アレウト語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレウト語
Unangam Tunuu / Унáҥам Тунý
話される国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ロシアの旗 ロシア
地域 アリューシャン列島プリビロフ諸島コマンドルスキー諸島
話者数 1,261[1]
言語系統
表記体系 ラテン文字
キリル文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 ale
ISO 639-3 ale
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

アレウト語(アレウトご、アレウト語: Unangam Tunuu、: Aleut language)またはアリュート語は、エスキモー・アレウト語族に属する言語である。 アリューシャン列島プリビロフ諸島アラスカ州)、コマンドルスキー諸島ロシア領)に居住するアレウト族[2]により話されている先祖伝来の言語である。 2007年の調査によると、話者数は約150人である[3]


脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Berge, Anna; & Moses Dirks (2009). Niiĝuĝis Mataliin Tunuxtazangis: How the Atkans Talk (A Conversational Grammar). Fairbanks, AK: Alaska Native Language Center, University of Alaska. 
  • Bergsland, Knut (1994). Aleut Dictionary = Unangam Tunudgusii: an unabridged lexicon of the Aleutian, Pribilof, and Commander Islands Aleut language. Fairbanks, AK: Alaska Native Language Center, University of Alaska. ISBN 1-55500-047-9. 
  • Bergsland, Knut (1997). Aleut Grammar = Unangam Tunuganaan Achixaasix̂. Fairbanks, AK: Alaska Native Language Center, University of Alaska. ISBN 1-55500-064-9. 
  • Krauss, Michael E. (2007). "Native languages of Alaska". In: The Vanishing Voices of the Pacific Rim, ed. by Osahito Miyaoko, Osamu Sakiyama, and Michael E. Krauss. Oxford: Oxford University Press.
  • Sadock, Jerrold M. (2000). "Aleut Number Agreement". Presented at Berkeley Linguistic Society 26th Annual Meeting.
  • Taff, Alice; Lorna Rozelle; Taehong Cho; Peter Ladefoged; Moses Dirks; & Jacob Wegelin (2001). “Phonetic structures of Aleut”. Journal of Phonetics 29 (3): 231–271. doi:10.1006/jpho.2001.0142. ISSN 0095-4470. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]