横山禎徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横山 禎徳(よこやま よしのり、1942年9月16日 - )は、日本の経営コンサルタント、社会システムデザイナー。県立広島大学大学院経営管理研究科研究科長[1]オリックス三井住友フィナンシャルグループ三井住友銀行社外取締役。東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)企画・推進責任者。広島県出身。

略歴[編集]

広島大学附属高等学校を経て東京大学工学部建築学科卒業、ハーバード大学デザイン大学院修了、マサチューセッツ工科大学経営大学院修了。

前川國男建築設計事務所、デイビス・ブロディアンドアソシエーツを経て、1975年昭和50年)マッキンゼー・アンド・カンパニー入社、1987年昭和62年)同社ディレクター、1989年平成元年)同社東京支社長を歴任し、2002年平成14年)6月同社退職。その後、経済産業研究所上席研究員、産業再生機構非常勤監査役、一橋大学大学院国際企業戦略研究科客員教授等を歴任し、現職。

脚注[編集]

[脚注の使い方]