藤本隆宏 (経営学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤本 隆宏(ふじもと たかひろ、1955年6月12日 - )は、日本経営学者東京大学大学院経済学研究科教授 (1999 - )。2000年・2001年新郷賞。2002年日本学士院恩賜賞

略歴[編集]

東京都出身[1]。1974年東京教育大学附属駒場高等学校卒業、同年東京大学文科二類入学[2]

東大在学中の2年生のときに1年休学して渡米。米国移民の藤本の祖父が住んだシアトルから、長距離バスでアメリカ中を放浪した。途中、ボストンのハーバード大学に寄ってスペシャルステューデントとして半年間、経済学以外を学ぶ[2]

1979年に東京大学経済学部経済学科を卒業後、株式会社三菱総合研究所に就職して、自動車産業のプロジェクトを中心に、営業・調査・報告に従事。仕事先の米国で企業の受託調査の取材先で出会ったハーバード大学の教授に勧められ、同校のビジネススクール博士課程を受験し合格。世界中の自動車開発現場でデータ収集し、博士論文をもとに『Product Development Performance(製品開発力)』(キム・クラークと共著)を出版。1989年ハーバード大学ビジネススクール博士号 (D.B.A.) 取得後、大学に戻る[2]

1990年東京大学経済学部助教授、1999年同大大学院経済学研究科教授、2004年同大大学院経済学研究科ものづくり経営研究センターセンター長。

ハーバード大学上級研究員、独立行政法人経済産業研究所ファティカルフェロー等を歴任。トヨタ生産方式をはじめとした製造業の生産管理方式の研究で知られる。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『生産システムの進化論―トヨタ自動車にみる組織能力と創発プロセス』(有斐閣、1997年)
  • 『生産マネジメント入門〈1〉生産システム編』(日本経済新聞社、2001年)
  • 『生産マネジメント入門〈2〉生産資源・技術管理編』(日本経済新聞社、2001年)
  • 『能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか(中公新書1700)』(中央公論社、2003年)
  • 『日本のもの造り哲学』(日本経済新聞社、2004年)

共著[編集]

  • 『リサーチ・マインド経営学研究法』(有斐閣、2005年)
  • 『自動車産業21世紀へのシナリオ-成長型システムからバランス型システムへの転換』(生産性出版、1994年)
  • 『ものづくり経営学』(光文社、2007年)
  • 『【増補版】製品開発力-自動車産業の「組織能力」と「競争力」の研究』(ダイヤモンド社、2009年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.340
  2. ^ a b c 1,000回以上通った現場から見えてきた「広義のものづくり」の本質。| UTOKYO VOICES 059” (日本語). 東京大学. 2019年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]