小山酒造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小山酒造 株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
115-0041
東京都北区岩淵町26-10
設立 1878年
法人番号 6011501001620
事業内容 清酒の製造・販売
代表者 代表取締役 小山周
資本金 1000万円
外部リンク 小山酒造
テンプレートを表示
小山酒造

小山酒造(こやましゅぞう)は、東京都北区の酒の製造・販売業者。

東京23区内に2軒しかない造り酒屋である。代表銘柄は『丸眞正宗』である。

沿革[編集]

創業者の小山新七は埼玉県酒蔵の次男に生まれ、家業の手伝いとして岩槻街道で酒を運び行き来していた[1]。その際に赤羽・岩淵で酒造に適した湧水が発見されたのを契機に[2]1878年(明治11年)、株式会社小山本家酒造から独立する形で小山酒造株式会社として創業[1][2]。のちに国道122号となる岩槻街道の憩いの場ともなったという[2]。2016年(平成28年)7月に港区東京港醸造が開業するまで、東京23区内に唯一残る造り酒屋であった。

銘柄[編集]

日本酒
  • 「丸眞正宗」
    • 大吟醸 貯蔵酒
    • 大吟醸
    • 純米大吟醸
    • 吟の舞
    • 純米吟醸(特別純米)
    • 荒川物語
    • ぎんから
    • 吟醸辛口
    • 本格辛口
  • 東京盛(とうきょうざかり)

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 老舗めぐり「小山酒造」 | iタウンページ 東京都 北区産業百撰~地域の魅力を再発見するまちスコープ~”. 東京都 北区産業百撰~地域の魅力を再発見するまちスコープ~. NTTタウンページ株式会社. 2016年7月16日閲覧。
  2. ^ a b c 会社案内|小山酒造(丸真正宗)江戸の地酒・東京23区で唯一残る酒蔵”. 小山酒造株式会社. 2016年7月16日閲覧。
  3. ^ 浦島千佳 (2016年4月18日). “東京)東京の食を前面に 清酒「東京盛」40年ぶり復刻:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]