十条仲原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 北区 > 十条仲原
十条仲原
—  町丁  —
清水坂公園
十条仲原の位置(東京23区内)
十条仲原
十条仲原
十条仲原の位置
座標: 北緯35度46分6.46秒 東経139度43分16.6秒 / 北緯35.7684611度 東経139.721278度 / 35.7684611; 139.721278
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Kita, Tokyo.svg 北区
地区 王子地区
面積[1]
 - 計 0.299km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 6,180人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 114-0031[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬
※座標は清水坂公園付近

十条仲原(じゅうじょうなかはら)は、東京都北区町名。現行行政地名は十条仲原一丁目から十条仲原四丁目。全域が住居表示実施済み区域である。郵便番号は114-0031[2]

地理[編集]

東京都北区の中央部に位置し、王子地区内に属する。広義の「十条」地区の北部に当たる。東は中十条、南・西は上十条、北は赤羽西と接する。JR埼京線十条駅赤羽駅間の線路の西側に広がる住宅街である。十条仲原二丁目と十条仲原三丁目の間を環七通り(都道318号環状七号線)が通過している。十条仲原四丁目の線路沿いには国鉄の官舎跡地に整備された清水坂公園がある。

歴史[編集]

1871年(明治4年)11月14日浦和県(現埼玉県)から東京府に編入された。1889年明治22年)の町村制施行時点では大部分が北豊島郡王子村(1908年に町制施行し王子町へ)大字上十条であった。王子町は1932年昭和7年)に東京市へ編入され王子区へ移行し、大字上十条は上十条町となる。1939年に町名整理により上十条町の一部が十条仲原一~四丁目となった。

1947年(昭和22年)に王子区は滝野川区と合併し北区が成立。その後1967年に住居表示により十条仲原一・三・四丁目の全域及び十条仲原二丁目の一部(残りの一部は上十条五丁目に編入)が新たな十条仲原一~四丁目となり現在に至っている。

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前
十条仲原一丁目 1967年(昭和42年)5月1日 十条仲原一丁目(全域)
十条仲原二丁目 十条仲原二丁目(一部)
十条仲原三丁目 十条仲原三丁目(全域)
十条仲原四丁目 十条仲原四丁目(全域)

地名の由来[編集]

「仲原」は大字上十条時代の小字に由来し、1939年に上十条町から分離する際に採用された。十条台地の野原の中央という意味。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
十条仲原一丁目 1,173世帯 1,973人
十条仲原二丁目 867世帯 1,447人
十条仲原三丁目 754世帯 1,405人
十条仲原四丁目 725世帯 1,355人
3,519世帯 6,180人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4][5]

丁目 番地 小学校 中学校
十条仲原一丁目 全域 北区立王子第五小学校 北区立十条富士見中学校
十条仲原二丁目 全域 北区立王子第三小学校
十条仲原三丁目 全域
十条仲原四丁目 1〜5番
6番1〜2号、7〜16号
7番2〜11号
8番8〜11号
11番1〜6号、14〜26号
14番5〜12号
15番
16番9〜10号
17〜21番
北区立西が丘小学校
その他 北区立王子第三小学校

交通[編集]

鉄道[編集]

  • JR埼京線 十条駅
    • 駅の所在地は上十条一丁目だが、駅のすぐ北が十条仲原一丁目である。

道路[編集]

路線バス[編集]

環七通り上に「十条仲原二丁目」バス停があり、以下の系統が通過する[6]

  • 都営バス
  • 国際興業バス
    • 王54/王54-2:王子駅前 - 北区神谷町 - 十条仲原二丁目 - 大和町 - 上板橋駅/上板橋駅前
      • 主力系統の一つ。北区側は王子駅をターミナルとし、西方面は板橋区大和町(板橋本町駅付近)まで環七通り上を走行し富士見街道に入って常盤台・上板橋駅方面へ向かう。
    • 赤27-2:赤羽車庫 - 十条仲原二丁目 - 鹿浜橋 - 西新井大師 - 西新井駅
      • 入出庫便であり、西新井駅行きは夜間、赤羽車庫行きは早朝のみの運行。終日運行される赤27系統・赤27-3系統は十条仲原二丁目を経由しない。
    • 赤95赤羽駅東口 - 十条仲原二丁目 - 赤羽車庫
      • 他の路線の補完やバスの入出庫のために存在する系統で、上下共に運行本数は少ない。
  • 国際興業バス・関東バス
    • 国際興業赤31/関東赤31高円寺駅 - 野方駅北口 - 中板橋駅入口 - 大和町 - 十条仲原二丁目 - 赤羽駅東口
      • 王78と同じく環七通りに沿って高円寺方面へ向かう系統で、もう一つの主力系統となる。王78とは異なり赤羽駅をターミナルとする。

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世帯と人口”. 北区 (2017年12月10日). 2017年12月19日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月19日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月19日閲覧。
  4. ^ 小学校通学区域一覧”. 北区 (2017年11月7日). 2017年12月19日閲覧。
  5. ^ 中学校通学区域一覧”. 北区 (2017年4月1日). 2017年12月19日閲覧。
  6. ^ 「十条仲原二丁目」(北区-バス停)の地図/アクセス/スポット情報 - NAVITIME 2014年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]