冠島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
冠島
Kanmuri Island Aerial Photograph.JPG
冠島の空中写真(1975年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
Kanmuri Island.PNG
地理
場所 若狭湾
座標 北緯35度40分52秒 東経135度25分28秒 / 北緯35.68111度 東経135.42444度 / 35.68111; 135.42444座標: 北緯35度40分52秒 東経135度25分28秒 / 北緯35.68111度 東経135.42444度 / 35.68111; 135.42444
面積 0.22 km2 (0.085 sq mi)
海岸線 4 km (2.5 mi)
最高標高 169.7 m (556.8 ft)
行政
都道府県 京都府の旗 京都府
市区町村 舞鶴市の旗 舞鶴市
字野原
人口統計
人口 0
人口密度 0 /km2 (0 /sq mi)
追加情報
時間帯

冠島(かんむりじま)は、京都府舞鶴市若狭湾内に存在するである。

概要[編集]

別名を、大島雄島常世島(とこよじま)、竜宮島ともいう。

舞鶴市成生岬の北北西方、約10キロメートル沖の日本海にある無人島で、1924年(大正13年)にオオミズナギドリ繁殖地として、島全体が国の天然記念物に指定されている。また沓島とともに京都府指定冠島沓島鳥獣保護区(集団繁殖地)に指定されている(面積は両島合わせて471ha、うち特別保護地区44ha)。この島は、「オオミズナギドリ最後の楽園」と言われている。このため、基本的に島への立ち入りは禁止されているが、年に数回、調査のための立ち入りが許可されることがあるほか、毎年「雄島まいり」と称して、地元住民のお参りが行われている。

その他、島の近辺では近年ハンドウイルカカマイルカなども群れを成して回遊するようになった。

島自体は、安山岩を主に火山性の岩石で、周囲のほとんどが切り立ったになっており、タブノキなどの常緑広葉樹原生林で覆われている。また、島周囲の海底の一部には弥生時代に創られたといわれる遺跡のようなものの人工的痕跡があるが、その詳細ははっきりしない。

なお、舞鶴市の大浦半島五老岳の他にも丹後半島に位置する宮津市の奈具海岸や京丹後市経ヶ岬などからも、その島影を眺めることができる。

島データ[編集]

  • 総面積:0.22km2
  • 周囲:約4km
  • 標高:169.7m

所在地[編集]

  • 緯度経度:北緯35度40分40秒 東経135度25分40秒
  • 郵便番号:625-0155
  • 住所:京都府舞鶴市野原

関連項目[編集]

外部リンク[編集]