鉄血勤皇隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鉄血勤皇隊(てっけつきんのうたい)とは、太平洋戦争大東亜戦争)末期の沖縄戦で戦闘に動員された日本軍史上初の14ー17歳の学徒隊(少年兵部隊)である。

概要[編集]

太平洋戦争大東亜戦争)末期になると、戦況悪化、長期化により兵士の不足が、深刻となった。そこで陸軍省は、つぎつぎと陸軍省令を発して、施行規則を改正していった。

そうしたなかでアメリカ軍上陸のせまる沖縄では14歳以上の少年を鉄血勤皇隊として防衛召集した[1][2][3]
防衛召集は、17歳以上の男子が召集対象であったが、1944年12月の陸軍省令第59号「陸軍召集規則」改正および第58号「防衛召集規則」改正で、一部地域のみ防衛召集の対象年齢が引き下げられた。「前縁地帯」と呼ばれる帝国本土とは区別された地域(沖縄県、奄美諸島、小笠原諸島、千島列島、台湾など)に限り、17歳未満(14歳以上)であっても、志願して第2国民兵役に編入された者は、防衛召集できるとされたのである[4]

これらの陸軍省令について、内務省は、「事実上徴兵年齢の引き下げにあたるので、法的には法律である兵役法の改正によってなされるべき」であるとして、憲法違反の疑いもあることを指摘していた。また、「志願」は「事実上の強制」になりうることへの懸念も示していた[5]。(法律形式による法整備は、ようやく1945年6月23日に制定施行された義勇兵役法で行われた。それまでは鉄血勤皇隊も含め陸軍省令で改正する規則のみが法的根拠であった。)

実際の手続きにおいても、17歳未満の少年を鉄血勤皇隊として防衛召集するには「志願」して第2国民兵役に編入された者でなければならないが、「学校ぐるみ」での編成ということ自体が強制の契機をはらむ。さらに学校や配属将校が同意なく印鑑をつくり「志願」のために必要な親権者の承諾書を偽造するなど、「事実上の強制」であったような例も多々見受けられた[6]内務省の懸念は現実のものとなっていたわけである。なお、県立第二中学のように配属将校が食糧がないことを理由に生徒たちを家に帰したり、県立農林学校では引率教師が銃殺処刑される覚悟で生徒を家に帰したという例もあった[7]

これらの点は戦後にも問題となり、遺族援護に関連して厚生省は、鉄血勤皇隊における17才未満の少年の防衛召集には法的手続きに問題があり、無効な防衛召集であったとして、鉄血勤皇隊の少年たちの軍籍を認めなかった(結局、政治的配慮から「事実に基いて、軍人として処理すること」とした)[8]。ことに第2国民兵役に編入するための「志願」について任意性が担保されていない点が問題とされた[9])。

沖縄戦では、憲法違反の疑いもあるこれらの陸軍省令(改正規則)を根拠として、「事実上の強制」すらあった手続きにより、1945年3月に第32軍の命令で、防衛召集された旧制中学生ら1780人による鉄血勤皇隊が編成され、戦闘行為に動員されて、約半数が戦死した(17歳未満の戦死者は567名[10])。

編成[編集]

アメリカの公文書の中に、当時沖縄侵攻作戦を担当したアメリカ陸軍第10軍に、沖縄守備軍だった日本陸軍第32軍による沖縄県庁からの通告を英訳保存したメモがある[11]。その「鉄血勤皇隊ならびに活用に関する覚書」によると、

  • 「各学校ごとに鉄血勤皇隊を編成し、軍事訓練を施し、非常事態ともなれば直接軍組織に編入し戦闘に参加させる」と記されている。(「直接軍組織に編入」= 戦闘員)
  • さらに、その添付文章などによると、14~16歳の学徒についても召集に備えた書類を作ることが定められ、「14歳ならびにそれ以上で、1944年秋に訓練終了後通信任務についている者を除く全学徒を同隊に編入」するとしていた。[12]

米軍に学徒たちが戦闘員であることが宣言された後、日本陸軍第32軍の防衛召集に従って、当時の沖縄県庁は、各学校で集めた学徒名簿を軍に提出、それを基に少年を動員した。

通告によって戦闘員とされたため攻撃の対象とされたり、投降勧告に速やかに従わない場合射殺された者もいた。また、この通告の知識のない米部隊に「民間人(非戦闘員)」と扱われ「君らを捕虜にはしない。」などと言われ、民間人が保護されることも知らないまま絶望のため自決した者も出るなどの悲劇が起こった。[13][14][15][3]

任務[編集]

鉄血勤皇隊は、不十分な装備のまま任務を遂行せざるをえなかった。具体的には陣地構築、伝令や通信、さらに戦車への斬り込み攻撃を命じられた者もいた[16]。戦車への斬り込み攻撃とは、木箱に10キロの黄色火薬を入れた「急造爆雷」を背負って戦車に体当たりして爆破するのである[17]。装甲の厚い戦車車体ではなく、キャタピラの切断を狙って、轢かれるようにして爆死する。そのためには体が小さいほうが潜り込み易いとの理由をつけて、鉄血勤皇隊の少年達が多く斬り込みを命じられた。伝令も、同文書を複数人に持たせ、そのうち1人がたどり着けばよいという状態であった。
末期になると、直接軍組織に編入されていた彼らの中には、大人の兵士と同様に戦陣訓[18]を使って捕虜にならないように命令され自決したものもいた[19][20]

