残留日本兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

残留日本兵(ざんりゅうにっぽんへい)とは、第二次世界大戦の終結に伴う現地除隊ののちも日本へ帰国せずに現地に残留した旧日本軍の将兵を指す。

概要[編集]

アジア太平洋の各地に駐留した旧日本軍将兵は1945年8月の終戦により現地で武装解除、除隊処分とされ、日本政府の引き上げ船などで日本へ帰国し復員した。しかし、その一方で様々な事情から連合国軍の占領下におかれた日本に戻らず、現地での残留や戦闘の継続を選んだ将兵も多数存在した。

  1. 終戦を知らされず、あるいは信じず[1]現地で潜伏し作戦行動を継続したもの。
  2. 第二次世界大戦後、欧米諸国の植民地に戻ったアジアの各地で勃興した独立運動に身を投じたもの。
  3. 市街地への空襲原子爆弾による日本本土の惨状を伝え聞き、家族の生存や帰国後の生活を絶望視したり、復員船は撃沈されるというデマを信じたもの[2][3]
  4. 現地人と婚姻関係を持ったもの[4]
  5. 日本で戦犯として裁かれることを恐れたもの[5]
  6. 捕虜収容所からの脱走[6]、或いは終戦後の部隊内でのトラブルから復員前に逃亡し[7]、そのまま現地に定住したもの。
  7. 現地語の話者である[8]、あるいは土地勘や地縁があり[9]、復員するよりも現地社会で生きていくことを望み、残留したもの[10]
  8. 技師やビジネスマンとしての才覚を買われ、現地政府に招聘を受ける[11]、或いは半強制的に現地に留め置かれる[12]形で残留したもの。

その他、多くの理由により日本本土への帰国を断念し、現地にて生活基盤を築くことになった。なお、日本国政府は彼らを「脱走兵」扱いとし、軍人恩給も死後の遺族恩給も支払っていない。

大阪経済法科大学で教鞭の傍ら研究・執筆活動を行っている林英一は、残留日本兵の総数は各国合計で約1万人であったとしている。

中国[編集]

中国大陸では、残留日本軍が非軍人の在留日本人とともに多数が国民党軍共産党軍に参加し、約5600人が国共内戦を戦った[13]。山西省では国民党軍に軍人・非軍人合わせ約2600人の日本人が参加し、終戦後も4年間にわたり戦闘員として戦った(中国山西省日本軍残留問題)。また、八路軍支配地域では旧日本陸軍の飛行隊長を始めとする隊員300名余りが教官となってパイロットを養成(東北民主連軍航空学校)、総勢で約3000名の日本人が参加した[14]

蘭印(インドネシア)[編集]

第二次世界大戦終結後、スカルノが独立宣言をしたにも拘らず、旧宗主国オランダが再植民地化を試みイギリスなどの支援を受けてインドネシア独立戦争が勃発したインドネシアでは、日本軍から多くの武器が独立派の手に渡り、旧日本軍将兵が独立軍の将兵の教育や作戦指導をするとともに、自ら戦闘に加わるなどした。独立戦争の終結後、インドネシアでは多くの元日本兵が独立戦争への功績を讃えて叙勲されている。インドネシア残留日本兵は記録の上では総勢で903人とされている[14]

インドネシア残留日本兵が作った互助組織「福祉友の会」は、日本に留学する日系インドネシア人学生に奨学金を与えるなど、日本とインドネシアの架け橋としての役割も果たした。元残留日本兵は、毎年行われるインドネシアの独立式典にも呼ばれているが、死亡したり、高齢で体調が悪化したりなどで参加者は減っていき、2014年の式典には1人も参加できなかった[15]

2014年8月25日、小野盛(インドネシア名:ラフマット)が94歳で死去した。小野は、行方不明者を除くと、最後の残留日本兵とされ、これで所在が確認できるインドネシアの残留日本兵は全員死亡したとされる[16][17]。小野の葬儀はインドネシア国軍が執り行い、にはインドネシアの国旗が被せられ、カリバタ英雄墓地埋葬された[18]

仏印(ベトナム)[編集]

