大杉守一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大杉 守一
Morikazu Ohsugi.jpg
第三戦隊先任参謀時代
生誕 1892年(明治25年)3月11日
日本の旗 日本 静岡県
死没 1948年(昭和23年)8月28日
 インドネシア マカッサル
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1913年12月19日 - 1946年12月10日
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

大杉 守一(おおすぎ もりかず、1892年(明治25年)3月11日 - 1948年(昭和23年)8月28日)は、日本の海軍軍人1944年1月26日第二十三特別根拠地隊司令官に任命され、インドネシアマカッサルに着任。終戦後、死刑判決。1948年8月28日刑死。海軍兵学校41期海軍大学校25期卒。最終階級は海軍中将

年譜[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 『日本海軍史第九巻』にはこの履歴はない。
  2. ^ 『日本海軍史第九巻』では1940年1月1日付
  3. ^ 『日本海軍史第九巻』にはこの履歴はない。なお開戦時の「金剛」艦長は小柳冨次である(『日本海軍史第九巻』「小柳富次)、小柳冨次『栗田艦隊』光人社NF文庫)。
出典
  1. ^ 実松譲『海軍大学教育』(光人社NF文庫)375頁
  2. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』175頁
  3. ^ 池田清『重巡摩耶』(学研M文庫)80頁
  4. ^ 『艦長たちの軍艦史』112頁

参考文献[編集]

  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史第九巻』第一法規出版
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社

関連項目[編集]