アナタハン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナタハン島
Anatahan volcano.jpg
座標 北緯16度21分 東経145度40分 / 北緯16.350度 東経145.667度 / 16.350; 145.667
面積 31.21 km²
最高標高 787 m
所在海域 フィリピン海
太平洋
所属諸島 マリアナ諸島
所属国・地域 北マリアナ諸島の旗 北マリアナ諸島
テンプレートを表示

アナタハン島(Anatahan)はマリアナ諸島火山。北緯16度、東経145度に位置し、南東約53kmにファラリョン・デ・メディニラ島、北北東約35kmにサリガン島がある。

概要[編集]

島の形は東西12km、南北4kmと東西に長い島で、島の最高点は787m。面積は31.21平方kmで、北部諸島ではパガン島に次いで大きい。

マリアナ諸島を日本が領有していた時代には日本人入植者もおり、島民を使いヤシの栽培がおこなわれていた。第二次世界大戦末期、島民は島から脱出したが、一方で難破船から避難していた日本人がこの島に漂着した。1945年から1950年までの間、島ではアメリカ軍の降伏の呼び掛けに応じない日本人男性多数と女性一人が共同生活をしていたが、その間に男性が次々といなくなる事件が発生した(アナタハンの女王事件)。

日本人が引き上げた後に元島民らが帰還した。島の火山に噴火したという記録や言い伝えはなかったが、1990年4月に島で火山性地震が多発したため、島民22名は全員サイパン島に避難した。その後避難命令が解除され何人かは島に戻ったが、2003年5月11日2005年4月6日に大規模な噴火を起こし、島民は再び避難生活を余儀なくされている。2007年から2008年にかけても噴火が起こっている。

火山[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯16度13分 東経145度24分 / 北緯16.21度 東経145.40度 / 16.21; 145.40