出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

たま

ぎょく

  • 宝石のこと。主にヒスイを指す。玉石混交の玉はこの意。「たま」とも。
  • 玉璽のこと。
  • 将棋の駒の1つ、玉将のこと(王将と同一、詳しくは玉将の項を参照)。
  • 投資用語のひとつ。玉 (投資用語)を参照。
  • 「美しい」を意味する接頭辞。
  • 天子(天皇、皇帝)の身の周りのものを尊称するための接頭辞。玉体玉音など
  • 天皇のこと。幕末、薩摩、長州藩士が隠語として用いたといわれる。
  • メセン(Mesembryanthemaメセンブリアンテマ亜科群)、就中「玉型メセン」の品種名に多く用いられる接尾辞。日輪玉、花紋玉、琅干玉など。
  • 玉代のこと。転じて娼妓芸妓のこと。
  • 販売用の商品、商材の俗語。
  • (おもに「ギョク」の表記で)鶏卵あるいは卵焼きの口語表現。寿司屋などで使われる。

上記どちらにも当てはまらないもの

  • 江戸時代において、数を数える、統計を取る時など勘定する場合に使用した漢字。これは、現在は「正」にあたる。一進法も参照。

脚注[編集]

  1. ^ 『神社有職故実』 神社本庁、昭和26年7月15日発行、8頁
  2. ^ 千家尊統 『出雲大社』 株式会社学生社、昭和43年8月25日発行、240頁