日本軍のクリスマス島占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
第二次世界大戦 > インド洋の戦い (第二次世界大戦) > 日本軍のクリスマス島占領
日本軍のクリスマス島占領
Christmasisland.png
クリスマス島
戦争インド洋の戦い
年月日:1942年3月31日から4月1日
場所クリスマス島
結果:日本軍の勝利
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
指導者・指揮官
原顕三郎少将
西村祥治少将
-
戦力
歩兵850
軽巡洋艦3
駆逐艦3
哨戒艇2
給油艦1
輸送船2
歩兵32
潜水艦1
損害
軽巡洋艦1大破 捕虜27

日本軍のクリスマス島占領(にほんぐんのクリスマスとうせんりょう)は、太平洋戦争大東亜戦争[1]中の1942年(昭和17年)3月31日に起きた、大日本帝国海軍による、クリスマス島占領するための戦い[2]イギリス軍人に対するインド人兵士の反乱が発生したため、日本軍は抵抗を受けずに島を占領した。だがアメリカ海軍潜水艦の攻撃により、攻略部隊に加わっていた軽巡洋艦那珂(第四水雷戦隊旗艦)が大破した[3]。本項では、その前段階における南雲機動部隊別働隊[4]による砲撃についても述べる。

背景[編集]

クリスマス島はジャワ島の南300キロメートル(約220浬)のインド洋上に位置する島で、当時はイギリスの植民地であった[5]。クリスマス島を第一段作戦中に攻略しようとする意図は日本軍(大本営および連合艦隊)にもなかった[6]。しかし、クリスマス島は以下の二つの点で重要な場所であった[5]。一つ目は、この島がインド洋交通路上の要点に位置しており[6]無電局もあってオーストラリア~インド間の通信を中継していたこと[3]。二つ目は、日本にとっても必要な資源であるリン鉱石が採掘されることである[6]

南雲機動部隊別働隊の砲撃[編集]

1942年(昭和17年)3月上旬、南雲忠一中将率いる南雲機動部隊(第一航空戦隊〈赤城加賀〉、第二航空戦隊〈蒼龍飛龍〉、第五航空戦隊〈翔鶴瑞鶴〉)はジャワ島南方へ進出、オーストラリア方面へ脱出する連合軍艦艇を掃討していた[7]

3月6日10時30分、南雲司令長官は残敵掃蕩を命じ、第二航空戦隊(司令官山口多聞少将:空母蒼龍飛龍)、第三戦隊第2小隊(3番艦榛名、4番艦金剛)、第17駆逐隊(第1小隊〈谷風浦風〉、第2小隊〈浜風磯風〉)の8隻は別働隊を編成、機動部隊本隊から分離した[8][9]。 空母2隻(蒼龍、飛龍)の護衛に17駆逐第2小隊(浜風、磯風)を残し、4隻(戦艦〈榛名、金剛〉、駆逐艦〈谷風、浦風〉)は3月7日早朝にクリスマス島へ艦砲射撃を行う[10]。 約20分間の砲撃で、イギリス軍守備隊は白旗を掲げた[11]。 だが4隻は同島を占領することなく、白旗を放置してクリスマス島を去った。 9日午後2時、別働隊は南雲機動部隊主隊と合流した[12]。 報告を受けた南雲司令長官は『クリスマス島の攻略は小兵力を以て容易に実施可能』と結論づけている[13][9]。 一方、軍令部高松宮宣仁親王(海軍中佐、昭和天皇弟宮)は別働隊の艦砲射撃を「クリスマス島は占領予定なのに、余計なことをする」と評した[14]

インド人たちは、「イギリスの植民地下に置かれていたインドをイギリスの支配から解放する」という日本軍の呼び掛けに答える形で、3月10日に反乱を起こしイギリス軍の指揮官たちを殺した。そして、島に残ったオーストラリア人とヨーロッパ人を監禁した。

