五藤存知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
五藤存知

五藤 存知(ごとう ありとも、1888年明治21年)1月23日 - 1942年昭和17年)10月12日)は、大日本帝国海軍軍人海軍兵学校38期)卒。最終階級は海軍中将茨城県出身。

経歴[編集]

尾張国黒田の出身で、山内一豊に仕えた五藤為浄(通称吉兵衛)の子孫。父五藤近知と母加根の三男。父近知は水戸家の徳川斉昭に仕え、書家で水戸東照宮の明治に入っての初代宮司も務めた。妻恵津との間に美津、和子、尚子、たけ男、達子、厖(あつし)と六人いたが、和子、尚子、たけ男の三人は夭折。

同期に栗田健男三川軍一らがいる。専門は水雷戦術で、駆逐艦戦艦山城」・「陸奥」の艦長を歴任した。太平洋戦争開戦直前に第6戦隊司令官となり、開戦後はトラックへ進出してウェーク島攻略作戦珊瑚海海戦第1次ソロモン海戦に参加。

1942年10月12日、サボ島沖海戦で敵艦を僚艦と誤認、乗船していた重巡洋艦青葉」の艦橋に敵弾が命中して両足を吹き飛ばされ、出血多量で戦死した。享年54。戦死後、海軍中将へ昇進。

なお、最後まで同士討ちと信じていたらしく、「馬鹿者、馬鹿者」と言いながら絶命したと伝えられる。

年譜[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。

関連項目[編集]