TBD (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

TBD デヴァステイター

TBD-1 デヴァステイター 空母「エンタープライズ」搭載の機体 1938年の撮影

TBD-1 デヴァステイター 空母エンタープライズ」搭載の機体 1938年の撮影

TBDは、アメリカ海軍太平洋戦争前期に使用した主力雷撃機艦上攻撃機)である。本機はアメリカ初の艦載単葉金属機でもある。愛称はデヴァステイター(Devastator, 「荒廃させるもの」 「破壊者」の意)。

概要[編集]

TBDは、計画中の新型空母(後のヨークタウン級航空母艦)に搭載される次期艦上雷撃・爆撃機としてダグラス社に対して1934年に開発が依頼された機体で、1936年に初飛行し、1937年に就役を開始した。

完成当時は世界最高水準を誇る雷撃機と言われており、性能面でも運用にあたって問題はなく、非常に完成度の高い機体ではあったが、太平洋戦争が始まったときには最高時速が300km/hしか出せないこの雷撃機はすでに時代遅れになっており、日本海軍零式艦上戦闘機などに多数が撃墜された。中でもミッドウェー海戦では、機動部隊の直援任務に就いていた零戦に迎撃されて大半が魚雷を投下する前に撃墜された上、魚雷投下に成功した機体も追撃を受けて4機を除き未帰還となり、装備部隊は完膚なきまでの損害を蒙った(しかし、結果的にそれが囮となり、後続のSBD ドーントレス隊の活躍につながった)。 それでも珊瑚海海戦では祥鳳撃沈するなど、海戦初期のアメリカ海軍航空戦力の一端を担った。

これを機会にTBDを装備していた部隊は再建にあたって後継機のTBF アヴェンジャー雷撃機を装備し、大西洋方面でもTBFにその座を譲り、1942年中頃から序々に第一線から退き、1944年には全機が引退した。

諸元[編集]

編隊を組んで飛行するTBD
  • 全長:10.67m
  • 全幅(翼長・翼幅):15.24m
  • 全高:4.6m
  • 空虚重量:2,804kg
  • 満載重量:4,473kg
  • 最大離陸重量:4,623kg
  • 出力:900馬力
  • 巡航速度:時速205km
  • 最高速度:時速331km
  • 航続距離:700km(Mk.VIII魚雷搭載時)
  • 武器:7.62mm機銃×2、453kg爆弾/Mk.VIII魚雷(544kg)
  • 乗員:3名


関連項目[編集]