伊崎俊二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伊崎 俊二
Syunzi Izaki.jpg
生誕 1892年2月5日
日本の旗 日本 福岡県
死没 1943年7月12日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1914年 - 1943年
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

伊崎 俊二(いざき しゅんじ、1892年明治25年)2月5日 - 1943年昭和18年)7月12日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

福岡県出身。1914年大正3年)12月、海軍兵学校42期)を卒業し、1915年(大正4年)12月、海軍少尉に任官。海軍水雷学校高等科で学ぶ。「」乗組、「峯風」「夕張」「川内」の各水雷長兼分隊長などを経て、1926年(大正15年)11月、「駆逐艦長に就任し翌月、海軍少佐に昇進。

1927年(昭和2年)12月、「」駆逐艦長に着任、「」「朝凪」の各駆逐艦長を歴任し、1931年(昭和6年)12月、海軍中佐に進級。兼「夕凪」駆逐艦長、馬公要港部参謀澎湖島要塞参謀・基隆要塞参謀、「敷波」駆逐艦長、第21水雷戦隊司令横須賀鎮守府付、第9駆逐隊司令などを歴任し、1936年(昭和11年)12月、海軍大佐に昇進した。

1937年(昭和12年)12月、第7駆逐隊司令に転出。「川内」艦長を経て、1939年(昭和14年)11月から1941年(昭和16年)1月まで「最上」艦長を務め、この間「神通」艦長・「摂津」特務艦長を兼務した。その後、横須賀鎮守府付、呉鎮守府付を経て、1941年(昭和16年)4月、「摩耶」艦長に就任。呉鎮守府付を経て、同年11月、呉港務部長に就任し太平洋戦争を迎えた。

1942年(昭和17年)11月、海軍少将に進級。1943年(昭和18年)1月、第二水雷戦隊司令官に就任。同年7月、コロンバンガラ島沖海戦において旗艦「神通」が戦没し運命を共にした。死後、海軍中将に進級。

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。