残留日本兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

残留日本兵(ざんりゅうにっぽんへい)とは、第二次世界大戦の終結に伴う現地除隊ののちも日本へ帰国せずに現地に残留した旧日本軍の将兵を指す。

概要[編集]

アジア諸国に駐留した旧日本軍将兵は1945年8月の終戦により現地で武装解除、除隊処分とされ、日本へ帰国し復員した。しかし、その一方で様々な事情から連合国軍の占領下におかれた日本に戻らず、現地での残留を選んだ将兵も多数存在した。

  1. 終戦を知らされず、あるいは信じず現地で潜伏し作戦行動を継続したもの。
  2. 第二次世界大戦後、各地で勃興した独立運動に身を投じたもの。
  3. 市街地への空襲原子爆弾による日本本土の惨状を伝え聞き、家族の生存や帰国後の生活を絶望視したもの。
  4. 現地人と婚姻関係を持ったもの。
  5. 日本で戦犯として裁かれることを恐れたもの。

その他、多くの理由により日本本土への帰国を断念し、現地にて生活基盤を築くことになった。 なお、日本国政府は彼らを脱走兵扱いとし軍人恩給も死後の遺族恩給も支払っていない。

中国[編集]

中国大陸では、残留日本軍が非軍人の在留日本人とともに多数が国民党軍共産党軍に参加し、国共内戦を戦った。山西省では国民党軍に軍人・非軍人合わせ約2600人の日本人が参加し、終戦後も4年間にわたり戦闘員として戦った(中国山西省日本軍残留問題)。また、八路軍支配地域では旧日本陸軍の飛行隊長を始めとする隊員300名余りが教官となってパイロットを養成した(東北民主連軍航空学校)。 

インドネシア[編集]

第二次世界大戦終結後、インドネシアでは日本軍から多くの武器が独立派の手に渡り、再植民地化を試みたオランダとの間に発生したインドネシア独立戦争では、旧日本軍将兵が独立軍の将兵の教育や作戦指導するとともに、自ら戦闘に加わるなどした。戦後、インドネシアでは多くの元日本兵が独立戦争への功績を讃えて叙勲されている。

インドネシア残留日本兵が作った互助組織「福祉友の会」は、日本に留学する日系インドネシア人学生に奨学金を与えるなど、日本とインドネシアの架け橋としての役割も果たした。元残留日本兵は、毎年行われるインドネシアの独立式典にも呼ばれているが、死亡したり、高齢で体調が悪化したりなどで参加者は減っていき、2014年の式典には1人も参加できなかった[1]

2014年8月25日、小野盛(インドネシア名:ラフマット)が94歳で死去した。小野は、行方不明者を除くと、最後の残留日本兵とされ、これで所在が確認できるインドネシアの残留日本兵は全員死亡したとされる[2][3]。小野の葬儀はインドネシア国軍が執り行い、にはインドネシアの国旗が被せられ、カリバタ英雄墓地埋葬された[4]

ベトナム[編集]

ベトナムでは700人から800人の日本兵が残留し[5]、ベトナム独立戦争中の1946年に設立されたクァンガイ陸軍中学などいくつかの軍事学校で旧日本陸軍将校・下士官による軍事教育が行われた。ベトナム独立戦争に参加して戦死した旧日本兵には烈士墓地に顕彰されているものもいる[6]

潜伏していた日本兵[編集]

残留した現地に同化したものや、独立運動などに参加したものの他に、ジャングルなどに潜伏した日本兵も存在しており、アメリカ合衆国グアム島に1972年まで潜伏していた横井庄一軍曹や、フィリピンルバング島に1974年まで潜伏していた小野田寛郎陸軍少尉らの事例がある。

近年でも『終戦を知らずにジャングルの奥地で身を潜めている』残留日本兵発見の情報がインドネシアやフィリピン等の旧日本軍が展開した地域で流れる事があるが、大半の情報は不確かで真実が甚だ疑わしい(厚生労働省の見解より)。2005年5月、フィリピンのミンダナオ島に2人の日本兵が生存していると大々的に報じられたが、何の証拠も出なかったために大使館員や厚生労働省の担当者は現地を引き上げた。

主な残留日本兵一覧[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]