3月14日、大本営は山本五十六連合艦隊司令長官に対しクリスマス島の攻略を指示する[5][15]。山本長官は南方部隊指揮官近藤信竹中将/第二艦隊司令長官に同島攻略を下令、近藤長官は蘭印部隊指揮官高橋伊望中将/第三艦隊司令長官に作戦の実施を命じ[16]、高橋司令長官は蘭印部隊機密第203番電をもってクリスマス島攻略作戦実施要領を下達した[6]。これに対し、クリスマス島にあったのは第一次世界大戦後にシンガポールから移された6インチ砲が1門と、対空砲が3門程度であった。イギリス軍の守備隊は32人程度でその大部分はインド人であった。

クリスマス島攻略作戦[編集]

3月15日、第十六戦隊司令官原顕三郎少将(3月10日まで第五水雷戦隊司令官)[17]を総指揮官とするクリスマス島攻略部隊が制式に編成され、3月31日の攻略を目指した[18]。主隊/第十六戦隊(同戦隊司令官原少将:名取長良)、警戒隊(第四水雷戦隊司令官西村祥治少将:旗艦〈那珂〉、第9駆逐隊第1小隊〈夏雲峯雲[19]、哨戒艇34号、哨戒艇36号、球磨川丸、君島丸)、陸戦部隊〈第24特別根拠地隊分遣隊450名、第21特別根拠地隊砲員200名・12cm砲4・8cm高角砲4、第102建設部隊200名〉、補給部隊(あけぼの丸)、さらに陽炎型駆逐艦天津風(第二水雷戦隊、第16駆逐隊)という兵力部署であった[18][20]。 なお、再編された第十六戦隊には軽巡洋艦3隻(名取、長良、鬼怒)が所属していた[21]。 当初ニューギニア攻略部隊に所属していた軽巡「長良」は、軽巡「鬼怒」(当時、蘭印~ニューギニア方面行動中)と入れ替わる形でクリスマス島攻略部隊に編入される[17][18]。これは「長良」が新編制される第十戦隊(空母機動部隊警戒部隊)旗艦に内定しており、長期の作戦計画には従事させられなかったからである[3][18]。また第22駆逐隊(皐月水無月文月長月)は陸軍第十六軍のジャワ第二次輸送任務終了後、主隊(第十六戦隊)への合流を命じられた[18]

3月29日17時、第9駆逐隊(夏雲、峯雲)はジャワ島パンタム湾を出撃して対潜掃蕩を実施、19時に主隊(名取、長良)と警戒隊は出撃した[22]。日本軍攻略部隊は米潜水艦サーモンに発見され、位置を通報されていたという[23]。3月31日、日本軍船団は0700にクリスマス島北方15浬に到達した[22]。 ところが同島に潜水艦1隻が存在していることが判明し、軽巡3隻(名取、長良、那珂)はそれぞれ水上偵察機を射出して対潜警戒にあたらせると同時に、陸上施設を爆撃させた[22][23]。「那珂」も艦砲射撃をおこなった[3]。この時、潜水艦シーウルフ」 (USS Seawolf, SS-197) は、艦長フレデリック・B・ウォーダー少佐の指揮下でクリスマス島沖合を哨戒していた[24]

クリスマス島攻略そのものは、順調に進んだ[23]。日本軍は抵抗を受けずフライング・フィッシュ・コーブに上陸した[25]。午前8時、クリスマス島守備隊は白旗を掲げ、警戒隊・輸送船は入泊して陸戦隊の揚陸を開始する[22]。捕虜の中には、2月27日に撃沈された水上機母艦ラングレーの運用長も含まれていた[23][26]。 9時49分、「那珂」は距離1000mから発射された魚雷3本を回避し、爆雷6個を投下して撃沈確実を報告した[22]。シーウルフは「将旗を掲げた名取級巡洋艦」に魚雷4本を発射し、1本命中と判断した(実際は命中せず)[27]。シーウルフは爆雷攻撃に耐えながら、次の襲撃機会をうかがった[28]。20時30分、駆逐艦「天津風」(駆逐艦長原為一中佐)が到着して対潜哨戒に加わった[22]

