柿本権一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 柿本 権一郎
生誕 1891年(明治24年)3月18日
日本の旗 日本和歌山県
死没 1977年(昭和52年)2月28日
所属組織 日本海軍
軍歴 1913年(大正2年) - 1944年(昭和19年)
最終階級 海軍少将
テンプレートを表示

柿本 権一郎(かきもと ごんいちろう、1891年3月18日 - 1977年2月28日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍少将

経歴[編集]

農業・柿本助五郎の息子として生れる。五条中学校を経て、1913年12月、海軍兵学校41期)を卒業。2年次に学術優等章を授与された。翌年12月、海軍少尉任官。1920年11月、海軍水雷学校高等科を卒業し、第2水雷戦隊付兼参謀などを経て、1925年11月、海軍大学校(甲種23期)を卒業した。

比叡」通信長、佐世保鎮守府付、「霧島」通信長、軍令部出仕(第2班第4課)、水雷学校教官、海軍通信学校教官、海軍技術研究所員、艦政本部出仕、欧米出張、軍令部出仕(第4班第10課)などを経て、1935年11月、海軍大佐に進級。この間の1929年に日本初の暗号機械の製作に成功し、この機械はロンドン海軍軍縮会議で使用された[1]

横須賀鎮守府付、「間宮艦長、「高崎」「剣埼」の各艤装員長、軍令部出仕兼第4部第11課長、兼大本営通信部第12課長、軍令部課長、軍令部特務班長、兼第1連合通信隊司令官、大本営通信部特務班長などを務め、1941年10月に海軍少将となった。1944年12月、予備役に編入された。

のち二光電気社長に就任した。

脚注[編集]

  1. ^ 『聯合艦隊作戦室から見た太平洋戦争』P257

参考文献[編集]

  • 菊池玄一編『覚書・柿本権一郎その時代』
  • 明治百年叢書『海軍兵学校沿革・第2巻』原書房
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版
  • 中島親孝『聯合艦隊作戦室から見た太平洋戦争光人社NF文庫