フォート・スティーブンス砲撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォート・スティーブンス砲撃
太平洋戦争アメリカ本土戦線英語版)中
Shell crater resulting form Japanese shelling on Fort Stevens. - NARA - 299678.jpg
フォート・スティーブンスの砲撃痕を調査するアメリカ軍人
1942年6月21日
場所アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オレゴン州フォート・スティーブンス英語版
結果 被害は微小
日本軍潜水艦は撤退に成功。
衝突した勢力
アメリカ合衆国の旗 アメリカ 大日本帝国の旗 大日本帝国
指揮官
不明 田上明次
戦力
地上戦力:
砲兵陣地 x 2
基地 x 1
航空戦力:
航空機 x 1
伊号第二十五潜水艦(イ25)
被害者数
軽傷者1 無し

フォート・スティーブンス砲撃は、大東亜戦争太平洋戦争)中に日本海軍が実施したアメリカ本土砲撃の1つである。1942年6月、日本海軍の伊号第二十五潜水艦コロンビア川河口に位置するフォート・スティーブンス英語版陸軍基地を砲撃した。

砲撃[編集]

当時、日本海軍の潜水艦伊25(艦長:田上明次少佐)は、通商破壊および地上砲撃の任務に従事していた。伊25は伊十五型潜水艦の1隻で、14cm甲板砲や魚雷のほかに零式小型水上機を搭載し、97名の乗組員を有していた[1]。1942年6月14日、伊25はオレゴン州沿岸へと進出した。この際、漁船の航跡を辿ることでアメリカ海軍が敷設した機雷原を避けたという。

6月21日22時30分頃、イ25はコロンビア川河口にて浮上した。田上はフォート・スティーブンス英語版陸軍基地を潜水艦基地と誤認し[2]、これに対する地上砲撃を決断した。

フォート・スティーブンスは、南北戦争時代に設置された陸軍基地である。第二次世界大戦中には12インチ沿岸迫撃砲英語版や10インチ隠顕式砲台といったごく旧式の火砲が主に設置され[3]、およそ2,500人の兵士が駐屯していた[4]

田上はフォート・スティーブンスの砲兵陣地の1つ(ラッセル砲台)に対する砲撃開始を命じた。最初の射撃は被害を及ぼさず、フォート・スティーブンス側では灯火管制を行うのみで応射は行わなかった[5]。この時、フォート・スティーブンスでは混乱に陥りながらも総員が配置に付いており、監視塔から潜水艦も目視していたものの、「敵艦は射程範囲外」と誤った報告が行われていた。その為、基地司令は砲火を手がかりに照準されることを避けるべく、応射ではなく防御態勢の維持を命じていたのである[6]

伊25の撤退までの16分間に17発の砲撃が行われた[7][6]。砲撃の大半はフォート・スティーブンス近くの野球場や沼地に着弾していたが、うち1発はラッセル砲台のトーチカの真横に着弾していた。また、別の砲弾は電話線を切断して広範囲での通信途絶を引き起こしている[8]。送電線や野球場のバックネットも破壊されていた[6]。1人の兵士が戦闘配置に付く際に転んで怪我をしている[6]

その後、訓練飛行中だった航空機が伊25を発見し、まもなく通報を受けたA-29ハドソン攻撃機が出撃している。ハドソン攻撃機は伊25に対する爆撃を行ったものの、損傷を与えることはできなかった[9]

その後[編集]

この交戦による死者はなかったが、西海岸ではアメリカ本土侵攻英語版に対する恐怖と不安が形成されていった。オレゴン州ポイント・アダムスの沿岸部では、侵攻に備えて鉄条網が張り巡らされた。難破船ピーター・アイルデール英語版の残骸も障害物に組み込まれ、終戦までそのまま放置された。

伊25はその後もアメリカ本土沿岸での作戦に従事し、1942年9月には零式小型水上機を用いアメリカ本土爆撃を成功させている(ルックアウト空襲英語版)。

フォート・スティーブンス砲撃は、アメリカ本土の米軍施設への攻撃としては米英戦争以来のものであり[2]、また第二次世界大戦中に行われた唯一の事例である[10]

また、1発がゴルフ場に着弾しており、現在そこには記念碑が建てられている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Webber p.12
  2. ^ a b Bombs Fall on Oregon: Japanese Attacks on the State”. Life on the Home Front. 2015年3月25日閲覧。
  3. ^ Webber pp.48&49
  4. ^ History”. Friends of Old Fort Stevens. 2015年4月12日閲覧。
  5. ^ Webber p.61
  6. ^ a b c d Japanese submarine shells Fort Stevens at the mouth of the Columbia River on June 21, 1942.”. HistoryLink.org (2005年2月8日). 2015年3月25日閲覧。
  7. ^ Webber pp.58-60
  8. ^ Webber pp.58-60
  9. ^ Webber p.77
  10. ^ Webber p.59

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯46度12分7秒 西経123度57分45秒 / 北緯46.20194度 西経123.96250度 / 46.20194; -123.96250