 - 全日本空輸株式会社と提携、「WealthNavi for ANA」の提供を開始
  • 2017年12月 - ソニー銀行株式会社と提携、「WealthNavi for ソニー銀行」の提供を開始
  • 2018年2月 - 総額約 15 億円の第三者割当増資を実施
  • 2018年3月 - 株式会社イオン銀行と提携、「WealthNavi for イオン銀行」の提供を開始
  • 2018年4月 - 株式会社横浜銀行と提携、「WealthNavi for 横浜銀行」の提供を開始
  • 2018年5月 - 日本航空株式会社と提携、「WealthNavi for JAL」の提供を開始
  • 2018年11月 - 総額約 25 億円の第三者割当増資を実施 / 東急カード株式会社と提携、「WealthNavi for TOKYU POINT」の提供を開始
  • 2019年1月 - 株式会社じぶん銀行と提携、「WealthNavi for じぶん銀行」の提供を開始
  • 2019年4月 - 株式会社 SBI ネオモバイル証券と提携、「WealthNavi for ネオモバ」の提供 を開始
  • 2019年8月 - 東京海上日動火災保険株式会社と提携、「WealthNavi for 東京海上日動」 の提供を開始
  • 2019年10月 - 株式会社北國銀行と提携、「北國おまかせ Navi」の提供を開始
  • 2019年11月 - 総額約 41 億円の第三者割当増資を実施 / 小田急電鉄株式会社と提携、「WealthNavi for ODAKYU」の提供を開始 / 資金移動業の登録を完了

サービス[編集]

WealthNavi[編集]

ロボアドバイザー英語版による個人資産運用サービス(投資一任契約に基づく資産運用の受託業務)。投資一任契約を締結した顧客の資産を預かり、預かり資産の1%の手数料にて、同社の投資判断で顧客資産を株式や債券など世界11000銘柄の上場投資信託(ETF)で運用している[4]。業務提携を行っているSBI証券の顧客向けに「WealthNavi for SBI証券」も提供している。SBI証券との提携により残高は25億円を突破した[7]
2018年11月8日時点で預かり資産残高は8日時点で1100億円、口座数は10万を超えた。[8]。 2020年6月9日時点でお預かり資産が2500億円突破、口座数は31万を超えた。[9]

マメタス おつりでコツコツ資産運用 by WealthNavi[編集]

少額資産運用サービス。クレジットカードや電子マネーでの支払いを100円単位での支払いとし、99円以下の「お釣り」を資産運用に充てるサービス[10]


脚注[編集]

外部リンク[編集]