岩淵町 (東京都北区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東京都 > 北区 > 岩淵町 (東京都北区)
岩淵町
—  町丁  —
赤羽岩淵駅
岩淵町の位置(東京23区内)
岩淵町
岩淵町
岩淵町の位置
座標: 北緯35度47分1.63秒 東経139度43分14.07秒 / 北緯35.7837861度 東経139.7205750度 / 35.7837861; 139.7205750
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Kita, Tokyo.svg 北区
地区 赤羽地区
面積[1]
 - 計 0.334km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 4,766人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 115-0041[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬
※座標は赤羽交差点付近

岩淵町(いわぶちまち)は、東京都北区町名。丁番の設定のない単独町名である。郵便番号は115-0041[2]

地理[編集]

東京都北区、旧岩淵町の北端に位置する地区である。町の北部を荒川新河岸川が東西に並行して流れ、両川に挟まれた中州状の地域が町域の約三分の一を占める。荒川対岸の埼玉県川口市との間には新荒川大橋が架かる。荒川がおおむね東京都と埼玉県の境となっているが、新荒川大橋付近では都県境が大きく東京都側に食い込み、荒川・新河岸川間の河川敷上に都県境がある。

町域は北を埼玉県川口市舟戸町と接し、東は北区志茂、南および西は北区赤羽と接する。

戸籍の表記など、北区の公式文書には岩町と記載されることもあったが、2007年11月5日より導入された戸籍の電子化により、表記が岩町に統一された。

河川[編集]

地価[編集]

住宅地の地価は2017年平成29年)1月1日公示地価によれば岩淵町9-13の地点で35万8000円/m2となっている。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

入間川(のち荒川)のほとりでゴツゴツとした岩場だったことに由来する。

沿革[編集]

1964年(昭和39年)から行われた住居表示施行の際、北区は当初岩淵町全域を「赤羽」とする予定だった。しかし、代々受け継いできた町名が消えることを危惧した地元住民が延べ8年に亘る反対運動を展開。その結果、区は住民の訴えを一部受け入れる形で和解、一丁目が「岩淵町」のまま住居表示が施行されることとなった。なぜならば、明治時代までは岩淵は歴史がある宿場町であったのに対し、赤羽は村落に過ぎなかったにもかかわらず、鉄道駅が赤羽に設置されたことによって赤羽は経済的に発展し、岩淵は赤羽に対して経済的に従属するようになった歴史的経緯がある[要出典]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
岩淵町 2,659世帯 4,766人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4][5]

番地 小学校 中学校
1〜22番
25番22〜24号
北区立岩淵小学校 北区立赤羽岩淵中学校
その他 北区立第四岩淵小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

鉄道

JR赤羽駅の利用圏内でもある。(岩淵町から赤羽駅まで徒歩10分程度)

バス[編集]

道路[編集]

岩淵町内にある「赤羽交差点」は国道122号北本通り岩槻街道)と都道311号環状八号線(環八通り)・都道445号常盤台赤羽線が交わる。環八通りはこの赤羽交差点が終点である。

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世帯と人口”. 北区 (2017年12月10日). 2017年12月19日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月19日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月19日閲覧。
  4. ^ 小学校通学区域一覧”. 北区 (2017年11月7日). 2017年12月19日閲覧。
  5. ^ 中学校通学区域一覧”. 北区 (2017年4月1日). 2017年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]