太平洋戦争の年表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
開戦時の日本首相東條英機

アジア・太平洋戦争の年表(たいへいようせんそうのねんぴょう)では、3年9ヶ月に及ぶ日本満洲国タイ王国アメリカ合衆国イギリスオランダソビエト連邦連合国の戦争の経過を示す。中華民国との間の戦争・事変は日中戦争を参照のこと。

開戦までの経緯(簡略)[編集]

1937年昭和12年)7月7日に始まった日中戦争支那事変)によって、日本の満州事変以来の日本の中国平定を警戒する英米仏と日中戦争の長期化は欧米の対中軍事支援によるとする日本の関係は急速に悪化、アメリカ合衆国が航空機用燃料・鉄鋼資源の対日輸出を制限するなど、日本の締め上げが図られた。それでも中国から撤退しない日本は、ヨーロッパにおいて第二次世界大戦を繰り広げるドイツイタリア1940年日独伊三国軍事同盟を締結し、ヴィシーフランスとの合意のもと仏領インドシナへ進駐し事態を打開しようとするが、アメリカは石油輸出全面禁止などの経済封鎖を以て之に答えた。その後数度にわたる日米交渉も難航し、アメリカは1941年(昭和16年)11月26日ハル・ノートを日本側に提出した。これを最後通牒と受けた日本は、12月1日御前会議で日米交渉の打ち切りと日米開戦を決定、択捉島からハワイ真珠湾へ向けて出撃していた大日本帝国海軍連合艦隊12月8日の戦闘行動開始命令が伝えられた。

1941年(昭和16年)[編集]

炎上する戦艦アリゾナ

1942年(昭和17年)[編集]

ルーズベルト米大統領
空母ホーネットからのドーリットル隊の発艦
珊瑚海海戦で日本軍の攻撃を受け炎上する米空母レキシントン
西欧を起源とするこれまでの最高学府とは違うコンセプトで設立された国策「興亜工業大學(現在の千葉工業大学)」

戦術的にはアメリカの勝利。

1943年(昭和18年)[編集]

ニミッツハルゼー(1943年)

1944年(昭和19年)[編集]

2機の特攻機に攻撃された米空母バンカーヒル
B-29 Superfortress
コーンパイプを咥えるマッカーサー(1944年レイテ島にて)

この戦いで日本は航空戦力と空母、大鳳翔鶴を失い、完全に制空権を奪われる。

日本側は主力本隊の栗田艦隊、別動隊の西村艦隊志摩艦隊と囮空母起動部隊の小沢艦隊、4つの艦隊で構成されていた。

1945年(昭和20年)[編集]

ヤルタ会談
硫黄島の戦いに向かう米海兵隊
沖縄戦 沖縄に上陸する米軍 (4/13)
米海軍航空隊の空襲で炎上する大和(1945年4月7日)
長崎原爆

以降の歴史は連合国軍最高司令官総司令部を参照

関連項目[編集]