零式観測機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
零式水上観測機から転送)
移動: 案内検索

三菱 F1M 零式観測機

佐世保航空隊の零式観測機

佐世保航空隊の零式観測機

零式観測機(れいしきかんそくき)は、太平洋戦争中に運用された大日本帝国海軍(日本海軍)の水上観測機偵察機略符号F1M1~M2、略称は零観ゼロカン)、または「観測機」[2]連合国コードネームPeter。また、零式水上観測機と通称されることもある。

開発経緯[編集]

日本海軍は1935年昭和10年)に短距離偵察と弾着観測を主任務とし、高い空戦能力を持つ複座水上偵察機の試作を十試水上観測機の名称で愛知航空機三菱重工業に指示した。これは、従来の水上偵察機に水上戦闘機的な性格を持たせ、敵の同種機の妨害を排除しつつ任務遂行できる機体を目指していた。

三菱ではこれまでほとんど水上機の経験がなかったのであるが[3]、ベテラン設計者である設計課長服部譲次の指導のもと[3]、佐野栄太郎が設計主務となる。佐野は幸い神戸三菱造船所への勤務経験があり[4]、適切に設計を行う事ができた。

三菱が試作した機体は、速度は犠牲とし、空戦能力と上昇力を重視してあえて複葉機とした[5]。胴体は全金属製のセミ・モノコック構造で、細身の楕円状の主翼を有していた。フロートや主翼間の張り線[* 1]や支柱は極力省き、尾翼も片持ち式とし、空力的に考慮された設計となっていた[7]

1936年(昭和11年)6月に試作1号機が完成し、愛知機との比較審査が行われたが、速度や運動性能は要求どおりだったものの、飛行中不意に自転する傾向があることが指摘された。この解決のために三菱では、主翼の形状を大幅に改め、直線整形のものにした他、垂直尾翼も20種類以上の形状を試用し増面積するなどの必死の改修を行った[8]。また当初のエンジン中島飛行機製「」(単列・出力約700hp)であったが、この改修中に三菱製の新型エンジン「瑞星」(複列・出力約800hp)が完成したため2号機ではこれに換装したところ、速度面等が大幅に改善し、最高速度370km/h、5000mまでの上昇力9分と高性能を発揮した[9]。だが初期試験で落第した川西機(単葉)はともかく競争相手の愛知機も格闘戦に優れた優秀機で慎重な比較検討がなされたが、本機の方が格闘性能が優秀であることと、愛知機の主翼外板が合板製であり温度・湿度に対する脆弱さがある点が問題となり[1]、1940年(昭和15年)12月、「零式一号観測機一型」として兵器採用された[10]

運用・評価[編集]

太平洋戦争では、本来の任務である戦艦の着弾観測に活躍する余地がなかったため、ほぼ水上偵察機として使用されていた[11]

しかし本機は複葉機ながら補助翼の一部を除き全金属製の近代的な機体で、無類の安定性と高い格闘性能を持っており、二式水上戦闘機よりも軽快だったという。特設水上機母艦神川丸[12]国川丸にも配備され[13]アリューシャン方面やソロモン方面ショートランドなどに展開[13]。船団護衛、対潜哨戒、敵施設の爆撃[14]、さらにはその卓越した空戦性能を生かしての離島の基地における防空など、時として二式水上戦闘機と肩を並べ、様々な任務で幅広く活躍した。その他バリクパパン方面やアンボン方面にも進出している[15]

太平洋戦争の中期までは戦闘機の代わりとして米戦闘機や爆撃機と空中戦を行うこともしばしばあり、複葉複座の水上観測機ながら敢闘、零戦隊と協力してのP-38の撃墜報告[16]や、P-39F4Fの撃墜報告[17]などを見せる。駆逐艦によるガダルカナル島への強行輸送作戦「鼠輸送」従事中、たびたび零式観測機の援護を受けた田中頼三第二水雷戦隊司令官は、零観隊の掩護に感謝の言葉を述べている[18]

速度性能と武装で決定的に不利となった1945年(昭和20年)2月16日ですら、アメリカ本土空襲で有名な藤田信雄少尉が操縦する鹿島空の零式観測機が本土に来襲したグラマンF6Fを迎撃し、格闘性能を活かして1機を未確認撃墜(藤田は機首7.7ミリ機銃の射撃によるエンジン発火状態での撃破確認であるが、近隣の香取空がF6Fの地上墜落を確認している)するという戦果を上げた(ただし、藤田と共に同時に迎撃した5機の零式観測機のうち2機は出撃直後に機銃故障で避退、残りの3機のうち2機は撃墜され、、2機の二式水上戦闘機は1機が撃墜されている)[19]

