大枝宏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大枝 宏之(おおえだ ひろし、1957年3月12日 - )は日本の実業家。元日清製粉グループ本社社長兼日清製粉会長。

人物[編集]

兵庫県出身。明石市立大蔵中学校兵庫県立加古川東高等学校を経て、1980年一橋大学経済学部を卒業し、日清製粉入社。1987年シカゴ大学経営大学院修了、MBA取得。一橋大時代は、体育会ボート部の主将を務めた[1]

2007年日清製粉取締役業務本部長、2009年日清製粉グループ本社取締役を経て、2011年最年少取締役から、日清製粉グループ本社代表取締役社長に昇格。人口減少社会に対応するため、経営の効率化や、海外売上高増加を最重要課題とし、コムギ関税撤廃を見据えてのコスト削減のため工場の港湾部への移転や、北米市場、アジア市場の開拓を行った[2][3]。意思決定の迅速化のため、2012年4月から日清製粉社長を、2015年4月から日清製粉会長を兼務。2017年4月取締役相談役、同年6月特別顧問[4]

日本経済団体連合会理事、国立大学法人一橋大学経営協議会委員等も歴任。

脚注[編集]

  1. ^ 神戸新聞2011年3月3日
  2. ^ 日本経済新聞日経新聞2011年2月23日
  3. ^ 日経産業新聞2017/1/31 31ページ
  4. ^ 「日清粉G、見目常務が社長に昇格 大枝社長は相談役に」日本経済新聞2017/1/30 10:30