小柳冨次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小柳 冨次
Koyanagi Tomiji.jpg
生誕 1893年7月26日
日本の旗 日本 新潟県
死没 (1978-04-23) 1978年4月23日(84歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1915 - 1945
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

小柳 冨次[注釈 1](こやなぎ とみじ、1893年7月16日 - 1978年4月23日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

新潟県豊栄市(現・新潟市北区)出身。小柳杢次の長男として生れる。新発田中学校を経て、1914年12月、海軍兵学校42期)を卒業し、1915年12月、海軍少尉に任官。海軍水雷学校高等科で学ぶ。「」乗組、「第7号駆逐艦」(松風)水雷長などを歴任し、1926年11月、海軍大学校(甲種24期)を卒業。

第3戦隊参謀、「若竹艦長、海兵教官、第2水雷戦隊参謀、海軍水雷学校教官、海軍省教育局第2課局員、第1駆逐隊司令、海大教官、「磐手」艦長、第8駆逐隊司令、水雷学校教頭、「愛宕」艦長などを歴任し、「金剛」艦長として太平洋戦争を迎えた。

ミッドウェー海戦南太平洋海戦ガダルカナル島ヘンダーソン基地艦砲射撃などに参戦。1942年11月、海軍少将に進級し、第2水雷戦隊司令官、第10戦隊司令官などを勤める。1944年10月、第2艦隊参謀長として参加したレイテ沖海戦において戦傷を受け、重傷のため翌月に連合艦隊司令部付となった。その後、横須賀鎮守府付、水雷学校長などを歴任。1945年11月、海軍中将となり、同月、予備役に編入された。

著述物[編集]

レイテ沖海戦時の日本艦隊中央部隊(注:第一遊撃部隊、通称栗田艦隊)の作戦について63問に渡り陳述。

著書[編集]

  • 『太平洋海戦史論』〈アテネ文庫〉、弘文堂、1950年。
  • 『レイテ沖海戦』〈アテネ文庫〉、弘文堂、1950年。
  • 『栗田艦隊』潮書房、1956年。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和11年11月4日付 官報第2953号、昭和13年7月15日付 海軍辞令公報 (部内限) 号外 第212号、昭和16年8月15日付 海軍辞令公報(部内限)第691号、昭和20年11月22日付 海軍辞令公報 甲 第1989号ほか。「とみ」の字はわかんむりである。

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。