1943年(昭和18年)以降は、船団護衛や対潜哨戒が主務となり第一線からは退いたが終戦まで活動を続け、一部の機体は特攻機として沖縄戦で使用された。また、複操縦装置を搭載した練習機型が零式練習用観測機 (F1M2-K) として生産されている。生産は三菱の他佐世保工廠でも行われ、総数は約708機(三菱528機(試作機4機含む)、佐世保約180機)である。生産数については1,118機、1,005機[1]等の説もある。

エピソード[編集]

  • 佐野技師によれば、この機体より以前、海軍の機銃発射把柄は操縦桿に装備されていたとのことである。しかしこれでは、肝心の機銃発射の時に操縦桿が微妙に動いてしまい、自然機体の姿勢も変わり、命中精度が落ちる欠点が有った。パイロットである間瀬平一郎の指摘により、発射装置をスロットルレバーに移動したところ、非常に良好な結果が得られ、海軍では終戦までこの形態が標準となったとのことである[20]
  • 佐野技師によれば、本機の格闘性能は良好で、採用前のテストでは九六式艦上戦闘機とほぼ互角の戦いを見せたという[21]。ただし1942年はじめ頃に錬成航空隊で訓練を行ったパイロットの証言によれば、いかに機動性が良いとは言えさすがに九六式艦戦にはかなわなかったようだ[2]

スペック(生産型)[編集]

※使用単位についてはWikipedia:ウィキプロジェクト 航空/物理単位を参照


注釈[編集]

  1. ^ 海軍では通常2本が標準であったものを、敢えて1本とした。当初海軍側には不評であったが、最終的には三菱が押しきったかたちである[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 佐野 2002, p. 153.
  2. ^ a b 渡辺 2000, p. 178.
  3. ^ a b 佐野 2002, p. 135.
  4. ^ 佐野 2002, p. 138.
  5. ^ 佐野 2002, p. 136.
  6. ^ 佐野 2002, pp. 137, 145.
  7. ^ 佐野 2002, pp. 136-139.
  8. ^ 佐野 2002, p. 149.
  9. ^ 佐野 2002, p. 150.
  10. ^ 昭和16年1月27日付 海軍内令兵 第6号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C12070223000 で閲覧可能。
  11. ^ 渡辺 2000, p. 174.
  12. ^ 渡辺 2000, p. 180.
  13. ^ a b 渡辺 2000, p. 154.
  14. ^ 渡辺 2000, p. 186.
  15. ^ 渡辺 2000, pp. 198-202.
  16. ^ 渡辺 2000, p. 181.
  17. ^ 渡辺 2000, pp. 188, 191.
  18. ^ #昭和17年12月外南洋部隊詳報(4)p.17『12.第十一航戦ガ極メテ積極的ニ當部隊ニ協力セラレ其ノ直衛隊ガ性能劣弱ナル小数観測機ヲ以テ敵優秀機ノ大群ニ襲ヒ掛リ決死奮闘セルハ當部隊乗員ノ敬服嘆仰セル所ナリ』
  19. ^ 潮書房刊 月刊「」通巻514号 「アメリカ本土《爆撃作戦》始末記」雑誌コード8307-5
  20. ^ 佐野 2002, pp. 140-41.
  21. ^ 佐野 2002, p. 152.
  22. ^ a b c d e f 佐野 2002, p. 143.

参考文献[編集]

  • 今井仁編・兼発行者『日本軍用機の全貌』酣燈社、1953年、147-149頁。
  • 荻原四郎編・兼発行者『日本軍用機三面図集』鳳文書林、1962年、87頁。
  • 佐野, 栄太郎 (2002), “名機零観が産まれるまで”, 軍用機開発物語 設計者が語る秘められたプロセス, 光人者NF文庫, 光人社, ISBN 4-7698-2334-7  - 設計主任による手記。初出は雑誌「丸」 1960年12月号に掲載された手記であるが本文中での書誌情報はより入手が容易なこの文庫のものを使用している。
  • 渡辺, 洋二 (2000), “過負担空域に苦闘す”, 異端の空 太平洋戦争日本軍用機秘録, 光人者NF文庫, 光人社, ISBN 4-16-724909-X  - 初出は酣燈社『航空情報』 1985年10月号

関連項目[編集]

  • 十試水上観測機(愛知)- 本機と競作した愛知航空機製の水上観測機。
  • 偵察機・哨戒機の一覧
  • 海上自衛隊館山航空基地 - 基地の近傍に、零式観測機を海面に降ろしたり引き揚げたりするために作られた斜面(スベリ)がある。現在は民間の造船所として使用されている。戦後は零式観測機のフロートが廃棄されていて、近所の子供がカヌーとして遊んでいたという。
  • 甲木清実 - 零式観測機による最多撃墜記録保持者[要出典]

外部リンク[編集]