新民主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新民主義(しんみんしゅぎ)とは、国民党の三民主義及び共産党の共産主義への対向として、日本の傀儡政権である中華民国臨時政府が唱道した、東洋思想を基に西洋思想を導入した新しい主義である[1][2]。「新民」とは、儒教経書の一つである大学にある「大学之道、在明明徳、在新民、在止於至善」つまり、「明徳を明らかにし、民を新たにす」という故事に由来している[1]

新民主義では、「独立の自由は唯自力更生によつて始めて成功し得る」とされていた[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 国立臣新民学院初探 島善高 1997年10月
  2. ^ 「新民主義」に対する批判的考察 彭程 2010年3月
  3. ^ 新民叢編: 新民主義の立場より三民主義を批判す 1938年 中華民国新民会出版部