三矢重松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三矢 重松(みつや しげまつ 明治4年11月29日1872年1月19日) - 大正13年(1924年7月18日)は、日本国語学者国文学者文学博士國學院大學教授折口信夫の師。弟に三矢宮松がいる。

人物[編集]

出羽国庄内県鶴岡町(現・山形県鶴岡市)出身。実家は、代々庄内藩に使えた士族の家で、祖父は藩校の典学を勤めた。

いわゆる「三矢文法」を完成させ、「最後の国学者」と呼ばれる壮烈な学風で知られる。

業績[編集]

その学問的な業績としては『高等日本文法』にまとめられた文法の研究が第一にあげられる。これは、江戸時代までの国文法と西欧の文法学を折衷させた大槻文法を踏まえつつ、それまで重視されなかった現代語文法による視点を加え、名詞の格、用言の法や動詞の性相、敬語の記述に修正を加えたもので、後の松下文法のさきがけをなす研究である。

他方、江戸以来の国学的な研究態度を重視し、人間形成の上で國學院時代に師事した折口信夫に大きな影響を与えた。特に日本人の心性を考えるうえで『源氏物語』を重んじ、源氏物語全講会を興して亡くなるまで講義をつづけたことは特筆に価するであろう。「価なき珠をいだきて知らざりしたとひおぼゆる日の本の人」という歌は源氏および源氏に代表される日本人の心のありようが軽んじられる世相を嘆いて詠んだものだといわれている。

折口は三矢を師として敬愛することきわめてあつく、源氏物語全講会を引き継いで開催し、祭主となって没後の祭りを行いつづけるなどした。

経歴[編集]

著作物[編集]

著書[編集]

  • 「臺灣(台湾)會話編」(1896年3月)明法堂
  • 「國學院講習會講義(「日本文典」)」(1901年1月)誠之堂
  • 「現代文鈔」(1906年6月)光風館
  • 「高等日本文法」(1908年12月)明治書院
  • 「作歌と助辞」(1911年2月)明治書院
  • 「四大人文鈔」(1916年)明治書院
  • 「財團法人明治聖徳記念學會紀要・第13-15巻」(1920年-1921年)明治聖徳記念学会
  • 「松野勇雄先生」(1922年)皇典講究所内松野大人三十年祭典会
  • 「古事記に於ける特殊なる訓法の研究」(1925年)文学社
  • 「別冊中等新國文敎授参考書」(1926年)文学社
  • 「荘内語及語釈」(1930年)刀江書院
  • 「隠岐本新古今和歌集」(1927年)岡書院
  • 「菊園書簡集」(1927年)國學院大學源氏物語全講会
  • 「言語誌叢刊」(1930年)刀江書院
  • 「文法論と國語學」(1932年)中文館書店
  • 「國語の新研究」(1932年)中文館書店
  • 「國文學の新研究」(1932年)中文館書店
  • 「改制中等新國文」(1936年)文学社
  • 「新制中等新國文・第1巻」(1937年)文学社
  • 「新制中等新國文・第2巻」(1937年)文学社
  • 「新制中等新國文・第3巻」(1937年)文学社

論文[編集]

  • 「『源氏物語』の価値」(学士論文)
  • 「古事記に於ける特殊なる訓法の研究」(博士論文)

関連項目[編集]