伊号第十六潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伊号第一六潜水艦から転送)
移動先: 案内検索
IJN submarine I-16 in 1940.JPG
艦歴
計画 第三次海軍軍備補充計画(マル3計画
起工 1937年9月15日
三菱重工業神戸造船所
進水 1938年7月8日
就役 1940年3月30日
呉海軍工廠で施工)
その後 1944年5月19日戦没
除籍 1944年10月10日
性能諸元
排水量 基準:2,184トン 常備:2,554トン
水中:3,561トン
全長 109.3m
全幅 9.10m
吃水 5.34m
機関 艦本式2号10型ディーゼル2基2軸
水上:14,000馬力
水中:2,000馬力
速力 水上:23.6kt
水中:8.0kt
航続距離 水上:16ktで14,000海里
水中:3ktで60海里
燃料 重油
乗員 95名[1]
兵装 40口径14cm単装砲1門
25mm機銃連装1基2挺
53cm魚雷発射管 艦首8門
九五式魚雷20本
22号電探1基
航空機 なし
備考 安全潜航深度:100m

伊号第十六潜水艦(いごうだいじゅうろくせんすいかん、旧字体:伊號第十六潜水艦)は、大日本帝国海軍伊十六型潜水艦の一番艦。

艦歴[編集]

第三次海軍軍備充実計画((3)計画、昭和12年(1937年))で建造が計画され、1937年9月15日に起工。1938年6月1日、艦型名が伊十六型に改正[2]1940年3月30日に竣工した。

太平洋戦争勃発時には第6艦隊に所属し真珠湾攻撃に参加、ハワイ沖まで甲標的を輸送した。マダガスカル島ガダルカナル島でも特殊潜航艇による攻撃を行うなど、特殊潜航艇の母艦として活躍した。通商破壊により4隻の商船を撃沈、1隻を大破させる戦果を挙げるも、大戦末期の1944年5月19日にアメリカ海軍バックレイ級護衛駆逐艦イングランド英語版」の攻撃を受け戦没。同年10月10日、戦没認定され除籍。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』416-417頁による。

艤装員長[編集]

  • 小林一 中佐:1939年4月24日 - 9月20日

艦長[編集]

  • 小林一 中佐:1939年9月20日 - 1941年7月31日[3]
  • 山田薫 中佐:1941年7月31日 -
  • 中村省三 少佐:1942年12月18日 -
  • 竹内義高 少佐:1944年2月15日 - 1944年5月19日戦死

脚注[編集]

  1. ^ 乗員数は『写真 日本の軍艦 第12巻 潜水艦』より。
  2. ^ 昭和13年6月1日付、内令第421号。
  3. ^ 海軍辞令公報(部内限)第681号 昭和16年7月31日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081600 

参考文献[編集]