フランス植民地支配下に戻ったベトナムでは、700人から800人の日本兵が残留[19]するとともに航空機や戦車をはじめとした兵器が残され、ベトナム独立戦争中の1946年に設立されたクァンガイ陸軍中学などいくつかの軍事学校で旧日本陸軍将校・下士官による軍事教育が行われた。ベトナム独立戦争に参加して戦死した旧日本兵には、烈士墓地に顕彰されているものもいる[20]。日本に帰国した日本兵の一部には後にベトナムから勲章を授与された者もいる。また日本ベトナム友好協会等の団体を設立し両国の友好関係を続ける。

フランス領インドシナの構成国であったラオスやカンボジアでも残留日本兵は存在したが、ベトナムに比べればその数は僅かであるとされている[21]

マリアナ諸島[編集]

第一次世界大戦後、日本の委任統治領となった北マリアナ諸島サイパン島北方のアナタハン島に駐在していた軍人や民間人数十人が、終戦後にアメリカ軍から拡声器で終戦の通告を受けたものの、それを信じずそのまま自給自足の生活を続け、またその後彼らの存在を忘れたアメリカ軍はそのまま放置した。後に島に残った1人の女性を巡り残留者同士で殺し合った後、1950年6月と1951年6月にアメリカ軍に救出されるまで在留を続けた(アナタハンの女王事件)。

マラヤ(マレーシア・シンガポール)[編集]

マラヤ共産党(マラヤ人民抗日軍)による英国(マラヤ連合)に対する独立闘争に共感したものや、捕虜収容所から脱走したものを中心に、約200-400名が残留日本兵となった[14]。マラヤ共産党やマラヤ民族解放軍に参戦したこれらの残留日本兵の闘争記録は、インドネシア独立戦争に参加したものの記録と比較して、体系だった研究や資料が成された例が乏しく、その実態は明らかになっていない事も多い[22]

タイ・ビルマ[編集]

インパール作戦の激戦地であった泰緬国境地帯には、敗走中に部隊から落伍、或いは逃亡し行方不明となった末に現地に定住したり、『ビルマの竪琴』の水島上等兵のように戦友の慰霊の為に現地に留まる形で残留日本兵が約1000名発生した[14]。これらの残留日本兵の記録は、2009年に松林要樹によりドキュメンタリー映画「花と兵隊」にて取り上げられたが[23]、同年1月26日に藤田松吉[24]、10月26日に中野弥一郎が相次いで逝去したことで、同国の残留日本兵は一人もいなくなった。

中野を題材とした著作、『帰還せず 残留日本兵六〇年目の証言』を著した青沼陽一郎によれば、青沼が2005年時点で取材したアジア各国の14人の残留日本兵は、2014年にインドネシアで小野が逝去した段階で生存者が一人もいなくなったという[25]

ソ連・モンゴル[編集]

上記の大東亜戦争における日本の敗戦に伴い発生した事例とは異なり、ソビエト連邦モンゴル人民共和国には大東亜戦争勃発以前から「残留日本兵」が存在していた。その殆どはノモンハン事件の際に捕虜となり、共産主義に転向したり、現地のロシア人女性と結婚するなどして、共産圏の民として生きる事を決意したものたちであった[26]。シベリア抑留の折に、少なからぬ抑留日本兵がこうした残留日本兵に遭遇しており、抑留日本兵の中からも共産主義に転向してそのまま現地に残留するものも現れ[27]、最終的に約800名が残留日本兵となった。

潜伏していた日本兵[編集]

残留した現地に同化したものや、独立運動などに参加したものの他に、ジャングルなどに潜伏し終戦を知らずに戦闘を継続した日本兵も存在しており、アメリカ合衆国グアム島に1972年まで潜伏していた横井庄一軍曹や、フィリピンルバング島に1974年まで潜伏していた小野田寛郎陸軍少尉らの事例がある。

