別宮暖朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

別宮 暖朗(べつみや だんろう、1948年 - )は、日本の歴史評論家軍事評論家

人物・略歴[編集]

以下はAmazon.comで公表している著者紹介に基づく。

東京大学経済学部卒業。西洋経済史専攻。その後、大手信託銀行(行名未詳)に入社し、マクロ経済などの調査・企画を担当した。現在、ロンドンにある証券企画調査会社(社名未詳)のパートナー[1]。個人サイトで「兵頭二十八と別宮暖朗の往復書簡」を公開している。

著作等[編集]

単著[編集]

  • 『中国、この困った隣人―日本人ビジネスマンへの警告』 PHPエディターズグループ、2004年1月。
  • 『軍事のイロハ』 並木書房、2004年11月。ISBN 978-4890631797
  • 『「坂の上の雲」では分からない 日本海海戦』 並木書房、2005年4月。
    • 改訂版『日本海海戦の深層』 筑摩書房<ちくま文庫>、2009年12月。ISBN 978-4480426680
  • 『韓国の妄言-韓国・朝鮮人はなぜこんなに尊大なのか? 』 並木書房、2006年11月。ISBN 978-4890632084
  • 『失敗の中国近代史---阿片戦争から南京事件まで』 並木書房、2008年3月。ISBN 978-4890632268
  • 『誰が太平洋戦争を始めたのか』 筑摩書房<ちくま文庫>、2008年8月。ISBN 978-4480424655
  • 『太平洋戦争はなぜ負けたか』 並木書房、2009年2月。ISBN 978-4890632404
  • 『「坂の上の雲」では分からない 日露戦争陸戦』 並木書房、2009年10月。ISBN 978-4890632497
    • 改訂版『日露戦争陸戦の研究』 筑摩書房<ちくま文庫>、2011年1月。ISBN 978-4480427878
  • 『帝国陸軍の栄光と転落』 文藝春秋<文春新書750>、2010年4月。ISBN 978-4166607501
  • 『日本の近代10大陸戦と世界』 並木書房、2010年11月。ISBN 978-4890632619
  • 『帝国海軍の勝利と滅亡』 文藝春秋<文春新書800>、2011年3月。ISBN 978-4166608003

共著[編集]

全て兵頭二十八と。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『「坂の上の雲」では分からない日本海海戦』および『「坂の上の雲」では分からない 日露戦争陸戦』のによる。

外部リンク[編集]