愛知機械工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日産自動車 > 愛知機械工業
愛知機械工業株式会社
Aichi Machine Industry Co., Ltd.
Aichi Kikai Main Office 20140517-01.JPG
本社(2014年5月)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7263
2012年3月16日上場廃止
名証1部 7263
2012年3月16日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
456-8601
愛知県名古屋市熱田区川並町2番12号
北緯35度8分0.4秒
東経136度53分44.9秒
座標: 北緯35度8分0.4秒 東経136度53分44.9秒
愛知機械工業の位置(名古屋市内)
愛知機械工業
設立 1949年5月23日
業種 輸送用機器
事業内容 1.自動車、各種発動機及び変速機並びに関連資材の開発、製造、販売、修理
代表者 代表取締役社長 酒井寿治
資本金 85億18百万円
(2012年3月31日現在)
売上高 単体1091億円、連結1110億円
(2011年3月期)
総資産 単体908億円、連結935億円
(2011年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日産自動車 100%
外部リンク 公式ウェブサイト(日本語)
テンプレートを表示

愛知機械工業株式会社(あいちきかいこうぎょう)は、名古屋市熱田区に本社を置くエンジンマニュアルトランスミッションなど自動車部品・産業用部品を中心としたメーカー。日産自動車の機能子会社。プラントコードは「4」。

終戦直後から1960年代まではオート三輪ヂャイアント」を、1960年代には「コニー」(#かつての車種を参照)などの軽自動車を製造・販売していた。

沿革[ソースを編集]

愛知時計製造株式会社(現在の愛知時計電機)から航空機部門が分離した愛知航空機株式会社を前身とする。昭和20年(1945年)8月の終戦により民需転換。

完成車メーカー時代[ソースを編集]

  • 1946年以降
    • 「ヂャイアント」や「コニー」の商品名でオート三輪及び軽商用車メーカーとして知られる。
    • オート三輪には、水冷エンジンや丸ハンドルや全天候型キャビンを自動車業界内で、いち早く採用した。
    • 軽商用車は、ミッドシップ(当時はアンダーフロアと呼んだ)レイアウトを採用する等、先進的な設計で知られた。
  • 1961年以降
    • 全日本自動車ショウに試作軽乗用車「コニー・360コーチ」を出品する。
    • 乗用車市場への進出を試みて、超小型車「コニー・グッピー」を発売するが、販売が予想を大きく下回り業績には結びつかなかった。
    • 1962年9月決算では、1.4億円の営業赤字を計上した為、無配転落(復配は1975年3月期)に陥る。
    • メインバンクの日本興業銀行(当時)の仲介を伴って日産自動車と1962年11月に技術提携を締結する。
    • 1965年3月には、日産自動車と本格的な業務提携に入り、2代目社長であった五明得一郎相談役に退いた。
    • 日産自動車の購買担当常務であった堀庫治郎が社長就任し、日産の持株比率は、1966年9月末には15%となり、筆頭株主となった。

※日産自動車としては、当初から軽自動車メーカーの一社ではなく車両やエンジンの生産委託先及び協力メーカーの一社として愛知機械工業を活用する方針であり、日産出身社長としては初代の堀庫治郎も、日産の横浜第一工場長から愛知機械入りした後任の小畠三郎も生産技術者であった。そして日産の指導の下、原価管理などのノウハウが導入され、以前はプリンス自動車同様に総評系であった労働組合も「民主化」の結果、当時の日産自動車社長の川又克二と親密な関係にあった塩路一郎が率いる自動車労連の傘下に入るなど「日産化」が急速に進行した。

  • 1965年以降
    • 1965年発売のコニー・360ワイド以降の自動車生産については、新型車の開発が殆ど無くなった。
    • 同業他社の本田技研工業スズキダイハツ工業等を中心とした熾烈な新型車開発競争や販売合戦からは完全に脱落してしまう。
    • 経営側は、「利益確保優先」と称して積極的な販売促進策も講じなかった事が災いし、結果的に「再建の足かせ」と迄評されるようになった。
    • 1970年10月には自社ブランドでの自動車生産の撤退を余儀なくされ、特別損失40億6800万円を計上した為、堀社長が引責辞任した。

