高橋伸夫 (経営学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高橋 伸夫(たかはし のぶお、1957年7月16日[1] - )は、日本経営学者東京大学教授。北海道小樽市出身。

経歴[編集]

小樽潮陵高等学校卒、1980年小樽商科大学商学部卒業、1984年筑波大学大学院社会工学研究科退学。

1984年東京大学教養学部助手(統計学)、1987年東北大学経済学部助教授(経営学総論)。1991年東京大学教養学部助教授(統計学・経営政策科学)、1994年東京大学経済学部助教授(経営学・経営組織論)、1996年東京大学大学院経済学研究科助教授(経営学・経営組織論)。1998年から東京大学大学院経済学研究教授。学術博士(筑波大学、1987)。

受賞[編集]

  • 1989年 第5回(昭和64年度)組織学会賞「高宮賞」(著書『Design of Adaptive Organizations』)
  • 1994年 第25回(平成5年度)経営科学文献賞(著書『ぬるま湯的経営の研究』)
  • 2001年 第26回(平成13年度)交通図書賞(第一部)(著書『鉄道経営と資金調達』)

著書[編集]

  • 『組織活性化の測定と実際 職場のぬるま湯感がわかる』日本生産性本部 1989
  • 『経営統計入門 SASによる組織分析』東京大学出版会 1992
  • 『組織の中の決定理論』朝倉書店 シリーズ<現代人の数理> 1993
  • 『ぬるま湯的経営の研究 人と組織の変化性向』東洋経済新報社 1993
  • 『経営の再生 戦略の時代・組織の時代』有斐閣 1995
  • 『できる社員は「やり過ごす」 尻ぬぐい・やり過ごしの凄い働きを発見した』ネスコ 1996 のち日経ビジネス人文庫
  • 『日本企業の意思決定原理』東京大学出版会 1997
  • 『鉄道経営と資金調達 経営破綻を未然に防ぐ視点』有斐閣 2000
  • 『虚妄の成果主義 日本型年功制復活のススメ』日経BP社 2004 のちちくま文庫
  • 『〈育てる経営〉の戦略 ポスト成果主義への道』講談社選書メチエ 2005
  • 『コア・テキスト経営学入門』新世社 ライブラリ経営学コア・テキスト 2007
  • 『組織力 宿す、紡ぐ、磨く、繋ぐ』ちくま新書 2010
  • 『ダメになる会社 企業はなぜ転落するのか?』ちくま新書 2010
  • 『殻 脱じり貧の経営』ミネルヴァ書房 2013

共編著[編集]

  • 『変化の経営学 活性化・情報化・民営化・国際化 テキスト&リーディングス』高柳暁共編著 白桃書房 1994
  • 『未来傾斜原理 協調的な経営行動の進化』編著 白桃書房 1996
  • 『組織文化の経営学』編著 中央経済社 1997
  • 『経営管理』塩次喜代明,小林敏男共著 有斐閣アルマ 1999
  • 『生存と多様性 エコロジカル・アプローチ』編著 白桃書房 1999
  • 『超企業・組織論 企業を超える組織のダイナミズム』編 有斐閣 2000
  • 『組織と意思決定』桑嶋健一共著 朝倉書店 シリーズ意思決定の科学 2001
  • 『170のkeywordによるものづくり経営講義』編 東京大学ものづくり経営研究センター著 日経BP社 2005
  • 『リサーチ・マインド経営学研究法』藤本隆宏,新宅純二郎,阿部誠,粕谷誠共著 有斐閣アルマ 2005
  • 『ライセンシング戦略 日本企業の知財ビジネス』中野剛治共編著 有斐閣 東京大学ものづくり経営研究シリーズ 2007
  • 『よくわかる経営管理』編著 ミネルヴァ書房 やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ 2011

翻訳[編集]

  • ジェームズ・G・マーチ, ハーバート・A・サイモン『オーガニゼーションズ 現代組織論の原典 第2版』ダイヤモンド社 2014

[編集]

  1. ^ 『駒場1991』