日産自動車栃木工場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日産自動車栃木工場空撮

日産自動車栃木工場(にっさんじどうしゃとちぎこうじょう)は日産自動車の主力生産工場のひとつであり、主としてインフィニティ ブランドを含めた高価格帯車両を製造しているほか、鋳造部品やアクスル関連も製造している。所在地は栃木県河内郡上三川町上蒲生2500。プラントコードは「M」。

概要[編集]

1968年アルミホイールスチールの鋳造をスタートさせ、翌1969年にはアクスルの機械加工・組立を、そして1971年の組立工場の完成に伴い、車両の最終組立までを行う一貫生産体制を確立した。また、1999年10月に発表され、翌年4月から実施された日産リバイバルプランの影響で一時期、様々な車種が混同製造された。また、2001年3月の村山工場の閉鎖に伴い、それまで同工場で生産されていたスカイラインローレルの生産が栃木工場に移管され、現在ではその流れを汲んでFR車ないしはFRベースの4WD車が生産されている。

敷地面積はテストコースを擁する関係で2,922,000m2と日産自動車の国内工場としては最大の面積を有しており、従業員も日産自動車の工場で最多の約5,000名が働く(2014年4月1日現在)。生産能力は年間約25万台。
尚、工場は内陸部に立地するため、遠隔地ならびに海外向けの車両についてはキャリアカー追浜工場まで運ばれ、同工場の専用埠頭から輸出される。また、2010年からは、北関東自動車道水戸方面の開通に伴い、茨城県茨城港日立港区も輸出港として使用されている。

沿革[編集]

現在の生産車種[編集]

シーマ
GT-R


過去の生産車種[編集]

その他[編集]

  • 工場見学は社会科見学・一般見学を問わず見学希望日の3ヶ月前から受け付けていて、平日(月曜日~金曜日。但しゴールデンウィークなどの休暇日を除く)に限り可能である。内容的には工場見学のほか、ロビー見学やビデオ上映まで含まれている。
  • 全長6.5kmの高速耐久テストコースのほか、高速散水路や石畳などのさまざまな環境・条件を想定した各種テストコースを保有している。
  • CO2排出量の低減や資源の有効活用(リサイクル)に積極的である傍ら、地域とのふれあいを大切にした手作りの祭りである「しらさぎ祭り」や、工場内のテストコースを走れる「NISSANしらさぎマラソン」を開催し、お神輿まつりなどのイベントを通して、工場や工員と地域に暮らす一般の住民との交流を図っている。また、当工場で生産し「栃木県産品」であるという縁から、フェアレディZバージョンニスモのパトロールカー(Z33型)を栃木県警察高速隊に寄贈した。
  • 栃木リンチ殺人事件の準主犯と被害者はともにこの工場の社員であった。栃木リンチ殺人事件の際には、被害者と遺族に対する対応が不適切であると非難の声が上がった(詳細は栃木リンチ殺人事件を参照)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日産栃木工場のご案内