ショートランド島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 南緯7度3分 東経155度45分 / 南緯7.050度 東経155.750度 / -7.050; 155.750

ショートランド島
Shortland Island NASA.jpg
Solomon Islands - Shortland.PNG
衛星写真と、ソロモン諸島中の位置。左上(北西)隣の大きな島はパプアニューギニアブーゲンヴィル島
所在地 ソロモン諸島の旗 ソロモン諸島
所在海域 ソロモン海
所属諸島 ショートランド諸島
面積 231 km²
最高標高 237 m
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

ショートランド島 (Shortland Island) は、ソロモン諸島北西部の島で、ショートランド諸島最大の島である。

名はイギリス海軍ジョン・ショートランド同名の探検家の父、1739–1803)にちなむ。アル島 (Alu) とも呼ばれる。

人口は2000人 (1976)。

神話[編集]

ブイン島 (Buin Island) の神話では、かつてブイン島には火がなかったが、アル島にはあった。火の熾し方を知るために、小鳥がブイン島からアル島にわたり、人々が2本の木をこすり合わせて火を熾しているのを見て、そのやりかたをブイン島に伝えた[1]

出典[編集]

  1. ^ J・G・フレーザー青江舜二郎 訳)『火の起原の神話』「第五章 メラネシア」角川文庫 1971(原書: Myths of the Origin of Fire, 1930)