伊号第九潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese submarine I-9 1941.jpg
訓練中の伊号第九潜水艦
(1941年10月20日頃、佐伯湾
艦歴
計画 第三次海軍軍備補充計画(マル3計画
起工 1938年1月25日
進水 1939年5月20日
就役 1941年2月13日
喪失 1943年6月14日沈没
除籍 1943年8月1日
性能諸元
排水量 基準:2,434トン
常備:2,919トン
水中:4,150トン
全長 113.7m
全幅 9.55m
吃水 5.36m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:12,400馬力
水中:2,400馬力
速力 水上:23.5kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで16,000海里
水中:3ktで90海里
燃料 重油:878トン
乗員 竣工時定員100名[1]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装2基4挺
魚雷発射管 艦首6門
53cm九五式魚雷18本
九三式探信儀1基
九三式聴音機1基
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m
行動期間:3ヶ月

伊号第九潜水艦(いごうだいきゅうせんすいかん)[注釈 1]は、日本海軍潜水艦。普遍的には伊九型潜水艦(巡潜甲型)の1番艦とされているが、法令上は同級の2番艦[注釈 2]1943年(昭和18年)キスカ島付近で沈没。

艦歴[編集]

1937年(昭和12年)の第三次海軍補充計画(マル3計画)で計画され、呉海軍工廠1938年(昭和13年)1月25日起工、1939年(昭和14年)5月20日進水、1941年(昭和16年)2月13日に竣工した。横須賀鎮守府籍。

太平洋戦争開戦時は第六艦隊第一潜水戦隊に所属し、先遣部隊として真珠湾攻撃に参加。12月12日には、アメリカ西海岸沿岸における通商破壊作戦に参加し、貨物船1隻を撃沈している。

1942年(昭和17年)2月14日、搭載機による真珠湾の偵察を行ったほか、3月には飛行艇によるハワイ爆撃(K作戦)を支援。その後はアリューシャン列島ソロモン諸島へ転戦。11月以降、ガダルカナル島への輸送任務に就き、同島への輸送5回。翌1943年(昭和18年)5月よりキスカ島への輸送任務に従事。

6月10日幌筵島を出港、6月14日キスカ島への輸送任務の途中で米ベンソン級駆逐艦フレイジャー英語版」(Frazier)の攻撃により撃沈された。艦長以下101名全員戦死。6月15日キスカ付近で沈没と認定、8月1日除籍。

潜水艦長[編集]

艤装員長
  1. 南里勝次 中佐:1940年7月26日[2] - 1940年11月25日[3]
  2. (臨時)加藤良之助 中佐:1940年11月25日[3] - 1940年12月20日[4]
  3. 大山豊次郎 中佐:1940年12月20日[4] - 1941年1月15日[5]
潜水艦長
  1. 大山豊次郎 中佐:1941年1月15日[5] - 1941年7月31日[6]
    1. (代理)上野利武 少佐:1941年2月28日 - 1941年3月3日[7] (本職:伊号第九潜水艦水雷長)
  2. 藤井明義 中佐/大佐:1941年7月31日[6] - 1943年6月15日 戦死認定、同日付任海軍少将[8]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 本来の艦名表記は伊號第九潛水艦。
  2. ^ 艦艇類別等級別表上の番数。昭和19年海軍省内令第437号で伊1が伊10型潜水艦の1番艦に定められているため、通算では繰り下げで2番艦となる。
脚注
  1. ^ 昭和14年5月20日付 内令第410号。この数字は法令上の定員数であり、航空関係要員を含み、特修兵その他臨時増置された人員を含まない。戦隊司令部の定員は別に定められるものであって、潜水艦の定員には含まれない。
  2. ^ 昭和15年7月26日付 海軍辞令公報(部内限)第508号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072078400 で閲覧可能。
  3. ^ a b 昭和15年11月25日付 海軍辞令公報(部内限)第559号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072079700 で閲覧可能。
  4. ^ a b 昭和15年12月21日付 海軍辞令公報(部内限)第573号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072079900 で閲覧可能。
  5. ^ a b 昭和16年1月15日付 海軍辞令公報(部内限)第581号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072080200 で閲覧可能。
  6. ^ a b 昭和16年7月31日付 海軍辞令公報(部内限)第681号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072081600 で閲覧可能。
  7. ^ 昭和16年3月4日付 横須賀鎮守府公報(部内限) 第49号。
  8. ^ 昭和18年9月27日付 海軍辞令公報(部内限)第1222号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072093100 で閲覧可能。

参考文献[編集]