中沢孝夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中沢 孝夫(なかざわ たかお、1944年- )は、日本の経済評論家福井県立大学経済学部経営学科特任教授。専門は、地域活性化論、中小企業論、産業論、人材育成論。

娘はフリーライターの中沢明子。

経歴[編集]

群馬県出身。高校を卒業後、郵便局勤務から全国逓信労働組合本部勤務を経て、1989年に立教大学法学部に入学。1993年同大卒。姫路工業大学(現・兵庫県立大学)環境人間学部教授を経て、2008年4月から福井県立大学経済学部教授、2009年より特任教授。日本の中小企業の実力を実証した著書「中小企業新時代」がベストセラーとなった。

製造業を中心に約600社の経営者や従業員からの聞き取り調査を実施したり、数多くの商店街の実態調査を行うなど、具体的なミクロの経済を専門とし、丹念な取材を行っている。「日本経済新聞」の書評欄でビジネス本を担当。「週刊朝日 」の書評欄、「週刊エコノミスト」のコラムなどの執筆の他、NHK視点・論点」のレギュラー・コメンテーターとして出演。論文「良質な社会と自己訂正能力」で高橋亀吉賞(1992年東洋経済新報社)を受賞。現在、兵庫県経済雇用戦略会議委員。

著書[編集]