アレクサンダー・ヴァンデグリフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレクサンダー・ヴァンデグリフト
AAVandegrift.jpg
外国語 Alexander Archer Vandegrift
生誕 1887年3月13日
バージニア州 シャーロッツビル
死没 1973年5月8日(満86歳没)
メリーランド州 ベセスダ
所属組織 USMC logo.svgアメリカ海兵隊
軍歴 1909 - 1949
最終階級 US-O10 insignia.svg 海兵隊大将
テンプレートを表示

アレクサンダー・アーチャー・ヴァンデグリフトAlexander Archer Vandegrift1887年3月13日 - 1973年5月8日)は、アメリカ合衆国軍人海兵隊大将

彼はガダルカナルの戦いにおいて第1海兵師団を指揮し、その功績で名誉勲章を受章した。現場アメリカ軍責任者として、癖の強い人物が多かったこの時期のアメリカ海軍におけるハルゼー提督アーレイ・バーク作戦部長などの間で、強い存在感を放った。現在のアメリカ海兵隊(強襲揚陸艦や第二海軍としての大戦力を保有する組織)と異なり、当時はヘリコプターカ号観測機日本陸軍で試験段階)すら米軍では実用段階に至っておらず、使用した艦艇は艦載機はないコンボイ戦車揚陸艦のみの戦力で、小規模部隊で日本軍工兵部隊が完成させた直後のヘンダーソン飛行場及び周辺施設奪取を成功させ、アメリカ側から見た大局を逆転し大いに名を挙げた。ヴァンデグリフト隷下の部隊による飛行場奪取から約5ヶ月間、戦略上大きな身を持つ同島ヘンダーソン飛行場を巡って、一木支隊など再奪還を目指す日本軍精鋭部隊とアメリカ海兵隊の間で歴史に残る陸上戦が続けられた。1942年12月、彼は日本軍の攻勢を凌いだと判断し、後続の部隊と交替し、豪州メルボルンで休養した後に、ブーゲンビル島上陸作戦に関わった後に、太平洋前線を離れ帰国した。海兵隊自体の知名度が低かった本国出発時とは打って変って、一気に有名になった海兵隊英雄として、首都ワシントンに凱旋した。その後アメリカ海兵隊総司令官に任命された。

その後第18代海兵隊総司令官を務め、現役勤務中に大将に昇進した初の海兵隊将官であった。

容貌は身長172センチ。中肉中背で端正な顔立ちをしていた。髪の毛は少なく、青い目をしていた。力強い顎の先は二つに分かれていて、顎全体は両ほほの肉によって柔和されていた。言葉にヴァージニアなまりがあり「オヤジ」との渾名があった。現在のアメリカ5軍の内の一つであり、最も勇敢な部隊として知られる独立組織アメリカ海兵隊(United States Marine Corps、略称:USMC)の産みの親として知られる職業軍人で、史上初の強襲揚陸艦として艦艇(神州丸)を保有していた日本軍と繋がりの深い将軍として有名。ソロモン諸島の戦局転換は、やがては太平洋戦線の戦局全体に貢献した。その後「提督たちの反乱」を経てアメリカ陸軍省と海軍省を統合して戦後誕生する国防総省管轄「アメリカ海兵隊」で中心勢力となった。アメリカ合衆国海兵隊19世紀から存在したが、儀礼的な組織に留まり、ガダルカナルの戦いでの武勲で名を馳せるまでは、海軍への統合など組織自体の存廃も連邦議会において議論される部隊であった。後のアメリカ海軍所属になるが、「ヴァンデグリフト」との艦名を持つ艦艇が存在し、東西冷戦後期に活躍した(「USS Vandegrift, FFG-48」・オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート第38番艦,2015年退役)

生い立ち[編集]

ヴァンデグリフトは1887年3月13日にバージニア州シャーロッツヴィルに生まれる。彼の先祖はオランダ系移民で18世紀に移住した。祖父が南北戦争で活躍したことを子供のころから良く聞かされていて、彼はバージニア大学を3年で中退した後、ワシントンにあるスワベリー予備役に入り、やがて海兵隊の入隊試験に合格、1909年1月22日に海兵隊少尉として任官した。

バナナ戦争[編集]

バナナ戦争においては、アメリカ合衆国の勢力圏を中南米に確立するために働き、国益に合致する有意義な働きで昇進し、現在の強襲揚陸艦に繋がるアメリカ海兵隊独自保有の専属艦艇(コンボイ輸送船団)や兵員改革などで、ヴァンデグリフトは実務的な編成作業を行った。既に海軍陸戦隊を編成しており、この時期には史上初のウェルドック付き水上艦艇を保有していた日本軍の揚陸システムを参考にしたともいわれている。

1920 - 30年代[編集]

