ミイトキーナの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミイトキーナの戦い
C47 releases rations near Myitkyina.jpg
補給物資を投下するアメリカ軍の輸送機
戦争太平洋戦争 / 大東亜戦争
年月日1944年5月17日 - 8月3日
場所:ビルマ(現在のミャンマー
結果:連合軍の勝利
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 中華民国の旗 中華民国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
指導者・指揮官
大日本帝国の旗水上源蔵
大日本帝国の旗丸山房安
アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・スティルウェル
損害
 2,400人死傷 米軍戦死者272名、傷病1,935名
中国軍戦死者972名、傷病3,372名
ビルマの戦い

ミイトキーナの戦いは、1944年にビルマミイトキーナミッチーナーに対する当時の日本での呼称)とその周辺地域をめぐって行われた戦闘。日本軍アメリカ軍国民革命軍とが戦った。

背景[編集]

1942年の日本軍のビルマ侵攻により、重慶の国民党政権への補給ルート(援蒋ルート)は空路(ハンプ超え)を残して遮断された。 ルーズベルト米大統領はこれについて、新しい陸路の援蒋ルートであるレド公路の開設は全ビルマの奪還より重要だと言明していた。 レド公路は1943年2月末にはビルマ国境にまで完成していた。 その後雨期により工事は中止されたが雨期明けの1943年末にジョセフ・スティルウェル中将率いる新編中国軍が日本軍の第18師団が守備するフーコン谷に侵攻し、ミイトキーナ目指して前進した。 フーコンにおいて第18師団は持久戦を行ったため、連合国軍はさっぱり前進できなかった。またルイス・マウントバッテン 中将率いるイギリス軍は北ビルマでの戦線拡大に反対であり、北ビルマでの連合国軍の主力はスティルウェル指揮下の中国軍インド遠征軍とアメリカ軍のガラハッド部隊だった。

スティルウィルとしては雨期の前にミイトキーナを占領したいところであり、空挺作戦によるミイトキーナ占領を計画した。

ミイトキーナはマンダレーから北上する鉄道路線の終点で、イラワジ川の水運の中継地であり、日本軍の飛行場があった。

この作戦はスティルウェルの独断で行われ、マウントバッテン中将らイギリス軍には事前に何も知らされなかったため、米中連合軍がミイトキーナを占領した後で作戦を知らされ憮然となった。

両軍の態勢[編集]

日本軍[編集]

ミイトキーナの守備隊は歩兵第114連隊(指揮官:丸山房安大佐)であった。 歩兵第114連隊の戦力はほとんどが周辺地域に散らばっており、ミイトキーナに残っていたのは歩兵2個中隊と砲兵や機関銃部隊など3個小隊で、総員700人弱だった。 別に通信兵・工兵・鉄道部隊・飛行場部隊・輜重・憲兵などが計1430人ほどと、野戦病院の入院患者が320人ほどいた。

連合国軍[編集]

挺進隊(コマンド部隊)の編成は以下の通り。

  • アメリカ軍第5307混成部隊:3個大隊
  • 中国軍新編第一軍:2個連隊及び砲兵や輜重兵など4個中隊
  • カチン人ゲリラ

作戦構想[編集]

日本軍[編集]

北ビルマの日本軍は3月初めにマンダレー・ミイトキーナ間に降下し、モールに陣地を構築したイギリス軍のチンディット部隊への対処に追われていた。

連合国軍[編集]

アメリカ軍がビルマ戦線への援軍として派遣していたコマンド部隊であるガラハッド部隊のうち3個大隊からなる挺進隊を編成。フーコン谷東方のクモン山系のジャングルを陸路で山越えさせてミイトキーナの飛行場を占領。空路で中国軍2~3連隊を輸送して陣地を確保する作戦だった。

ジャングル地帯で作戦行動中のガラハッド部隊。ビルマの山岳地帯では日本軍やイギリス軍・アメリカ軍も駄馬に頼った

経過[編集]

4月28日から30日にかけて、挺進隊は三つの部隊に別れてミイトキーナ目指して出発した。険しい山越えで駄馬の半数を失いながらも5月16日にミイトキーナ周辺に到着し、翌日10時に飛行場に突入、占領した。 飛行場を占領した挺進隊はコールサインである“Merchant of Venice(ヴェニスの商人)”を発信し、それを合図に増援部隊600人を載せたグライダーの大群が飛行場に着陸した。 丸山部隊はミイトキーナ市街に立て篭もって抵抗を続け、またモール付近で敵空挺部隊の掃討にあたっていた第三大隊とフーコン戦線に応援に来ていた第56師団の水淵大隊を加えて2000人程度の兵力となった。 ミイトキーナの米・中国軍を指揮するマッカモン准将は5月25日に日本軍陣地に総攻撃を仕掛けたが失敗したため、前線に視察に来たスティルウェル中将によって罷免させられ、後任はボードナー准将になった。 第33軍司令部は雲南方面での中国軍の反攻(拉孟・騰越の戦い)に際して第56師団主力を雲南方面に派遣していたが米中連合軍のミイトキーナ侵攻に際して水上源蔵少将の指揮する歩兵第113連隊二個大隊等を率いてミイトキーナを救援するよう命令したが、第56師団は余裕がなかったため水上少将に一個小隊と砲兵一個中隊を指揮下に与えてミイトキーナに派遣した。