4月1日午前6時、「名取」(第16戦隊旗艦)は泊地北方20浬で雷跡1本を確認、爆雷攻撃をおこなったが効果は不明であった[29]。シーウルフからは名取(原少将の将旗)と那珂(西村少将の将旗)の区別がつかず「昨日の目標(那珂)と目の前の目標(名取)が同一なのか」「損傷艦から健在艦へ将官が移乗したのか」「日本人にもエイプリルフールの風習があるのか」と混乱していた[28]。シーウルフは魚雷3本を発射、魚雷1本命中と判断した(実際は命中せず)[28]。 18時4分、「那珂」及び第9駆逐隊(夏雲、峯雲)はクリスマス島北方海面を之字運動を行いながら哨戒していた[29]。シーウルフはふたたび「那珂」を雷撃する[23]。「那珂」より右70度距離700m地点から発射された魚雷1本(シーウルフは2本発射)[28]が右舷中央部に命中、「那珂」は一時航行不能となった[3]。「天津風」と哨戒艇34号が「那珂」を護衛した[29]。19時20分、「那珂」は右舷後方約6kmに浮上潜水艦を発見してこれに発砲、駆逐艦達が爆雷攻撃を実施、その後第36号哨戒艇は20時30分に撃沈確実を報告した[29]。シーウルフは猛烈な爆雷攻撃に晒され、緊急浮上した際に駆逐艦(艦名不明)と衝突しかけたという[30]

一方、西村司令官は「那珂」の曳航を第十六戦隊旗艦「名取」に依頼する[3][23]。21時30分、「那珂」は「名取」に曳航され、各艦(天津風、峯雲、夏雲)に護衛されてパンタム湾への退避を開始した[31][32]。また主隊と輸送船も荷揚げを打ち切って退避を開始した。22時30分、「球磨川丸」は第36号哨戒艇に護衛され、燐鉱袋詰42トンを積んだ「君島丸」は第34号哨戒艇に護衛され、それぞれ泊地を出発した[31]。 「那珂」は「名取」に曳航されてジャワ島バンタム湾へ退避したが、途中で自力航行可能となった[31]。この時、蘭印部隊指揮官高橋伊望中将はバンタム湾に停泊していた救難船「静波丸」と第22駆逐隊第2小隊(長月水無月)に「那珂」救援を命じていたが、「那珂」自力航行可能により「静波丸」の随伴は取りやめ[31]、2小隊(長月、水無月)のみ合流した[33]。 4月3日午後1時40分、「那珂」はパンタム湾に到着した[34]。またクリスマス島攻略部隊は4月3日午前9時30分の「名取」バンタム湾到着をもって解散する[35]。シンガポールで応急修理したのち日本本土に回航された「那珂」は、舞鶴海軍工廠で本格的に修理することになった[3][36]。「那珂」は6月15日附で第四水雷戦隊から除かれ[37]、同戦隊旗艦は長良型軽巡「由良」が務めることになった[36]

撤退[編集]

クリスマス島占領時、同島の倉庫にリン鉱石約2万トンがあったが[38]、発電機故障のため積み込み不能であった[5]。日本軍はリン鉱の搬出を目論んだが、労働者たちのサボタージュにあい、また輸送貨物船が1943年に潜水艦の攻撃で撃沈されるなどして、同年12月にはあらかた島を撤退した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ (昭和17年3月10日)(中略)二、別働隊「ジャワ」島南方一五〇浬ヲ東航ス。/(イ)七日朝二〇分ニ亘リ第三戦隊第二小隊、第十七駆逐隊第一小隊ヲ以テ「クリスマス島」ヲ砲撃、通信施設、桟橋附近重油槽一ヲ撃破ス。敵ハ忽チ白旗ヲ掲揚セリ。/(ロ)七日スンダ海峡南方ニテ一万トン級輸送船二爆撃撃沈。(「クリスマス島」ハトツテ用フル所、余計ナコトヲスルモノナリ)
  2. ^ (昭和17年3月16日月曜日)○第二艦隊(二六九=一五-一九一〇)作一四二号 一、蘭印部隊指揮官ハ四月上旬迄ニ「クリスマス」島ヲ占領スベシ。二、航空部隊指揮官(塚原二四三中将)ハ右作戦ニ協力セヨ。
  3. ^ ○三月三十一日〇七〇八「クリスマス」島泊地進入、攻撃制圧ヲ行フ。敵ハ白旗ヲ掲グ。〇九四五上陸成功。
  4. ^ ○「クリスマス」島 貯鉱約二〇,〇〇〇瓲、袋詰約一五〇〇瓲(一-一二五〇)。

