大場栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大場 栄
Oba Sakae portrait.JPG
大場栄(1937年 陸軍歩兵曹長時代)
生誕 1914年3月21日
日本の旗 日本 愛知県蒲郡市
死没 (1992-06-08) 1992年6月8日(満78歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1934 - 1945
最終階級 大尉
テンプレートを表示

大場 栄(おおば さかえ、1914年3月21日 - 1992年6月8日) は、大日本帝国陸軍軍人実業家政治家。最終階級大尉有限会社丸栄産業代表取締役蒲郡市議会議員愛知県蒲郡市出身[1]

年譜[編集]

1945年12月1日 サイパン 投降式典後

小説・映画[編集]

大場と大場隊の活躍は、元アメリカ合衆国海兵隊隊員ドン・ジョーンズ著の『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日(原題『OBA, THE LAST SAMURAI Saipan 1944-1945』)』(1982年刊行。中村定訳、祥伝社)としてノンフィクション小説となった。

2011年にはそれを原作とする映画『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』(監督平山秀幸)が公開され、竹野内豊が大場役を演じた[3]

関連書籍[編集]

大場栄と峯子の戦火のラブレター』 水谷眞理、竹内康子(編集)、古池もも(イラスト)、水谷眞理(監修)2011年2月刊行。 これから出版 ISBN978-4-903988-02-3

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]