伊号第四十八潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese submarine I-48.jpg
回天を搭載して出撃する伊48
大津島、1945年1月9日[1]
艦歴
計画 昭和17年度計画(マル急計画
起工 1943年6月19日
進水 1943年12月12日
就役 1944年9月5日
その後 1945年1月23日戦没
除籍 1945年5月10日
性能諸元
排水量 基準:2,184トン 常備:2,554トン
水中:3,561トン
全長 109.3m
全幅 9.10m
吃水 5.34m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:14,000馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで60海里
燃料 重油
乗員 95名[2]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首8門
九五式魚雷20本
22号電探1基
航空機 なし
備考 安全潜航深度:100m

伊号第四十八潜水艦(いごうだいよんじゅうはちせんすいかん、旧字体:伊號第四十八潜水艦)は、日本海軍潜水艦伊十六型潜水艦(巡潜丙型)の8番艦[3]

艦歴[編集]

1941年昭和16年)の昭和17年度計画(マル急計画)により、佐世保海軍工廠1943年(昭和18年)6月19日起工、12月12日進水、12月22日に艦艇類別等級別表に加えられ[3]1944年(昭和19年)9月5日に竣工した。横須賀鎮守府籍となり、訓練部隊の第六艦隊第11潜水戦隊に編入。

12月7日、第15潜水隊に編入。

1945年大津島に移動。1月9日に大津島を出港し、回天特別攻撃隊(金剛隊)としてウルシー環礁へ向け出港していくのを最後に消息不明[4]

アメリカ側の記録によると、1月21日1930、ウルシー西方沖で哨戒中の米飛行艇マリナーがウルシーへ向け18ノットで浮上航走中の潜水艦を発見。同機はこの国籍不明の潜水艦に応答を求めたところ、急速潜航していったため爆雷2発とMk24電池式音響探知魚雷を投下した。哨戒機からの通報を受け、米護衛駆逐艦コーベジアー英語版コンクリン英語版ラビー英語版の3隻が差し向けられた。23日0310、ヤップ島北東15浬地点付近でコーベジアーのレーダーが自艦から約9km離れた海域で光点を示した。その光点は18ノットで動いているようだった。0336、その光点が消えたため、潜航した潜水艦であると判断したコーベジアーは潜水艦を捜索。その結果聴音が行動中の潜水艦を探知し、ヘッジホッグによる攻撃を開始。まもなく、コンクリンとラビーも合流した。3隻で攻撃を続けているうち、潜水艦を見失ってしまう。0902、コーベジアーは再度潜水艦を探知し、ヘッジホッグを投下。0912にも潜水艦を聴音で探知し、ヘッジホッグを投下。0934、コーベジアーが再度ヘッジホッグを投下してから17秒後、同艦から約500m離れた位置の深度53mの地点でヘッジホッグが爆発する4・5回の爆発音を聴取。0936、海中で大爆発音がした。その爆発は激しく、コンクリンの機関と舵が一時使用不能になるほどだった。大きな気泡、次いで重油と潜水艦のものと思われる破片、日本兵と思われる死体が浮かんできた。コンクリンは浮遊する木の板や木片、コルク片、ニスが塗られた木製の内装品、「中身入り」の手編みの青いセーターの袖、本、箸を回収した。これが伊48の最期であり、艦長の当山全信少佐以下、回天搭乗員4名を含む乗員112名全員戦死。沈没地点はウルシ―西方18浬地点付近、北緯09度55分 東経138度17分 / 北緯9.917度 東経138.283度 / 9.917; 138.283

1月21日喪失認定[4]5月10日除籍[5]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』420頁による。

艤装員長[編集]

艦長[編集]

  • 当山全信 少佐:1944年9月5日 - 1945年1月23日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集19巻』129頁。
  2. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  3. ^ a b 昭和18年12月22日付 海軍内令 第2776号。『昭和18年11~12月 内令 5巻(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070182900 。海軍艦船要覧 2013, p. 93
  4. ^ a b 海軍艦船要覧 2013, p. 100.
  5. ^ 昭和20年5月10日付 海軍内令 号数不明。海軍艦船要覧 2013, p. 100

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0462-8
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ判 日本海軍艦艇写真集19巻』潜水艦伊号、光人社、1997年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 渡辺博史 『海軍艦船要覧 艦艇・特務艦艇・特設艦船・その他』 ブックショップマイタウン、2013年4月5日ISBN 978-4-938341-86-2

関連項目[編集]