出典[編集]

  1. ^ 戦史叢書80巻、102-103頁「大東亞戦争と呼称決定」
  2. ^ 戦史叢書102巻、114頁「昭和17年(1942年)3月31日/クリスマス島攻略部隊、同島占領」
  3. ^ a b c d e f g 日本水雷戦史、118-119頁
  4. ^ 日本空母戦史、169頁
  5. ^ a b c d 戦史叢書80巻、201-202頁「クリスマス島の占領」
  6. ^ a b c d 戦史叢書26巻、587-588頁「クリスマス島」
  7. ^ 戦史叢書80巻、197頁「ジャワ島南方海面機動作戦」
  8. ^ #S1703一水戦日誌(2)p.50『6日/一.1030機動部隊第2兵力部署ニ依ル別働隊(第2航空戦、第3戦隊2小隊、第17駆逐隊)ハ「クーパン」ヲ通ズル205度線以北海面ニ於ケル残敵撃滅ノ為主隊ト分離』
  9. ^ a b 戦史叢書26巻511頁
  10. ^ #S1703一水戦日誌(1)pp.6-7『3月7日 第17駆逐隊1小隊第三戦隊2小隊ト共ニ「クリスマス」島ヲ砲撃陸上施設(電信所桟橋油槽)ヲ破壊/3月9日 第17駆逐隊主隊ニ合同』
  11. ^ #S1703一水戦日誌(1)pp.37-38『9日谷風駆逐艦長/當隊(2小隊欠)7日早朝第3戦隊2小隊ト共ニ「クリスマス」島陸上施設(電信所桟橋油槽)ヲ砲撃之ヲ破壊セリ。射撃距離50乃至35発射弾数谷風31浦風12、敵ハ白旗ヲ掲揚ス我人員兵器異状ナシ其ノ他別動中異状ナシ』-『9日第2航空戦隊司令官/別動中ノ戦果左ノ通リ|一.3月7日早朝約20分間ニ亘リ2D/3S及1D/17dgヲ以テ「クリスマス」島ヲ砲爆撃セリ敵ハ忽チ白旗ヲ掲揚セリ、港内敵潜ヲ認メズ午後「スンダ」海峡南方海面ニ於テ大型武装船2隻(1万噸級)ヲ爆撃撃沈セリ我ニ被害ナシ(以下略)』
  12. ^ #S1703一水戦日誌(2)p.52『9日/1415別働隊(第3戦隊2小隊、第2航空戦隊、第17駆逐隊)ハ南緯11度30分東経120度0分ニ於テ主隊ニ合同』
  13. ^ #S1703一水戦日誌(1)p.41『9日2100機動部隊指揮官/機動部隊戦闘概報第7號 3月6日南緯140度0分東経109度40分ニ於テ別働隊(第二航空戦隊、第三戦隊2小隊、第17駆逐隊)ヲ分離、9日「スンバ」島南方ニテ合同、11日「スターリング」湾着ノ予定(略)同島攻略ハ小兵力ヲ以テ容易ニ実施シ得ルモノト認ム、港内敵船ヲ認メス(以下略)』
  14. ^ 高松宮日記4巻、167頁[注釈 1]
  15. ^ 戦史叢書102巻、112頁「昭和17年(1942年)3月25日/大本営、聯合艦隊にクリスマス島攻略実施を下令(31日攻略成功)」
  16. ^ 高松宮日記4巻、182頁[注釈 2]
  17. ^ a b 日本軽巡戦史、219-220頁「クリスマス島上陸(三月三十一日)」
  18. ^ a b c d e 戦史叢書26巻、613-614頁「クリスマス島の攻略」
  19. ^ 日本水雷戦史の118頁では「那珂は第9駆逐隊の朝雲と山雲を直率した」とあるが、山雲は前年12月に、朝雲はスラバヤ沖海戦で損傷し修理中。
  20. ^ #S1703十六戦隊日誌(3)p.2『三.兵力部署左ノ通定ム』
  21. ^ 開戦時の第十六戦隊は、重巡足柄と軽巡球磨および長良日本軽巡戦史220頁)
  22. ^ a b c d e f 戦史叢書26巻、615-617頁「「那珂」被雷す」
  23. ^ a b c d e f 日本軽巡戦史、221-222頁
  24. ^ 潜水艦戦争 1973, p. 172.
  25. ^ 高松宮日記4巻、202頁[注釈 3]
  26. ^ 高松宮日記4巻、203頁〔上覧〕
  27. ^ 潜水艦戦争 1973, p. 173.
  28. ^ a b c d 潜水艦戦争 1973, p. 174.
  29. ^ a b c d 戦史叢書26巻、618頁
  30. ^ 潜水艦戦争 1973, p. 175.
  31. ^ a b c d 戦史叢書26巻、619頁
  32. ^ 原(復刻版) 2011, pp. 33-35「クリスマス島攻略」
  33. ^ #S1703四水戦日誌(3)p.14『途中那珂ハ2日0810迄ハ名取夏雲峯雲天津風ノ護衛ヲ受ケ0810以後更ニ2D/22dg(長月水無月)ヲ加ヘ1800ヨリ天津風原隊ニ帰リ3日0425名取ハ「バンタム」湾ニ先行セリ』
  34. ^ #S1704四水戦日誌(1)p.8『一日1804那珂ハX島作戦中敵潜ノ雷撃ヲ受ケ右舷中部ニ一本命中発揮可能速力概ネ十節トナリタリ即チ十六戦隊九驅等ノ護衛ヲ受ケ2230X島発3日1340「バンタム」泊地ニ帰投セリ尚4sdハ2日0000ヲ以テ蘭印部隊ヨリ除カレタリ』
  35. ^ 戦史叢書26巻622頁
  36. ^ a b 日本軽巡戦史、222頁「那珂のその後」
  37. ^ #S1704四水戦日誌(3)p.6『(二)第四水雷戦隊艦隊編成 (2)6月15日 那珂第四水雷戦隊ヨリ除カル』
  38. ^ 高松宮日記4巻、202頁[注釈 4]

