シャリテー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャリテー
Charité Universitätsmedizin Berlin
Logo Charite.svg
校訓 Forschen, Lehren, Heilen, Helfen
学校種別 大学病院
設立年 1710年
学長 Karl Max Einhäupl
所在地 ドイツの旗 ドイツ
ベルリン
ウェブサイト Charité Universitätsmedizin Berlin
テンプレートを表示

シャリテー: Charité)は、ヨーロッパで最大の大学病院である。1710年、フリードリヒ1世のもとでペスト患者のための隔離施設が生まれ、それは疫病がはやった後、貧者や困窮者の病院としても使われた。その後、この施設は陸軍病院として兵役の立場にある医者を養成する場になった。1810年にベルリン大学が創立された当初は独立した大学病院として運営され、その最初の医学部長はクリストフ・ヴィルヘルム・フーフェラントだった。彼はシャリテーの教育者としても活動したため、次第に病院を大学の運営に組み込んでいき、最終的には病院と学部が合併した。[1]

脚注[編集]

  1. ^ http://blog.goethe.de/stipendiaten/index.php?/archives/133-unknown.html

外部リンク[編集]