佐藤能丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 能丸(さとう よしまる、1943年 - )は、日本歴史学者文学博士専門は、日本近現代史(政治史・思想史・文化史・女性史・大学文化史)。

略歴[編集]

東京都生まれ。早稲田大学第一文学部を経て、1973年、同大学大学院文学研究科博士課程修了。早稲田大学大学史資料センター(旧大学史編集所)研究調査員として、『早稲田大学百年史』の編纂などに携わる。早稲田大学非常勤講師(政治経済学部教育学部法学部)。日本生活文化史学会会員。

著書[編集]

単著[編集]

  • 近代日本と早稲田大学』早稲田大学出版部、1991年12月。ISBN 978-4657922151
  • 異彩の学者山脈 大学文化史学試論』芙蓉書房出版、1997年9月。ISBN 978-4829501986
  • 『明治ナショナリズムの研究 政教社の成立とその周辺』芙蓉書房出版、1998年11月。ISBN 978-4829502198
  • 『歴史家吉田東伍 地名・民衆・生活』安田町立吉田東伍記念博物館〈吉田東伍記念博物館ブックレット no.4〉、2002年2月。
  • 大学文化史 ―理念・学生・街―』芙蓉書房出版、2003年4月。ISBN 978-4829503287
  • 志立の明治人』上巻、芙蓉書房出版、2005年10月。ISBN 978-4829503645
  • 志立の明治人』下巻、芙蓉書房出版、2005年10月。ISBN 978-4829503652

編著[編集]

監修[編集]

共著[編集]

共編[編集]

辞典等[編集]

明治時代史大辞典(宮地正人・佐藤能丸・櫻井良樹編)[編集]

日本の生活100年の記録(滝沢民夫・佐藤能丸監修)[編集]