※愛知機械工業の販売系列であった「日産・コニー店」は、1970年10月に自社ブランドでの自動車生産から撤退と同時に、日産自動車が生産販売する新規車種のチェリーの発売に合わせて、それまでの「日産・コニー店」の社名であった「日産コニー○○販売」から「日産チェリー○○販売」に社名変更されて「日産・チェリー店」に販売系列が変更された。

自動車生産の撤退後[ソースを編集]

沿革[ソースを編集]

  • 1943年2月 - 愛知時計製造株式会社(現在の愛知時計電機)から航空機部門が分離し、愛知航空機株式会社を設立。
  • 1946年3月 - 愛知起業株式会社に社名を変更。
  • 1946年12月オート三輪「ヂャイアント」製造販売権を帝国精機産業株式会社より譲り受ける。
  • 1947年4月 - ヂャイアントAA1型生産開始。
  • 1947年10月 現在の社章が正式に制定。
  • 1949年5月 - 愛知起業株式会社解散。第2会社が事業を引き継ぎ、新愛知起業株式会社を設立。
  • 1952年12月 - 現在の社名に変更。
  • 1959年3月 - 自社ブランド軽自動車「コニー」製造・販売開始。初代AA27型は軽三輪車。
  • 1960年9月 - 「ヂャイアント」の製造・販売を終了。
  • 1961年5月 - 「コニーグッピー」を製造・販売開始。しかし、わずか1年足らずで生産終了。
  • 1962年11月 - 日産自動車と提携開始。
  • 1970年2月 - B20型サニートラックを皮切りに日産車の生産を開始。
  • 1970年10月 - 「コニー」の製造を終了(1971年1月までに販売終了)。
  • 2012年3月 - 日産自動車の完全子会社となる。

生産品目[ソースを編集]

エンジン[ソースを編集]

トランスミッション[ソースを編集]

  • FS6R31 - シンクロレブコントロール付き。日産・フェアレディZ Z34に搭載。
  • F30A/F70A/F50A/F51A/F52A
  • MFA60/MFA80
  • W60A
  • R30A/R31A
  • MRA70
  • GR6

生産設備[ソースを編集]

  • 無人搬送車「CarryBee」
  • 多機能モータセンサ

その他[ソースを編集]

事業所[ソースを編集]

  • 本社 - 名古屋市熱田区
  • 熱田工場 - 名古屋市熱田区
    • エンジンの生産
  • 永徳工場 - 名古屋市港区
    • マニュアルトランスミッション、CVT加工組立
  • 松阪工場 - 三重県松阪市
    • シリンダーブロック、シリンダーヘッド、トランスミッションケース等の鋳造製品
  • 津工場 - 津市
    • シリンダーヘッド加工
  • 大江工場 - 名古屋市港区 - 旧・日本車輌製造株式会社大江工場の敷地に建てられた。
    • 専用工作機械など

かつての事業所[ソースを編集]

  • 港工場‐名古屋市港区‐1981年4月1日新設~2001年3月31日閉鎖
    • 車両の生産
      • 石川島播磨重工業名古屋工場の一部を同社より譲り受け、既存の工場建屋を生かす形で1981年5月から一部稼働するはずだったが当時の不況のあおりを受けて操業を延期。1983年5月から1年限定でダットサントラックの生産を始め、1984年3月に本格稼働開始。主にサニートラック、バネット、ラルゴ、セレナを生産。
      • 現在はユー・エス・エスの自動車オークション会場(USS-R名古屋)と株式会社アビヅの自動車リサイクル工場になっている。

ブランド[ソースを編集]

過去の生産車種[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

参考文献[ソースを編集]

  • 『愛知機械工業50年史』 愛知機械工業。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]