ワシントン体制による海軍休日時代には、アメリカ海兵隊の存廃すら国内で真剣に議論される有様であった為、ヴァンデグリフトら高級将校は、来るべきワシントン海軍軍縮条約解禁を待っていた。ヴァンデグリフトは1936年12月のワシントン条約失効後における他の常任理事国(国際連盟)の軍拡を見越して連邦議会で討議されていた両洋艦隊法成立に対して、海軍以外のアメリカ海兵隊向け予算獲得に尽力した。この時期のアメリカ海兵隊は、一応組織として独立してはいるものの、あくまでもアメリカ海軍の補助部隊程度の部隊として大半の国民に認識されており、アメリカ合衆国国内での知名度はかなり低い状態であった。当時第一次大戦以後列強から脱落し、敗戦国扱いであったドイツ海軍(ワイマール共和政時代)を除いた戦勝5か国の条約内容について、彼はアメリカ(米)、イギリス(英)、日本(日)、フランス(仏)、イタリア(伊)の戦艦・航空母艦(空母)等の保有比率が、アメリカにとって不利に働くと主張し、最終的に日本海軍が国際連盟常任理事国として、実りある他国からの譲歩を勝ち取ったロンドンでの予備交渉において、日本政府から交渉団代表として派遣されていた日本海軍山本五十六少将の外交述を評価している。その後の第二次世界大戦で対決すると思っていた訳ではなく、あくまでも良きライバルとして日英同盟の印象もあり、日米が切磋琢磨する友人として存在していた時代であった為、ヴァンデグリフトは友人であり、日露戦争凱旋観艦式に出席して感銘を受けたニミッツ提督と共に、対露感情の発露が原因で、遠く北欧フィンランドトルコで英雄視されていた東郷平八郎提督関連の記述を日記に残すなど、日本海軍の艦隊運用思想を、当時の欧米人としては深く理解している職業軍人であった。

第二次世界大戦[編集]

准将になっていたヴァンデグリフトは、アメリカが第二次世界大戦に参戦する直前の1941年11月に第一海兵師団に配属された。1942年3月には少将に昇進し、5月には初めて外征する第一海兵師団の師団長として南太平洋に向けて出航した。同年8月7日は、第一海兵師団を率いてソロモン諸島のガダルカナルに上陸した。これは大戦において日本に対する初めての大規模な地上からの反撃であった。1943年7月には第一海兵軍団の司令官となり、エンプレス・オーガスタ湾、ブーゲンビル島、ソロモン諸島北部(ニューブリテン島)などへの上陸作戦を指揮した。上陸が成功すると、海兵隊の総司令官となるためにワシントンに呼び戻された。

名誉勲章受章時の大統領感状[編集]

ガダルカナルの戦いでの功績による名誉勲章受章時における大統領感状の直訳は、次のようなものであった。

1942年8月7日から12月9日にかけて、ソロモン諸島の敵日本軍部隊に対する作戦において第1海兵師団の司令官としての義務の要求を越えて傑出し、そして英雄的な業績による。

天候、地形そして疫病と彼の任務を難しく冒険的な事業にする悪条件の中、彼の指揮する海、陸そして陸軍航空隊、海軍そして海兵隊を含むアメリカ軍部隊最初の上陸波と次の任務はヴァンデグリフト少将の指揮によって著しい成功を収めた。

彼の不屈、勇気そして機知に富んでいたことは、強く断固とし、そして経験豊富な敵に勝り、そして彼の部下を鼓舞する指揮の下にある部下の勇敢な闘争心により、彼らは空、陸そして海の攻撃に耐えることを可能にし、そして敵を混乱させ、破壊した。

この危険だが、極めて重要な作戦において、彼の生命の絶え間ない危険によって達成し、敵に対する我が方の部隊の更なる作戦とその首尾良い完了のために価値のある機知を確保することを可能とし、大きな名誉をヴァンデグリフト少将と彼の部隊そして合衆国海軍にもたらした。

フランクリン・D・ルーズベルト

海兵隊総司令官[編集]

批判[編集]

略歴[編集]

1927年 中国の内戦から米国民保護のため、上海に派遣

1933年 帰国。ヴァージニア州クアンチコにある海兵隊学校で上陸作戦のマニュアルの作成作業に参画

1935年 再び中国へ。北京在住の海兵連隊長(海兵大佐)に就く

1937年 海兵隊司令官トーマス・ホルコム海兵少将の参謀となる

1942年3月 第一海兵師団長に就く。同年8月7日、海兵隊1万1千名を伴ってガダルカナル島に上陸。それから5ヶ月間、同島を巡って日本軍との死闘が続けられた。同年12月、後続の部隊と交替し、同島を離れ、メルボルン

1943年11月 ブーゲンビル島上陸作戦後、ワシントンに帰る。そこで18代海兵隊総司令官に就任する。在任中の1945年には大将に昇進し、 彼以降海兵隊総司令官は大将の指定職となっている。

外部リンク[編集]


先代:
トーマス・ホルコム
アメリカ海兵隊総司令官
第18代:1943 - 1947
次代:
クリフトン・B・ケイツ