日向勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日向 勝(ひゅうが まさる)は、日本および中華人民共和国の軍人。中国人民解放軍では林勝と名乗っていた。

経歴[編集]

1942年豊橋陸軍予備士官学校卒業(砲兵科)。第34師団配属。1943年少尉任官、警備小隊長となる。終戦後は八路軍に参加。1946年2月、淮海新四軍砲兵部隊教育統括責任者となる。八路軍は砲兵部隊がなかったため、一定の文化水準のある将兵を集めて砲兵の教育を基礎から行った。1946年7月、新四軍砲兵部隊作戦参謀。1948年1月、二九軍へ転属。淮海戦役に参加する。1949年9月、二九軍砲兵団第一営隊長(大隊長)、渡江戦役などに参加する。第三野戦軍砲兵連隊の作戦参謀や大隊長、砲兵学校教育科長などを務めた。1951年、再び砲兵学校教育科長。同年、第四野戦軍医療部隊で看護婦をしていた日本人女性と結婚する。最終的に団級にまで上り詰めた。 1958年に日本に帰国する。帰国後は日中旅行会社関西支社長代理などを務める。

参考文献[編集]