伊号第三十潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
艦歴
計画 第四次海軍軍備補充計画(マル4計画
起工 1939年6月7日
進水 1940年9月17日
就役 1942年2月28日
その後 1942年10月13日触雷沈没
除籍 1944年4月15日
性能諸元
排水量 基準:2,198トン 常備:2,584トン[1]
水中:3,654トン
全長 108.7m
全幅 9.30m
吃水 5.14m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:12,400馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで96海里
燃料 重油:774トン[2]
乗員 94名[3]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首6門
九五式魚雷17本
航空機 零式小型水上偵察機1機
(呉式1号4型射出機1基)
備考 安全潜航深度:100m

伊号第三十潜水艦(いごうだいさんじゅうせんすいかん、旧字体:伊號第三十潜水艦)は、大日本帝国海軍伊十五型潜水艦(巡潜乙型)11番艦。第一次遣独潜水艦として有名。

当初は伊号第三十五潜水艦と命名されていたが、1941年昭和16年)11月1日に伊号第三十潜水艦と改名されている[4]

概要[編集]

1939年昭和14年)の第四次海軍軍備補充計画(マル4計画)により、1939年6月7日に呉海軍工廠で起工。1940年(昭和15年)9月17日に進水し、1942年(昭和17年)2月28日に竣工した。竣工と同時に呉鎮守府籍となり、第14潜水隊に編入された。

3月10日、第14潜水隊は第8潜水戦隊に編入。

4月11日、伊30はを出港。16日、伊10、第1潜水隊と共に甲先遣隊を編成。20日にペナンに到着し、22日にペナンを出港。5月7日早朝、アデンを航空偵察。8日夜にはジブチを航空偵察するが、搭載機が発見されて対空砲火を受けた。19日にはザンジバルダルエスサラームを飛行偵察し、停泊中の輸送船1隻、出港中の4,000トン級輸送船を報告。着水時に搭載機のフロート1つが破損するも、機はそのまま収容された。20日、モンバサを潜望鏡偵察。24日夜にはディエゴ・スアレスを潜望鏡偵察。6月17日、特設巡洋艦報国丸(大阪商船、10,438トン)、愛国丸(大阪商船、10,437トン)と合流し、燃料補給を受け、第1次訪独潜水艦として、零式水上偵察機九一式航空魚雷の設計図、八九式空気魚雷14本、零式水上偵察機シェラック660キロ、雲母840キロを積んで枢軸国の友邦であるドイツへ向かった。作戦中の暗号名は「サクラ」。

機関の故障や浸水、波浪に悩まされ、6月30日には南アフリカ空軍の偵察機に発見されるも、被害を受けることなく離脱することに成功。同日、喜望峰沖を通過して大西洋に入り、8月2日にビスケー湾に到着し、上空援護のユンカース Ju888機と合流。6日にフランス大西洋岸のロリアン港(当時ドイツの占領下)に到着。輸送物資を降ろした。その後整備を受けるが、その際にUボートと同じ灰色迷彩塗装が施された。また、96式連装対空機銃が取り外され、かわりに電波探知機「メトックス」、エリコン20ミリ四連装機銃が装備された。

22日、伊30は日本人技術者1名、ウルツブルク射撃管制レーダーとその設計図、G7型魚雷8本(空気式5本、電池式3本)、魚雷発射誘導装置5台、エニグマ暗号機50台、ボールト(ソナー欺瞞用デコイ)240個、ロケット弾グライダー爆弾、対戦車砲弾、対空射撃指揮装置、20ミリ機銃弾200発、工業用ダイヤモンド、潜水方位盤、イギリスの軍用暗号解読機を乗せてロリアンを出港。10月8日にペナンに到着。同地で海軍省兵備局からエニグマ暗号機10台をシンガポールへ輸送するよう命ぜられ、11日にペナンを出港。13日0930にシンガポールに到着し、エニグマ暗号機10台を陸揚げ。1609、呉へ向け出港したが、港内にて機雷に触れ沈没。乗員13名[5]が死亡し、艦長の遠藤忍中佐以下乗員96名が救助された。

この触雷の原因は、機雷を除去した安全な航路が変更されていたにも関わらず、遣独作戦中に変更された暗号による暗号文でこの航路変更が伝えられていたため、イ30がこのことを把握していなかったことによるという[6]

海軍は搭載物の引き揚げを図り、20ミリ機銃弾のほとんどと魚雷発射誘導装置、ウルツブルク射撃管制レーダーの設計図等を回収したが、多くの荷物は破壊され、最も重要な積荷であったウルツブルク射撃管制レーダーも破損してしまった。

1944年(昭和19年)4月15日に除籍された。

戦後の1959年(昭和34年)8月に北星船舶工業により浮揚され、設計図なども有効に活用された。その後、1960年(昭和35年)2月にかけて解体された。

犠牲者数[編集]

  • 『消えた潜水艦イ52』では14人。 P108
  • 『海軍技術研究所』では13人。 P128
  • 『深海の使者』では13人。 P50

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』408頁による。

艤装員長[編集]

  • 河野昌通 少佐:1941年10月31日[7] - 1942年2月25日[8]

艦長[編集]

  • 河野昌通 少佐:1942年2月25日[8] -
  • 遠藤忍 中佐:1942年2月28日 -

脚注[編集]

  1. ^ 常備排水量:2,589トンとする資料もある。
  2. ^ 燃料搭載量は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。752.6トンとする資料もある。
  3. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  4. ^ 昭和16年11月1日付 海軍達 第333号。『昭和16年7月~12月 達(防衛省防衛研究所)』 アジア歴史資料センター Ref.C12070111100 
  5. ^ 『消えた潜水艦イ52』108頁では14名としている。
  6. ^ 『消えた潜水艦イ52』107頁
  7. ^ 海軍辞令公報(部内限)第737号 昭和16年10月31日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082900 。伊号第三十五潜水艦艤装員長。
  8. ^ a b 海軍辞令公報(部内限)第818号 昭和17年2月28日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084300 

参考文献[編集]

  • 新延明/佐藤仁志(著)、『消えた潜水艦イ52』、NHK出版、1997年、ISBN 414-080307-X
  • 中川靖造(著)、『ドキュメント海軍技術研究所』、日本経済新聞社 1987年6月
  • 吉村昭(著)、『深海の使者』、文春文庫 1976年4月、ISBN 978-4-16-716901-5
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』光人社、1990年。ISBN 4-7698-0462-8
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫『写真日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1

関連項目[編集]