惠隆之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記石井“隆”一.PNGと異なる可能性があります。
惠 隆之介(めぐみ りゅうのすけ)
生誕 1954年
沖縄県
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1978 - 1982
最終階級 2等海尉
除隊後 作家
ジャーナリスト
拓殖大学日本文化研究所客員教授
八重山日報論説委員長
「沖縄と尖閣を守る会」代表
テンプレートを表示

惠 隆之介(めぐみ りゅうのすけ、1954年 - )は、日本作家評論家ジャーナリスト、元海上自衛官。シンクタンク「沖縄と尖閣を守る会」代表。苗字は新字体による「」という表記が使用されることもある。

来歴[編集]

沖縄県コザ市(現在の沖縄市)出身。1978年防衛大学校管理学専攻コースを卒業し(第22期)、海上自衛隊に入隊、海上自衛隊幹部候補生学校、世界一周遠洋航海を経て護衛艦隊に勤務した。1982年に二等海尉で退官し琉球銀行に勤めた。海上自衛隊勤務の経験を生かした活動を展開しているほか、米軍基地就職学校(無認可)グロリア・ビジネススクール校長、拓殖大学日本文化研究所客員教授沖縄国際大学非常勤講師(退任)を務めている。2012年から翌年には、八重山日報論説委員長を務めた。

人物・主張[編集]

  • 第二次世界大戦において沖縄県人は日本国民としての意識が高く、進んで軍と協力して戦ったと主張している[1]。また、日本軍は命がけで沖縄県民を守ったと主張している[2]
  • 沖縄戦における集団自決については、集団自決が現地日本軍の命令で行われたとする見方を否定している[3]
  • 沖縄には被害者史観による呪縛がある、日本政府は1972年の復帰時から2000年まで沖縄に10兆4018億円も投じているのに県民に改善の意欲が見られないと述べている[4]
  • 旧日本軍の美徳は報道されず、歪められた内容が知れ渡っていると述べている[5]
  • 2002年4月22日衆議院憲法調査会が行った意見聴取で憲法9条改正を主張している[6]
  • 防衛白書には『在日米軍施設(専用施設)の74%が沖縄に置かれている』と記述されるが、「専用施設には、岩国三沢横須賀など自衛隊との共同使用施設が一切含まれていない。」とテレビ、雑誌、講演、公式ホームページなどで繰り返し述べている[7]。しかし、防衛白書のいう「専用施設」は、岩国、三沢、横須賀など自衛隊との共同使用施設を含んでいる[注 1]
  • 2012年10月16日に沖縄で起きた米海軍の兵士2人による集団女性暴行致傷事件の被害者について、「深い闇の部分がある。被害女性は、中国の工作員で、ワーッと騒いで反米運動を起こしたら、告訴はしない。告訴したら真相がバレるから。」と発言した[8]。しかし、この事件は親告罪ではないうえ、11月6日に、告訴を受けた那覇地検が集団強姦致傷罪等で起訴し、翌年3月には、那覇地裁でそれぞれ懲役10年と懲役9年の実刑判決が確定している[9]
  • 2014年11月の沖縄県知事選挙期間中に「沖縄を中国に渡すな! 日本の運命を決する重大選挙の真相」と題して、翁長雄志知事(当時は候補)は中国と共に沖縄を分離させる狙いをもっている。娘は北京大学に留学後、中国政府機関で働く中国共産党太子党幹部の子息と結婚していると発言した[10]。しかし、翁長雄志はTBSラジオ等で、娘は埼玉の大学にいて、留学も結婚もしていないと否定している[11]
  • 公式ブログで毎年4月7日に、「沖縄特攻した戦艦大和には、歯ブラシ50万人分や生理帯(メンスバンド)15万人分などの沖縄県民救援物資を積んでいた」と繰り返し述べており、2014年には「命令権者は先帝陛下だったと思う」とも記した[12]。しかし、救援物資を積み込んだとする呉軍港を出港した時点での回航先は佐世保であり、沖縄へ向かう予定はなかった[13]。沖縄特攻が発令されたのは呉を出港した8日後のことである[14]

番組出演[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語の語感としては奇異に感じるが、防衛白書は、そのように定義する。以下の防衛白書の統計資料を計算して確認できる。また、各資料にある注の文理解釈からも導き出される。 在日米軍施設・区域(専用施設)面積在日米軍施設・区域別一覧在日米軍施設・区域(専用施設)都道府県別面積。これら防衛白書の統計数値を計算して確認するのが正確であるが、簡単に確認する方法がある。都道府県別面積によれば山口県には7,914 千㎡の広大な「専用施設」があるが、これに岩国基地を含んでいることは明白である。山口県に在日米軍施設は、岩国基地と祖生通信所しかないからである。同様に三沢基地のある青森県なども簡単に確認できる。

出典[編集]

  1. ^ 著書『天皇の艦長』[要ページ番号]、及び『誰も書かなかった沖縄』[要ページ番号]
  2. ^ 新しい歴史教科書をつくる会 「虚構の『軍命令・強制説』の復活を許さない国民決起集会」(2007年11月13日)における証言
  3. ^ つくる会「沖縄問題」緊急シンポ 600名が東京・杉並公会堂に集う 大江裁判の第一審不当判決を厳しく批判!”. 新しい歴史教科書をつくる会 (2008年3月31日). 2013年4月10日閲覧。
  4. ^ 著書『誰も書かなかった沖縄』[要ページ番号]
  5. ^ 著書『敵兵を救助せよ!』[要ページ番号]
  6. ^ 2002年4月22日、衆議院憲法調査会が行った意見聴取における陳述
  7. ^ 惠隆之介アソシエイト内ブログ平成27年5月15日など
  8. ^ チャンネル桜 【討論!】中国の「日本直接・間接侵略」の実態 2012/11/03
  9. ^ 日本経済新聞 2013年3月1日付、 時事通信 2013年3月1日「2米兵に懲役10年、9年=集団強姦致傷事件」
  10. ^ 11月16日 沖縄を 中国に渡すな! 日本の運命を決する重大選挙の真相(惠隆之介氏)ザ・リアルインサイト2014年11月号
  11. ^ TBSラジオ「翁長雄志さんインタビュー」(2014年11月16日)週刊ポスト2015年4月24日号
  12. ^ 惠隆之介アソシエイト内ブログ(平成26年4月7日付ほか)
  13. ^ 防衛省防衛研究所 「第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)」P64、「第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)」P4、吉田満,原勝洋編 『ドキュメント戦艦大和』 P17
  14. ^ 防衛省防衛研究所 「第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)」P77

外部リンク[編集]