名目上は水上少将がミイトキーナ守備隊の指揮官であったが、水上少将の手もちの部隊はごくわずかであったため、守備隊の実質的な指揮は丸山大佐が執った。

6月に入ってからはかねてから第33軍から通達されていた援軍である53師団主力がモガウン経由でミイトキーナへ進撃した。この部隊はミイトキーナ20kmの地点に達したが、市内突入の直前に第33軍の命でフーコン戦線に転進させられた。

ミイトキーナの米・中国軍は6月13日に総攻撃を開始したが日本軍の反撃で大損害を被り、撃退された。ボードナー准将も罷免され、後任はウェセルス准将になった。

一方第18師団はフーコンから撤退し、中国新一軍はモガウンを占領し、ミイトキーナへ進撃を始めた。

ビルマ戦線では日本軍のインパール作戦が失敗し、ビルマ方面軍としては作戦の重点を雲南方面に移して、インド・中国の地上連絡線の遮断を続けることになった。

第33軍は雲南方面で中国軍と決戦を交えることになったが、問題は北ビルマのミイトキーナが早期に陥落すれば背後を脅かされることであった。

第33軍は雲南遠征軍との決戦に先立ち、ミイトキーナ守備隊に対して電報で持久可能期間の見通しを質問したところ、「今後二ヶ月の持久は可能」と「長期にわたる持久は困難」という矛盾する報告が届いた。

第33軍は前電は水上少将の報告で後電は丸山大佐の報告だろうと推測した。

第33軍はミイトキーナ守備隊に対し「水上少将はミイトキーナを死守すべし」と命じた。 第33軍の参謀だった野口省己によるとこの文章を起案したのは、辻政信参謀で、同僚の安倍参謀が「水上少将は」から「水上部隊は」に校正しようとしたが、辻参謀に制止させられたという。後日この件については辻参謀から「以前ノモンハン事件で戦場から脱出してくる兵の処置に困ったことがあったので、水上少将は死守すべしと命じておけば謹厳な少将のことだから軍の真意を酌んで目的を達成するだろうし、万一脱出する将兵が出てもそれらが命令違反にならないようにこの文面にした」と説明されたという。

第56師団長の松山祐三中将はこの命令を伝え聞いて激怒したという。

米中連合軍も厳しい気候環境に苦しめられていた。7月12日に空軍の支援の下、総攻撃を開始したが日本軍の防戦と友軍の誤爆で大混乱の末に失敗した。とはいえ少しずつ日本軍を圧迫していった。

7月下句には守備隊の残存兵力は約1200名になっていた。

丸山大佐は水上少将に対してイラワジ川を渡河してマヤン高地に移動するべきだと申し述べ、同意を得た。

ミイトキーナ守備隊は8月2日から3日の満月の夜に渡河を開始した。水上少将は副官に丸山大佐宛に「敵線を突破脱出すべし」の命令文を託した後、自決した。

水上少将の副官から事を知らされた丸山大佐は軍医を水上少将自決の現場に派遣し、遺体を埋葬した上で小指を切って遺骨として持ち帰った。

丸山大佐の率いる残存部隊は9月15日に日本軍の勢力下のバーモにたどり着いた。

結果[編集]

連合国軍がミイトキーナを占領した結果、インドから中国の昆明に向かう航空輸送ルートは山越えを避け、より安全なルートを取ることができるようになった。 さらにレド公路打通にむけてバーモへ南下することができるようになった。

アメリカ軍はビルマ戦線の中国軍やイギリス軍への援軍として投入していた第5307混成部隊は1943年後半のフーコンでの戦いから1944年のミイトキーナ陥落までに全体の八割が死傷する大損害を負い、ビルマ戦線からアメリカの主要な地上部隊は撤退した。

ミイトキーナ守備隊が米・中連合軍を食い止めている間、フーコン戦線の第18師団はモガウンからの脱出に成功した。

参考文献[編集]

  • 『イラワジ会戦 ビルマ防衛の破綻』 防衛庁防衛研修所戦史室 編、朝雲新聞社〈戦史叢書25〉、1969年