九一式徹甲弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大和ミュージアムに展示されている九一式徹甲弾
左より36cm、41cm、46cmの九一式徹甲弾 赤い砲弾は三式弾

九一式徹甲弾(きゅういちしきてっこうだん)は、大日本帝国海軍戦艦巡洋艦用に開発した徹甲弾である。

なお、関連性のある八八式徹甲弾および一式徹甲弾についても合わせて説明する(八八式の改良型が九一式、九一式の改良型が一式である)。

概要[編集]

九一式徹甲弾は、下記に述べる水中弾効果を重視した六号徹甲弾を改良したものである。

六号徹甲弾の風帽を延長し、弾尾の形状をすぼめることで、ボートテール型にした徹甲弾が大和型戦艦にも搭載された九一式徹甲弾である。1931年(昭和6年・皇紀2591年)に採用されたため、この呼び名がある。九一式徹甲弾は、六号徹甲弾よりも空気抵抗が少ない形状であったために、同じ仰角時での射程が3,000~4,000m延伸した。この砲弾は15.5センチ砲以上に採用された。

この砲弾には水中弾効果がある。そのためには中距離砲戦の適切な落角が必要[1]だが、太平洋戦争では、夜間の近距離砲戦または昼間の遠距離砲戦が多かったことも有り敵艦に水中弾が命中した例は少なかった。 信管は大遅動であり砲弾の外板貫通後に、敵船体内部を駆け巡り隔壁や設備等を破壊した後で炸裂する。反面、非装甲部分への命中弾が炸裂しないまま敵艦体外へ貫通することも有った。

さらに、弾体強度が不足しているため、命中時に砲弾が破砕されてしまうという欠陥があった。具体的には砲弾径の9割以上の厚みがある表面硬化装甲に対し、撃角25度以上で命中した場合に見られる欠点であった。こうしたことから、大和型戦艦ではこの原因である被帽の取り付け方法を是正している。

九一式徹甲弾の更新用として、1941年(昭和16年)に採用された一式徹甲弾では、上記の被帽取り付け方法の改善に加え、弾頭部への着色剤充填を行ったとされている。このほかに、一式徹甲弾では弾体強度を合わせて強化したという説もあるが、定かではない[2]

水中弾効果[編集]

水中弾効果とは、目標の手前に落下した砲弾が、水中である程度の距離を水平に直進し、艦船の水中防御部に命中することである。

日本海軍はワシントン海軍軍縮条約により破棄されることになった「ポスト・ジュットランド型」未成戦艦「土佐」を用いた射撃試験、同じく除籍となった戦艦「安芸」を標的とした射撃訓練を行った。「土佐」に対する射撃試験では40cm砲弾が舷側に命中、後部機関室内で炸裂し3,000トンの浸水被害を及ぼし、「安芸」を標的とした射撃訓練では「長門」「陸奥」の2隻による初弾発砲から17分という短時間で「安芸」が沈没した[3]。水中弾が予期しないほど大きな効果を持つことが判明する[4]

この結果、日本戦艦は改装時に水中弾防御を備えるとともに、水中弾道特性に優れた徹甲弾を開発する。開発に際しての実験では、水中にエナメル線を張ってオシログラフを使い砲弾の水中在速を求め、網的を使って水中弾道をトレースした。

通常の尖頭弾は水中では非常に大きな水の抵抗を受け、また横転するなど不規則な挙動を起こし、急激に速度を失い海底に沈む。また浅い落角の場合は跳弾となる。最適形状の砲弾なら水中を安定して進み、やや浮上気味に200口径(20センチ砲弾なら40m、40センチ砲弾なら80m)まで直進する。[5]

この新型徹甲弾は六号徹甲弾(後の八八式徹甲弾)と呼ばれ、頂部が平面な被帽の上に、鋭利な被帽頭を置き、その上に風帽を被せた構造であり、砲弾が水面に命中した際には、風帽と被帽頭が飛散して、水中を直進した砲弾が敵艦の水線下に命中するという構想で開発された。

水中弾効果を最大限に活用するため、六号徹甲弾には調停秒時の長い大遅動信管(0.4秒)が装備されていた。試験の結果、六号徹甲弾は水中弾効果を発揮できると認められ、1930年(昭和5年)に制式採用された。

1934年(昭和9年)頃には水中射表が作られ艦隊司令部に配布された[6]。水中弾の原理は、高速の砲弾が海中を進む際に、平らな弾頭部周辺から気泡が発生し、それが弾体を包み込み、水の抵抗を著しく下げ、弾道を安定させることに有る。

砲弾の落角は14度以上22度以下であること[7]が望ましい。それ以上の落角となる遠距離では水中弾の命中範囲は著しく小さくなる。距離2万mの中距離で戦艦の砲戦が起きた場合、九一式徹甲弾を使う方は命中率が1.6倍に向上する[8]。(注.巡洋艦の主砲の水中弾有効範囲は短いので1.2倍程度と計算される)


アメリカ海軍も1935年頃に実験で水中弾効果を確認し、これにより戦艦サウスダコタ級やアイオワ級は日本戦艦同様に水中弾防御を施している。 ノースカロライナ級以前の米戦艦に水中弾防御は無く、また英独仏伊の新型戦艦も水中弾に対する防御を持たなかった[9]


戦後、平頭弾は捕鯨砲の平頭銛に応用され利用された。また海上保安庁では不審船対策に水中弾効果のある03式平頭弾を採用している。

砲弾諸元[編集]

口径 全長 砲弾重量 炸薬重量 炸薬比率 射程
46cm 1,955mm 1,460kg 33.85kg 2.32%  42030m
41cm 1,738.5mm 1,020kg 14.888kg 1.46% 37900m
36cm 1,524.7mm 673.5kg 11.102kg 1.65% 35450m
20.3cm 906.2mm 125.85kg 3.100kg 2.46% 27400m
15.5cm 677.8mm 55.87kg 1.152kg 2.00% 27400m

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『艦砲射撃の歴史』P295-P296 黛治夫 原書房
  2. ^ 『日本の戦艦パーフェクトガイド』P184-185歴史群像シリーズ、大塚好古の記事より
  3. ^ 『艦砲射撃の歴史』P213 黛治夫 原書房
  4. ^ 『日本戦艦物語第Ⅱ巻』P188 福井静夫 光人社
  5. ^ 『海軍砲術史』第4節水中弾道 磯恵 P117
  6. ^ 『海軍砲術史』第4節水中弾道 磯恵 P117
  7. ^ 『艦砲射撃の歴史』P296 黛治夫 光人社
  8. ^ 『海戦砲戦史談』P254 黛治夫 光人社
  9. ^ 『世界の艦船』1999年8月号P151の記事