伊号第一潜水艦 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
伊号第一潜水艦 (2代)
伊号第1潜水艦(左)と波号第110潜水艦(1945年、川崎重工業艦船工場)
伊号第1潜水艦(左)と波号第110潜水艦
(1945年、川崎重工業艦船工場)
基本情報
建造所 進水まで川崎重工業泉州工場
進水後は川崎重工業艦船工場
運用者  大日本帝国海軍
艦種 潜水艦
級名 伊十三型潜水艦[注釈 1]
建造費 21,604,000円(予算成立時の価格)[注釈 2]
艦歴
計画 改マル5計画
起工 1943年6月24日
進水 1944年6月10日
最期 進水後工程40%で工事中止[注釈 3]
1945年9月18日台風により沈没
1947年4月浮揚解体
要目(計画変更後[注釈 4]
基準排水量 2,620トン(水上)
4,762トン(水中)
全長 113.70m
最大幅 11.70m
吃水 5.89m
主機 艦本式22号10型ディーゼル2基
推進 2軸
出力 4,400bhp(水上)
600shp(水中)
速力 16.7ノット(水上)
5.5ノット(水中)
航続距離 16ノットで21,000カイリ(水上)
3ノットで60カイリ(水中)
乗員 定員116名
兵装 40口径11年式14cm砲 単装1基
25mm機銃 3連装2基、単装1基
九五式潜水艦発射管三型6門(艦首)
九五式または九六式魚雷12本
搭載艇 短艇1隻
搭載機 特殊攻撃機2機
射出機:4式1号10型1基
レーダー 22号電探1基
13号電探1基
ソナー 水中聴音機1組
テンプレートを表示

伊号第一潜水艦(2代)[注釈 5](いごうだいいちせんすいかん)は、日本海軍の未成潜水艦。普遍的には伊十三型潜水艦の4番艦とされているが、法令上は伊九型潜水艦の1番艦[注釈 6]。艦名は伊号第一潜水艦 (初代)の襲用。

艦歴[編集]

改マル5計画の潜水艦甲、仮称艦名第5093号艦として計画。当初計画では伊号第十二潜水艦と同型となる予定だったが、建造中の1943年後期に建造隻数が削減された伊四百型潜水艦を補うため、伊号第十三潜水艦と同様に基本計画番号J35Cに従って建造されることとなった。

1943年6月24日、川崎重工業泉州工場で起工。1944年3月15日、伊号第一潜水艦と命名されて伊十型潜水艦の1番艦に定められ[注釈 6]、本籍を横須賀鎮守府と仮定。6月10日、進水。進水後は川崎重工業本社艦船工場へ送られたが、同工場での艤装工事は未着手で、主電動機2台と軸系装置の設置が完了していただけだった。

工程40%[注釈 3]で工事中止となり、終戦時未成。1945年9月18日、枕崎台風により神戸市敏馬沖で沈没。1947年4月、浮揚解体された。

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 法令上は伊九型(伊十型)潜水艦
  2. ^ 価格は当初計画の伊号第十二潜水艦と同型艦としての予算であり、伊十三型潜水艦へ計画変更後の価格ではない。
  3. ^ a b 進捗率は大阪警備府と近畿海軍監督部が昭和20年8月31日付で調製した各目録による。福井『写真 日本海軍全艦艇史』および世界の艦船『日本潜水艦史』では70%としている。
  4. ^ 伊号第十三潜水艦の竣工時および伊号第十五潜水艦(2代)の艤装品目録に準じて記述する。
  5. ^ 本来の艦名表記は伊號第一潛水艦。
  6. ^ a b 艦艇類別等級別表上の番数。本艦が艦艇類別等級別表に登載された1944年3月15日時点で伊号第九潜水艦が同表から削除されているため、厳密には伊十型潜水艦の1番艦。
脚注

参考文献[編集]

  • 海軍省
    • 昭和19年3月15日付 達第70号、内令第437号、内令第445号。
    • 昭和19年12月16日付 内令員第2475号。
    • 昭和20年8月31日付 大阪警備府『大阪警備府管下艦艇(未成艦ヲ含ム)目録』。
    • 昭和20年8月31日付 大阪警備府『大阪警備府管下艦艇船体兵器機関艤装品目録』。
    • 昭和20年8月31日付 近畿海軍監督部『大阪方面所在艤装艦艇船体兵器機関艤装品目録』。
  • 世界の艦船 No. 469 増刊第37集 『日本潜水艦史』、海人社、1993年。
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』、ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1
  • 防衛研修所戦史室 『戦史叢書』 第88巻 『海軍軍戦備(2) -開戦以後-』、朝雲新聞社、1975年。
  • 明治百年史叢書 第207巻 『昭和造船史 第1巻(戦前・戦時編)』、原書房、1977年。
  • 歴史群像 太平洋戦史シリーズ Vol. 17 『伊号潜水艦』、学研、1998年。