うひ山ぶみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

うひ山ぶみ』(ういやまぶみ・初山踏宇比山踏[1])は、本居宣長による国学書。

概要[編集]

古事記伝』完成後の寛政10年(1798年)に著され、翌年刊行された。晩年の宣長が初学の門人に対する入門書として著した。

人類全てが「まことの」を学ぶ必要があり、「まことの道」の正体を日本にのみ伝わる「天照大神の道」であると説く。その上で神道・有職・国史・和歌などの学問の道がそれを知るために必要であるとする。その一方で、学問は持続させることが大切で、学び方はそれ程重要ではないとする。その上で学習に必要な文献と読解・注釈の方法を解説するなど、古典研究に必要なものについて論じている。

「言と事と心とは、その様、相かなえるもの」と述べ、言語をもって単に事実伝達の手段と見ず、言語表現そのものが人間の事実であること、言語の研究は人間の心と行為、人間そのものを研究することであると明らかにした書と評される[2]

脚注[編集]

  1. ^ 原田伴彦 『改革と維新』 講談社現代新書 1976年 p.73.
  2. ^ 原田伴彦 『改革と維新』 p.73.

参考文献[編集]