近年でも『終戦を知らずにジャングルの奥地で身を潜めている』残留日本兵発見の情報がインドネシアやフィリピン等の旧日本軍が展開した地域で流れる事があるが、大半の情報は不確かで真実が甚だ疑わしい(厚生労働省の見解より)とされる。こうした残留日本兵を巡る報道で特に著名なものは2005年5月27日、フィリピンのミンダナオ島旧陸軍第30師団に所属しフィリピンの戦いで戦死したとされていた2人の日本兵及び、戦後2人の主治医として現地で活動していた旧陸軍軍医の計3名が生存していると大々的に報じられた[28][29][30][31]ものである。現地に出入りしていた複数の日本人が仲介役となって日本大使館に伝聞されたこの情報は、最終的に生存の未確認情報が57人にまで膨れ上がったが[32]、現地はモロ・イスラム解放戦線新人民軍[33]の活動地域で詳細な調査が困難であった上に[29]、日本人仲介者に最初に情報を伝聞した複数の現地人仲介者の信憑性に疑義が示され[34][35][36]、その後の調査でも本人への面会も含めて何の証拠も出なかったために大使館員や厚生労働省の担当者は現地ジェネラル・サントスを引き上げ、報道も終息した[37][38][39][40]

前述の通り、インドネシアは2014年の小野盛の死去で公式には残留日本兵は一人もいなくなったとされており、フィリピンでは山下財宝M資金などの詐欺や[41]残留日本人と主張する現地人の国籍認定問題と関連する形で残留日本兵の未確認情報が氾濫しているとされるが、在比日本大使館は2015年現在も僅かでも残留日本兵の情報があればその都度調査を行っているという[42]

なお、厚生労働省は残留日本兵になったと推測される、戦死記録が無く引揚げを含む戦後の消息が正確に確認できない元日本兵が、2005年4月時点で21人いたとしており、内訳は中国16人、旧ソ連2人、樺太・ビルマ・ベトナムが各1人とされていた[32]

フィリピン[編集]

フィリピン防衛戦の結果、1945年2月にフィリピンのほぼ全域がアメリカ軍の勢力圏に戻ったが、その後も相当数の日本軍兵士がゲリラ戦及び諜報を目的にフィリピンの各地に残留した。同年8月に日本が無条件降伏したことを知らされなかった兵士の多くが、その後独立したフィリピンの各地で戦いを続けた。しかしその後、終戦を知りフィリピン軍警察に投降したり、銃撃戦の末に射殺されたりして数が減っていき、1974年3月10日に、最後まで残った小野田寛郎が元上官からの命令を受けてフィリピン軍に投降しその後帰国した。

ミンダナオ島では、2005年5月の残留日本兵騒動以前より複数の残留日本兵の未確認情報が現地で噂されており、1972年8月と1973年11月の二度にわたり厚生省の調査班が現地に入り調査を行ったが、結局発見には至らなかったという経緯があり[32]、一般には『最後の日本兵』とも渾名された小野田の帰還を以て、フィリピンには残留日本兵は存在しなくなったと見なされている。

グアム[編集]

1944年8月に行われたグアムの戦いで、グアム島はアメリカの手に戻ったが、その後も生き残った一部の兵士は山中に撤退しアメリカ軍に対してゲリラ戦を行っていた。しかし、1945年8月に日本軍の無条件降伏したことを知らされないまま残留した兵士もいた。その後彼らはジャングルや竹藪に自ら作った地下壕などで生活したが、病気や現地の警官との銃撃戦などで数が減っていき、最後に残った横井庄一が1972年1月24日に発見され、同年2月2日に満57歳で日本に帰還した。

主な残留日本兵一覧[編集]

出典[編集]

