シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
The University of Chicago Booth School of Business
The Harper Center
校訓 Crescat scientia; vita excolatur (Latin)
校訓(英語) Let knowledge grow from more to more; and so be human life enriched[1]
学校種別 私立
設立年 1898
基金 US $1.034 billion [2]
Dean Madhav V. Rajan
大学職員数
211 [3]
大学院生数 3297 [3]
所在地 United States
IllinoisChicago
Alumni 51,000 [3]
スクールカラー Maroon      White     
マスコット Phoenix
所属 シカゴ大学
ウェブサイト www.chicagobooth.edu
テンプレートを表示

シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス(英: The University of Chicago Booth School of Business, Chicago Booth)は、シカゴ大学経営大学院である。The EconomistU.S. News & World Reportを始めとした各種ランキングで、ハーバード・ビジネス・スクールスタンフォード大学経営大学院と同様[4]高い評価を得ており、また、多くの日本人卒業生が各界で活躍している。M7の参加校。

歴史[5][編集]

1898年: The College of Commerce and Politicsが設立。(アメリカにおいて2番目に古い経営大学院[5])
1916年: School of Commerce and Administrationに改名。
1932年: School of Businessに改名。
1935年: MBAプログラム提供開始。
1943年: Executive MBAプログラム提供開始。
1959年: Graduate School of Business(GSB)に改名。
2008年: David Boothによる3億ドルの寄付後、The University of Chicago Booth School of Businessに改名。

プログラムの種類[編集]

Full-time MBA: 2年制のプログラムで、アメリカ含む世界各国の学生/プロフェッショナルを対象とする。キャンパスは、シカゴにあるHarper Centerが中心。[6]
Evening MBA: 夜間に学校に通うプログラムで、シカゴ近郊に住むプロフェッショナルを主な対象とする。キャンパスは、シカゴにあるGleacher Centerが中心。[7]
Weekend MBA: 週末に学校に通うプログラムで、アメリカに住むプロフェッショナルを主な対象とする。キャンパスは、シカゴにあるGleacher Centerが中心。[8]
Executive MBA: エグゼクティブを対象としたプログラム(North America - XP, Europe - EXP, Asia - AXP)。キャンパスは、シカゴ(North America)、ロンドン(Europe)、香港(Asia)の3つ。[9]

プログラムの特徴[編集]

Flexibility[10][編集]

これまでの経験・教育、及び今後のキャリアゴールを基に、生徒は自由に授業を履修することが可能。

授業内容: どの授業を履修するかは、本人に委ねられる。例えばアントレプレナーシップ分野で専門性を磨きたい場合、アントレプレナーシップを中心とした履修計画を立てることが可能。
レベル: 初級コースから上級コース(PhDレベル、等)まで、自分のニーズに合った授業を履修することが可能。
時期: 生徒が受けたい時期に履修することが可能。例えば、夏のインターンシップの準備のために、インターンシップに関連する授業を1年次に受け、残りの必須科目を2年次に履修することが可能。また、卒業後も授業を受ける仕組も存在する。[11]
場所: Harper Centerのみならず、Gleacher Centerでの履修も可能。[12]

Concentrations[13][編集]

生徒自身のこれまでの経験を補完し、キャリアゴールを達成するために、特定の分野に特化して授業を履修することが可能。

  • Accounting
  • Analytic Finance
  • Analytic Management
  • Econometrics and Statistics
  • Economics
  • Entrepreneurship
  • Finance
  • General Management
  • International Business
  • Managerial and Organizational Behavior
  • Marketing Analytics
  • Marketing Management
  • Operations Management
  • Strategic Management

就職実績[編集]

卒業後の進路は多岐に渡る。2017年のFull-time MBAプログラム卒業生の主なデータ[14]は以下の通り。

大学ランキング[編集]

Chicago Boothは、各種ランキングにて高評価を得ている。[15]

Media outlet 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
Poets&Quants 3 3 3 3 4 3 3 4
Bloomberg Businessweek 1 1 1 1 3 2 4 4
The Economist 1 2 1 1 1 1 1 2
Financial Times 9 12 12 10 9 9 8 9 6
Forbes 4 3 3 2 2 6 6 7
US News 5 5 4 6 4 4 2 3 1

教員[編集]

2017年7月現在、200人以上の教授が教えており[3]、また、ノーベル賞受賞者を始めとした一流の教授陣から学ぶことが可能。

ユージン・ファーマ: 経済学者。2013年にノーベル経済学賞受賞
ラグラム・ラジャン: 金融経済学の専門家。インド準備銀行(インドの中央銀行)元総裁
リチャード・セイラー: 行動科学の専門家。2017年にノーベル経済学賞受賞
スティーブン・カプラン: アントレプレナーシップファイナンス、プライベートエクイティの専門家

著名な卒業生[編集]

日本[編集]

経営コンサルティング[編集]

ファイナンシャルサービス [編集]

  • 酒井重人(1982): グッゲンハイム パートナーズ在日代表
  • 淵田康之(1986): 野村資本市場研究所研究理事
  • 面川秀之(1992): 日興アセットマネジメント常務執行役員
  • 衛藤龍(2002): ロスチャイルド・ジャパン エグゼクティブ・ディレクター
  • 東佳宏(2006): ジェフリーズ・ジャパン・リミテッド調査部マネージングディレクター

プライベートエクイティ・ベンチャーキャピタル[編集]

事業会社[編集]

学界・大学関係者[編集]

その他[編集]

海外[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ About the University”. The University of Chicago (2007年). 2007年4月20日閲覧。
  2. ^ Dean's Annual Report 2014-2015”. The University of Chicago Booth School of Business. 2016年3月22日閲覧。
  3. ^ a b c d Key Facts”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  4. ^ 2016 Poets&Quants’ MBA Ranking”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  5. ^ a b History”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  6. ^ Full-Time MBA”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  7. ^ Evening MBA”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  8. ^ Weekend MBA”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  9. ^ Executive MBA”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  10. ^ Full-Time Program MBA Experience”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  11. ^ Post-Grad Program”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  12. ^ プログラム概要”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  13. ^ Curriculum & Concentrations”. The University of Chicago Booth School of Business. 2017年7月17日閲覧。
  14. ^ Employment after Booth”. The University of Chicago Booth School of Business. 2018年2月25日閲覧。
  15. ^ 各種ランキング”. Chicago Booth Japan Club. 2018年4月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]