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030041200 『昭和17年1月1日~昭和17年9月30日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌第3戦隊(3)』。
    • Ref.C08030080200 『昭和17年3月1日~昭和17年5月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030080300 『昭和17年3月1日~昭和17年5月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030080400 『昭和17年3月1日~昭和17年5月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030052900 『昭和17年3月10日~昭和17年7月31日 第16戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030053000 『昭和17年3月10日~昭和17年7月31日 第16戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030053100 『昭和17年3月10日~昭和17年7月31日 第16戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030111600 『昭和17年3月1日~昭和17年4月1日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030111700 『昭和17年3月1日~昭和17年4月1日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030111800 『昭和17年3月1日~昭和17年4月1日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030111900 『昭和17年3月1日~昭和17年4月1日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030112000 『昭和17年3月1日~昭和17年4月1日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030112300 『昭和17年4月1日~昭和17年6月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(1)』。
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年7月。
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年3月。
  • 木俣滋郎 『日本軽巡戦史』 図書出版社、1989年3月。
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第四巻 昭和十七年一月一日〜昭和十七年九月三十日』 中央公論社、1996年7月。ISBN 4-12-403394-X
  • 原為一 『帝国海軍の最後』 河出書房新社、2011年7月(原著1955年)。ISBN 978-4-309-24557-7
  • レオンス・ペイヤール著、長塚隆二訳 「シーウルフ(SS197)と日本潜水艦 一九四二年四月一日」『潜水艦戦争 1939-1945』 早川書房、1973年12月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』第26巻、朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 大本營海軍部・聯合艦隊<2> ―昭和17年6月まで―』第80巻、朝雲新聞社、1975年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 陸海軍年表 付 兵器・兵語の解説』第102巻、朝雲新聞社、1980年1月。

関連項目[編集]