  1. ^ 林、2012年、26頁。ベトナム。
  2. ^ 林、2012年、63-66頁。インドネシア、ベトナム。
  3. ^ 林、2012年、63-66頁。インドネシア、ベトナム。
  4. ^ 林、2012年、58-59頁。タイ。
  5. ^ 林、2012年、53頁。インドネシア。
  6. ^ 林、2012年、70頁。ラオス。
  7. ^ 林、2012年、71頁。インドネシア。
  8. ^ 林、2012年、48頁。インドネシア。
  9. ^ 林、2012年、60頁。インドネシア、タイ。
  10. ^ 林、2012年、39頁。インドネシア。
  11. ^ 林、2012年、90-92頁。中国、満州、ベトナム。
  12. ^ 林、2012年、48頁。インドネシア。
  13. ^ 林、2012年、197頁。
  14. ^ a b c d 林、2012年、34-35頁。
  15. ^ 独立69周年祝う 政府関係者、大使見守る ユドヨノ政権最後”. じゃかるた新聞 (2014年8月18日). 2014年9月6日閲覧。
  16. ^ 最後の元残留日本兵 死去 小野盛さん、享年94歳 英雄墓地に埋葬”. 朝日新聞 (2014年8月25日). 2014年9月6日閲覧。
  17. ^ “最後の元残留日本兵、小野盛さん死去 インドネシア独立戦争に参加”. サンケイビズ. (2014年8月25日). http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/140825/bsi1408251500002-n1.htm 2014年9月6日閲覧。 
  18. ^ 元残留日本兵の小野盛さん死去”. じゃかるた新聞 (2014年8月26日). 2014年9月6日閲覧。
  19. ^ 井川一久 2005, p. 7
  20. ^ 井川一久 2005, p. 8
  21. ^ 立川京一『インドシナ残留日本兵の研究防衛研究所、47頁。
  22. ^ 原不二夫『マレーシアの残留日本兵』「アジア研究 第38巻(1991-1992) 1 号」79-94頁。
  23. ^ 映画評論 花と兵隊
  24. ^ タイで遺骨収集した未帰還日本兵・藤田松吉氏逝去 - 今日の出来事ロジー - Yahoo!ブログ
  25. ^ 悲しいこと〜最後の残留日本兵の死〜 - 是々非々にて候。
  26. ^ 林、2012年、221-233頁。
  27. ^ 林、2012年、224頁。
  28. ^ 産経新聞『「旧日本兵2人 比で生存」ミンダナオ島 引き揚げできず山岳に』2005年5月27日。
  29. ^ a b 共同通信『比で旧日本兵2人生存か 大使館員が面会へ』『帰りたいが軍法会議心配 現地女性に元軍医語る』2005年5月27日。
  30. ^ 朝日新聞『大阪のYさん、高知のNさんか 「旧日本兵」確認へ』『旧日本兵と面会できず 大使館・厚労省、確認急ぐ』2005年5月27日。
  31. ^ スポーツニッポン『厚労省「自らの意思で現地に残ったのなら帰国費用の公費負担はない」』2005年5月29日。
  32. ^ a b c 毎日新聞『<旧日本兵>「数十人生存」情報も 半数が帰国希望』2005年5月27日。
  33. ^ 共同通信『「でっち上げの可能性」 治安当局者と地元紙』2005年5月29日。
  34. ^ 毎日新聞『元日本兵:大使館員撤退を検討 仲介者情報あいまい』2005年5月29日。
  35. ^ 東京新聞『仲介男性を「信頼できず」比の旧日本兵問題』2005年5月30日。
  36. ^ 朝日新聞『旧日本兵情報、どこから? 戦友会長、「ゲリラ」と接触』2005年5月30日。
  37. ^ 朝日新聞『大使館員ら引きあげ、関係者に落胆広がる 旧日本兵情報』2005年5月30日。
  38. ^ 読売新聞『元日本兵情報進展なし、政府関係者全員が現地撤収』2005年5月30日。
  39. ^ 毎日新聞『元日本兵: 1人は「日本人でなかった」 大使館員撤退へ』2005年5月30日。
  40. ^ 時事通信『大使館員ら撤収=仲介者も帰国へ-元日本兵捜し』2005年5月30日。
  41. ^ 東京新聞『フィリピン『生存情報』氾らんの背景』2005年5月31日。
  42. ^ フィリピンへ元日本兵を探しに行きました - Readyfor
  43. ^ 中原光信氏死去 元日越貿易会会長 47News 2003/07/13
  44. ^ MILITARY CLASSICS (ミリタリー・クラシックス) 2017年12月「栄光なき敗者の栄光」

参考文献[編集]

関連項目[編集]