2008年、米国立公文書館から、牛島満第32軍司令官が自決直前に鉄血勤皇隊の情報宣伝隊(千早隊)の隊長に、遊撃戦により戦闘を続けるよう命令する「訓令」の原文が大田昌秀・元沖縄県知事によって発見された。当時、千早隊隊長が隊員に対し同様の命令をしており、「訓令」は、米国国立公文書館の米第10軍の戦闘記録に含まれていた。鉄血勤皇隊の解散前後の1945年6月18日付で発令され、千早隊隊長の益永董陸軍大尉あてに「軍ノ組織的戦闘終了後ニ於ケル沖縄本島ノ遊撃戦ニ任スヘシ」と命じている[21]

死者数[編集]

>

学 校 名 部 隊 名 動 員 数 戦 死 数 死 亡 率
沖縄師範学校 師範鉄血勤皇隊 386人 224人 58.0%
県立第一中学校 一中鉄血勤皇隊・通信隊 371人 210人 56.0%
県立第二中学校 二中鉄血勤皇隊・通信隊 144人 127人 88.2%
県立第三中学校 三中鉄血勤皇隊・通信隊 363人 37人 10.2%
県立工業学校 工業鉄血勤皇隊・通信隊 94人 85人 90.4%
県立農林学校 農林鉄血勤皇隊 173人 41人 23.7%
県立水産学校 水産鉄血勤皇隊・通信隊 49人 23人 46.9%
那覇市立商工学校 商工鉄血勤皇隊・通信隊 99人 72人 72.7%
開南中学校 開南鉄血勤皇隊・通信隊 81人 70人 86.4%
県立宮古中学校 宮古中鉄血勤皇隊 不明 0人 0.0%
県立八重山中学校 八重山中鉄血勤皇隊 20人 1人 5.0%
県立八重山農学校(男子) 八重農鉄血勤皇隊 不明 不明 不明
合  計 1780人 890人 50.0%
出典:『歩く・みる・考える沖縄』より

戦跡[編集]

鉄血勤皇師範隊の壕は、糸満市摩文仁の健児の塔や平和の像等の下にある。鉄血勤皇師範隊は健児隊とも言われ、沖縄師範学校の男子学生により組織されていた。日本陸軍第32軍と共に首里から摩文仁へと移ってきたようだ。所々黒くなっている所は、火炎放射器による攻撃の跡だという。

部隊名は、鉄血勤皇隊以外にも護郷隊、義勇隊などいくつかの異称があった。徴兵年齢に満たない学徒が実戦に参加したのは沖縄戦のみである。

慰霊碑[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 読谷村史 戦時記録 上巻 第一章 太平洋戦争 全島要塞化と根こそぎ動員
  2. ^ 「3人の捕虜」読谷バーチャル平和資料館
  3. ^ a b 参考文献 藤原彰編著『沖縄戦と天皇制』-立風書房
  4. ^ 原剛(防衛研究所戦史部)著 『沖縄戦における軍官民関係』
  5. ^ 内務省警保局警備課「兵役に関する研究」(昭和19年11月10日)
  6. ^ 藤原彰『沖縄戦―国土が戦場になったとき』(青木書店、1987年)pp.114-122
  7. ^ 「非国民」が人々の生命を救った -『ジャイロスGYROS』第5号2004年8月沖縄戦の真実 - 林博史
  8. ^ 陸上自衛隊幹部学校『沖縄作戦における沖縄島民の行動に関する史実資料』P.32
  9. ^ 1955年7月15日の衆議院「海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会」
  10. ^ 1955年7月15日の衆議院「海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会」
  11. ^ 、『季刊 戦争責任研究』の第54号(2006年)「資料紹介 鉄血勤皇隊編成に関する日本軍と沖縄県の覚書ならびに軍命令」解説・訳:林博史
  12. ^ Leaven Worth Papers "Japan's Battle of Okinawa April-June" By Thomas M. Huber
  13. ^ 参考文献 『鉄血勤皇師範隊/少年たちの沖縄戦』
  14. ^ 参考文献 大田昌秀『沖縄のこころ-沖縄戦と私』-岩波新書
  15. ^ 具志川市誌
  16. ^ 読谷村史 「戦時記録」上巻 第二章 読谷山村民の戦争体験
  17. ^ 八原博通著『沖縄決戦』
  18. ^ 戦陣訓の絶対性については賛否両論がある。詳細は戦陣訓を参照
  19. ^ 大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判大阪地裁判決
  20. ^ 『沖縄県の歴史』山川出版、2004年
  21. ^ 「牛島司令官、千早隊に「遊撃戦」命令 米国で「訓令」発見[リンク切れ]琉球新報2008年6月15日。なお、大田は千早隊の元隊員である。

参考文献[編集]

  • 大田昌秀『血であがなったもの 鉄血勤皇師範隊/少年たちの沖縄戦』(那覇出版社、1977年) ISBN 4890951296
  • 大田昌秀『沖縄のこころ-沖縄戦と私』-岩波新書 1972年 ISBN 9784004111030
  • 兼城一 編著『証言・沖縄戦 沖縄一中鉄血勤皇隊の記録』上、下(高文研、2000年、2005年)
ISBN 4874982409、下 ISBN 4874983510

関連項目[編集]

外部リンク[編集]