中国帰還者連絡会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中国帰還者連絡会(ちゅうごくきかんしゃれんらくかい)は、中国撫順戦犯管理所戦争犯罪人として抑留された旧日本軍の軍人が帰国後の1957年9月24日に結成した団体。略称は中帰連(ちゅうきれん)。

概要[編集]

会員資格は「中国を侵略して戦犯となり、中国の寛大政策により帰国したもの」としている。

活動[編集]

731部隊南京事件強制連行などについて積極的に証言し、証言者への協力を行なうことでも知られる。

上記の活動について『撫順戦犯管理所に抑留された旧日本軍将兵が中国側に洗脳されたもの』と主張するものもいる[1]

2002年に全国組織としては解散され、撫順の奇蹟を受け継ぐ会へ事業が引き継がれた。

背景[編集]

日中戦争期に中国国内で戦争犯罪を犯した容疑で、中国共産党により1109名の戦犯容疑者が撫順戦犯管理所(撫順監獄 969名)と太原戦犯管理所(太原監獄 140名)に拘留された。撫順戦犯管理所に収容された者は、旧満州国で終戦を迎えた後、シベリア抑留を経て1950年に中国に移送されており、その中には愛新覚羅溥儀張景恵古海忠之などがいる。太原戦犯管理所には、戦争終結後、中国国民党軍に加わり中国共産党軍と戦った者などが収容された。

中国共産党政府の設置した戦犯管理所ではシベリア抑留時代とは異なり、栄養豊富な食事、病人や怪我人への手厚い看護、衛生的・文化的生活が戦犯容疑者たちに保障された。しかし一方、戦争中、日本による数多くの非人道的な犯罪行為を目にし、加担し、実行したとされた戦犯容疑者たちは、それまでの自分たちの行為を反省し、罪を自主的に告白する認罪運動を、長期間にわたって課された。

1956年4月、『中国に侵略した日本軍の処分に関する全国人民代表大会常務委員会の決定』に基づき、1956年6月から7月の間に、山西省太原市遼寧省瀋陽市で開かれた特別軍事法廷で、重要戦犯容疑者の45人の裁判が行われた。それ以外の容疑者たちは管理所内の臨時法廷で「起訴免除、即時釈放」の判決を受ける。

1957年、中国共産党により「罪」を許され帰国した元戦犯容疑者たちの一部は中国帰還者連絡会を創立し、「反戦平和運動」、「日中友好運動」を展開した。特に、自らが戦争ないし戦地で行ってきたことを証言することで、戦争の愚かさを明らかにすることをその運動の核心としてきた。

1966年日中友好協会が分裂したことを機に、中国帰還者連絡会もまた分裂し、運動は低迷したが、1986年には統一大会を開催し、中国帰還者連絡会は再度統一した。

会員[編集]

  • あ行

石田傳郎、石田幹雄、伊藤恒、植松楢数、鵜野晋太郎、絵鳩毅、大河原孝一(副会長)、大澤剛、岡本鉄四郎、小川仁夫

  • か行

金子安次、鴨田好司、川村忍、菊池義邦、国友俊太郎、久保田源次郎、小林武司

  • さ行

佐藤栄作、沢田二郎、鹿田正夫、篠塚良雄、城野宏、白井藤代

  • た行

高橋哲郎(事務局長)、高橋政義、田畑英一、塚越正夫、富永正三(1982年11月-1983年9月会長代行、1983年10月-2002年1月会長)

  • な行

中島宗一、中間清、西谷稔、野田実

  • は行

藤田茂(初代会長)、古海忠之、古屋栄一、本田義夫

  • ま行

松本国三、三尾豊、三浦只守

  • や行

湯浅謙、横山光彦、吉房虎雄

  • わ行

若月金治

批判[編集]

「死刑」や「無期」、「長期刑」に処されるべきところを、寛大な恩赦によって自由を得たものたちは中国共産党政府に深く感謝したが、その実態は、思想教育の結果有用なものは、その思想の伝播者として、あえて無罪放免という恩を着せて野に放った意図が否定できない。[2]

その結果、戦後の日本では「満州帰り」というと「アカ(共産主義思想)」というレッテルを否応なく貼られ、その結果理不尽で不幸な処遇に遭ったものも少なくない。実際に「中帰連」のように共産主義に転向した者もいた。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 田辺敏雄著『検証 旧日本軍の「悪行」―歪められた歴史像を見直す』自由社
  2. ^ NHKスペシャル「引き裂かれた歳月 ~証言記録 シベリア抑留~」2010年8月8日放送

参考資料[編集]

  • 荻野富士夫吉田裕、岡部牧夫(編集)『中国侵略の証言者たち――「認罪」の記録を読む』 (岩波新書) 岩波書店 2010.4 ISBN-13: 978-4004312420

関連資料[編集]

  • 新井利男藤原彰『侵略の証言―中国における日本人戦犯自筆供述書』岩波書店 1999.8 ISBN-13: 978-4000233392

関連項目[編集]

外部リンク[編集]