道 (国学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ここでは江戸時代国学者である本居宣長が説いた日本の哲学上の(みち)について説明する(復古神道の思想から古道とも)。日本の道は、儒教といった中国哲学の道 (哲学)に対して反発する形で考察・思想が展開された(後述)。

前史[編集]

前史として、日本の儒学者である荻生徂徠は、「道とは帝王が天下を治めるために作為した政治制度をいう」として、人道(天道・地道に対しての人道)の定義を述べた[1]。また近世の儒学者の中には、「神武から欽明天皇の治世の日本には道(人道=君主が定めた制度)がなかった[2]」という主張がなされ、その反発から『国意考』が成立した(詳細は国意考を参照)。この『国意考』で加茂真淵が日本古代の道を主張し、その影響から本居宣長が『古事記伝』(直毘霊)において古道を解明することになる[3]

国学の天地人の道に対する批判[編集]

本居宣長は『古事記』を解釈する過程で、儒学における「道」に対して次のような考えに至り[4]、批判を展開している。中国には古来、一系の帝王は存在せず、彼らは互いに皆、国の奪い合いをしている。国を奪った者が帝王、奪われた者が賊である。威力があって知恵が深く、人をなつけ、人の国を奪い取ってしばらくの間、国を良く治めた人を「聖人(君主)」という。その聖人が組み立て、定めたところを「道(人道)」といっている。だから儒学で尊ぶ「道」とは、「人の国を奪うためのもの」、「人に国を奪われないようにする用意」の2つを指す。それに対し、日本の「道」は違う。それは古事記に書かれている。(中略)中国ではなどと、様々に作り立てて、人々に厳しく教えようとする。これも世人をなつけるための計(たばかり)である。日本にはそのような、事々しい教えは何もなかった。それにもかかわらず、日本は良く治まってきた。それこそが日本なのだ(『古事記伝』からの要約)。

中国の史実を述べた上で、「道」にそむいたことを口実に国を滅ぼし、新たに国を創り、今度はその国に忠誠を誓わせるためにまた「道」を利用し、周囲を巻き込み、多大な犠牲を生みながら、これを繰り返していると、儒学批判を展開している。一方で、日本の道は万世一系に基づいているとしている。

また、天地の道に対しても、次のような批判を展開している。「仏の道は因果、漢(から)の道には天命といって、天の成す業(わざ)とする。(中略)君を滅ぼし、国を奪いし聖人(現君主)の、己が罪を逃れるための託言にすぎない。天地に心も命もある訳がない。もしまことに天に心があり、理(ことわり)もあり、善人(よきひと)に国を与えて良く治めしめんとするなら、周代の末に必ずまた聖人(別血統の君主)が出るのはどういうことか」として、天地の自ずからなる道(天命に基づく革命論)も否定し、人の作る道でもなく、高御産巣日神の御霊によって、世の中のあらゆる事物が成っているとした(『直毘霊』より)。

道教の『太上妙始経』では、万物の根源を「道(太初・混沌・大極とも)」とし、道が集まったものがであり、清らかなものが「天」となり、濁ったものが「地」となり、色々な天地の気が合わさり、人や虫や草木が生まれたと記述されている[5]。宣長はこの説を神道の立場から否定し、高御産巣日神が生成するものとしたわけである。

国学における道とは[編集]

宣長は国学を皇国学、または皇朝学といったが、これを神学有職学・一般学・歌学の4つに分類し、主としてよるべきは神学、すなわち「道の学問」であるとした[6]。この道とは、「天照大神の道にして、天皇の天下を知ろ示す道、四海万国に行き渡る誠の道なるが(中略)、記紀に記された神代上代諸々の事跡の上に備わりたり」と説かれている。天地人の道ではなく、随神の道・万世一系の天皇の政道を日本の道と主張している。

脚注[編集]

  1. ^ 深谷克己 『江戸時代 日本の歴史6』 岩波ジュニア新書 第3刷2001年(1刷2000年) p84.
  2. ^ 古墳期は祭政一致で、この儒者の発言は神道の否定につながりかねない主張だった。
  3. ^ 全国歴史教育研究協議会 『日本史Ⓑ用語集』 山川出版社 16刷1998年(1刷1995年) p.152.『国意考』と『古事記伝』の部分より。
  4. ^ 大野晋 『日本人の神』 新潮文庫 2001年 pp.90 - 91.
  5. ^ 窪徳忠 『道教百話』 講談社学術文庫 第18刷1999年(1刷1989年) p.62.
  6. ^ 『古事記伝(一)』 岩波新書 第4刷1996年(1刷1940年) p.3.

関連項目[編集]