坂下昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

坂下 昇(さかした のぼる、1933年3月9日 - 2003年8月13日[1])は、日本経済学者筑波大学名誉教授。専門は計量経済学都市経済学地域経済学経済学博士東京大学、1965年)[2]東京都出身[1]

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学会活動[編集]

  • 応用地域科学研究会(現・応用地域学会)初代会長(1987年12月 - 1990年3月)

著書[編集]

単著[編集]

  • 『低開発国経済成長のモデル分析』<研究参考資料>(アジア経済研究所、1970年)
  • 『計量経済学』<経済学入門叢書7>(東洋経済新報社1973年

共著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “坂下昇氏死去 前流通経済大学長”. 共同通信社. 47NEWS. (2003年8月14日). http://www.47news.jp/CN/200308/CN2003081401000234.html 2013年1月5日閲覧。 
  2. ^ 博士論文『低開発国経済成長のモデル分析』 - 博士論文書誌データベースより。
  3. ^ a b c 日本経済新聞・朝刊「人物概要―筑波大学教授坂下昇氏(経済教室)」1993年10月25日(p. 21)


先代:
渡辺浩
筑波大学社会工学類長
1982年 - 1983年
次代:
川手昭二
先代:
厚見博
筑波大学社会工学類長
1985年 - 1989年
次代:
大谷順彦
先代:
厚見博
筑波大学社会工学系長
1992年 - 1994年
次代:
門田安弘