尋ね人の時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

尋ね人の時間(たずねびとのじかん)は、昭和中期に放送されたNHKラジオの番組の通称。正式名称は尋ね人(たずねびと)[1]。「『尋ね人』の時間です」とアナウンスされたことから、『尋ね人の時間』が番組の呼称として親しまれた[2]

この項目では、同時期に並行して[1]放送された復員だより(ふくいんだより)、引揚者の時間(ひきあげしゃのじかん)についても記述する。

概要[編集]

『尋ね人』『復員だより』『引揚者の時間』の3番組は、聴取者から送られた、第二次世界大戦太平洋戦争)の混乱の中で連絡不能になった人物の特徴を記した手紙の内容をアナウンサーが朗読し、消息を知る人や、本人からの連絡を番組内で待つ内容であった。当初は対象者別に以上の番組が設けられていたが、やがて『尋ね人』に集約した。

放送期間中に読み上げられた依頼の総数は19,515件であり、その約1/3にあたる6,797件が尋ね人を探し出せたとされる[1]

内容[編集]

依頼人の手紙の内容が端的にまとめられ、番組の題に即した要旨がアナウンサーによって淡々と抑揚なく読み上げられた。

具体的には、次のような読み上げが行われた。

  • 昭和20年春、○○部隊に所属の××さんの消息をご存じの方は、日本放送協会の『尋ね人』の係へご連絡下さい。
  • シベリア抑留中に○○収容所で一緒だった○山○夫と名乗った方をご存じの方は、日本放送協会の『尋ね人』の係へご連絡下さい。
  • 満州国竜江省チチハル市の○○通りで鍛冶屋をされ、「△△おじさん」と呼ばれていた方。上の名前(あるいは、苗字)は判りません。
  • ラバウル航空隊に昭和19年3月まで居たと伝え聞く○○さん、××県の△△さんがお捜しです。
  • 昭和○○年○月に舞鶴港に入港した引揚船雲仙丸」で「△△県の出身」とおっしゃり、お世話になった丸顔の○○さん。
  • これらの方々をご存じの方は、日本放送協会まで手紙でお知らせ下さい。手紙の宛先は東京都千代田区内幸町、内外(うちそと)の内、幸いと書いて「うちさいわいちょう」です。

対象者は復員兵引揚者シベリア抑留者、戦中時に知り合った兵隊仲間など様々であり、依頼者の多くは同様の立場や境遇にあったか、戦時・戦後の混乱でやむを得ず離別した人であった。関係性でみると、依頼人と対象者とは親族、友人、戦友、知り合い同士などであった。なかには、日本に復員したにもかかわらず本人の意思で故郷に戻らない傷痍軍人や、復員していない残留日本兵と思われる者を尋ねる内容もあったという[要出典]

依頼の中には、GHQに所属する日系二世の駐留軍人からのものもあったという。しかし、CIE局員のフランク・正三・馬場(馬場も日系二世である)が、アメリカ国籍者からの依頼は、対応すべきでないと判断したために、採用が見送られたとされる[3]

放送時期・時間[編集]

  • 復員だより - 1946年(昭和21年)1月から1947年(昭和22年)2月[4]。終了時期は南方からの復員が一段落した時期と重なる
  • 尋ね人 - 1946年(昭和21年)7月1日[5]から1962年(昭和37年)3月31日[4][6]
  • 引揚者の時間 - 1947年(昭和22年)7月から1957年(昭和32年)3月[7]

放送時間の全容については、たびたび移動していたとみられたり、同時期資料での記述がまちまちであったりして、はっきりしない[8]

ただ、ある程度の期間単位で定時放送されていたために、多くの人が流しっぱなしのラジオから一度はこの番組を耳にした経験があるといわれ、民間のラジオ放送開局後も聴取率は90%であったとされている[要出典]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『放送の五十年 昭和とともに』 NHK, ASIN: B000J8VU5C、日本放送出版協会(原著1977年3月20日)、133頁。
  2. ^ 『「放送文化」誌にみる昭和放送史』 日本放送出版協会(原著1990年3月20日)、75頁。ISBN 14-007160-5。
  3. ^ 石井清司 『日本の放送をつくった男 フランク馬場物語』 毎日新聞社(原著1998年10月30日)、168頁。ISBN 4-620-31247-9
  4. ^ a b 広告景気年表 1946年 電通
  5. ^ 『NHKラジオ年鑑 昭和25年』日本放送出版協会、1951年。なお、放送開始年度の『ラジオ年鑑 昭和23年』では、放送開始日を『復員だより』とともに「1946年7月16日」としている。
  6. ^ 日本放送協会編『放送五十年史』日本放送出版協会、1977年、p.227
  7. ^ 広告景気年表 1947年 電通
  8. ^ 例えば、1960年(昭和35年)の放送時間について、『NHK年鑑 1962』では、ラジオ第1放送で月曜日から土曜日の午後4時25分から29分に放送したとされているが、同資料の付録「番組時刻表」では月曜日から金曜日までは午後4時30分から35分、土曜日は午後4時29分から30分と、食い違っている。
  9. ^ 1994.4、テレビ朝日系、「戦後50年企画~尋ね人の時間~」”. インタースコープ、中嶋昇のプロフィール (2006年5月17日). 2010年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年12月10日閲覧。
  10. ^ 井上ひさし|こまつ座 主な上演戯曲”. こまつ座. 2015年9月6日閲覧。
  11. ^ すばる』2007年3月号

関連項目[編集]